Amazonの某商品のレビューがサクラだらけ?その手口と見分け方

先日、AmazonでBluetoothのイヤホンを買おうとしていたところ、不思議なことに気づきました。

ちょっとこれ、不自然すぎやしませんかね?

Amazon 不自然なレビュー1

226レビューで、100%の星5つ

200以上のレビューがついていて、全員が星5つをつけています。

さらに、同じメーカーが出している別のBluetoothのイヤホンをみてみると・・・

Amazon 不自然なレビュー2

220レビューで、100%の星5つ

こちらも200以上のレビューで全員が星5つをつけています。

こりゃあ、何かありそうだね・・・。
スポンサーリンク

レビュー数2、そろいもそろってイヤホンをレビュー

さらにレビュアーの名前をクリックしてみました。

これまでのレビューをみてみると、こんな人ばかりでした。

Amazon レビュアー例

レビュー数2

レビュー数「2」。

こうしたみなさんは、そろいもそろって同じようなイヤホンのレビューをしています。

Amazon レビュアー例2

レビュー数2の人はイヤホンばかり

しかも、レビューの日付が近いものばかり。内容をみると、似たような文章や日本語があやしいものもちらほらと。

ここまでくると、やっぱり不自然だよね・・・。

「家電批評」でやらせレビュー特集

そこでみつけたのが家電批評の2月号です。

家電批評はAmazonの特集を多く行っている雑誌ですが、この号では「Amazonのやらせレビュー」について特集しています。

企業からの「やらせレビューの打診」は以前からあったとして、最近の異常な高評価のレビューについて、次のように指摘しています。

  • 主に、広告費の少ない企業が行っているのではないか
  • 最近はやらせの手口が巧妙化しているようだ
  • 「購入者のレビュー」にもカラクリがある可能性

といったことが、取材をもとに書かれています。

あくまで可能性が高いという話ではありますが、やはりこういった評価をみると、何かがあるのではと感じてしまいます。

当然のことながら、やらせのレビューは違反であることも書かれています。

購入者のレビューもあてにならなくなった

Amazonのレビューは、その商品を購入していなくても書けるシステムになっています。

購入した人のレビューには「Amazonで購入」と表示され、これまではそれがレビューを信用する目安といわれていました。

が、現在はこんなことが起こっているのだそう。

サクラレビューの手口
引用:「家電批評」2018年2月号

「家電批評」の2018年2月号に掲載されていた手口の1つなのですが、電子マネーをサクラに振り込み、それでAmazonで該当商品を購入してもらう。

これで「Amazonで購入済み」がつくというわけです。

サクラ&やらせレビューの見分け方

サクラレビューの多い商品は、次の点に注目するとわかりやすくなります。

  1. 尋常でない確率で星5つがついている
  2. レビュー数が1ケタのレビュアーがやたらと多い
  3. レビュアーの大半が似たような無名メーカーの商品しかレビューしていない
  4. 商品の発売日とレビュー日が異様に近い
  5. 本名でレビューしている人がやたらと多い
  6. 無名メーカーにも関わらず、異様にレビュー数が多い
  7. 日本語があやしいレビューが多い

レビュー数自体が多くない商品でも該当する点がある場合は、慎重に考える必要があります。

あくまで「可能性の話」ではあるが・・・

Amazonは、これまでもサクラややらせレビューに対して、様々な手を打ってきていますので、今回のようなケースも今後改善されてくるものと思います。

が、レビューというシステム上、どうしても規制できない部分があったり、手口が巧妙化してくると、非常に対策が難しい問題であることもわかります。

私も、買う直前まで気づかなかったのですが、ユーザー側がいかにレビューを見極めるかがとても重要な時代になってきた気がします。

今回の件はあくまで「可能性が高いように思える」という話ですが、Bluetoothのイヤホンのほかに、スマートウォッチでも同様の現象がみられました。

レビューをどうとらえるかは人それぞれですが、よい買い物をしたいものですね。

Amazon関連では、こんな記事もありますよ
先日、「Amazon Price Tracker」というアドオンを知ったのですが、これ、すごく便利ですね。 Amazonの商品ページに...
このところ、Amazonプライムビデオで「ゆるキャン△」をみるのがたのしみなゆずゆです。 Amazonのプライム会員になると様々な特典...
AmazonのFireタブレット(Fire HD8)を愛用しています。 先日、「Kindleパーソナル・ドキュメントサービス」を使って...
スポンサーリンク