FireタブレットでPDFを見る方法(Send-to-Kindle使用)

AmazonのFireタブレット(Fire HD8)を愛用しています。

先日、「Kindleパーソナル・ドキュメントサービス」を使ってみたところ、とても便利だったので紹介します。

これを使うと、FireタブレットにPDFや文書ファイルをかんたんに送ることができますよ。

関連記事 Amazon Driveを使ってPDFを送る方法もあります

スポンサーリンク

Kindleパーソナル・ドキュメントサービスとは

まずは「Kindleパーソナル・ドキュメントサービス」についてです。

このサービスのしくみをざっくりいうと、

  • Fireタブレットにはこのサービス専用のメールアドレスがついている
  • そこにファイルを送るとFireで閲覧できるようになる
  • (いちおう)Kindle本に変換することも可能
  • Fireタブレットを持っていれば、プライム会員じゃなくても使える

というものです。メールに添付する方式なので、使い方もシンプルです。

使えるファイル形式

Kindleパーソナル・ドキュメントサービスでは、次のファイルを使うことができます。

  • Kindle形式(.MOBI、.AZW)
  • Microsoft Word(.DOC、.DOCX)
  • HTML(.HTML、.HTM)
  • RTF(.RTF)
  • Text(.TXT)
  • JPEG(.JPEG、.JPG)
  • GIF(.GIF)
  • PNG(.PNG)
  • BMP(.BMP)
  • PDF(PDF)

・・・と、PDFをはじめ様々なファイル形式対応しています。

画像やテキストファイル、HTMLにも対応しているのがうれしいところですね。

Send-to-Kindle Eメールアドレスの確認方法

このサービス専用のメールアドレスのことを「Send-to-Kindle Eメールアドレス」といいます。

「Send-to-Kindle Eメールアドレス」は、Fireタブレットにあらかじめ設定されています。

まずはこのアドレスを確認してみましょう。Fireとパソコンのどちらからでも確認できます。

Fireタブレットで確認する

Fireタブレットでは、ホーム画面の「設定」から確認できます。

手順1

「設定」から「マイアカウント」をタッチします。

Fireタブレット Send-to-Kindleの確認方法

手順2

~@Kindle.com」とあるのが、「Send-to-Kindle Eメールアドレス」です。

Send-to-Kindleのアドレスはマイアカウントにあります 

PCで確認する

パソコンでは、Amazonのアカウントサービスから確認できます。

手順1

「アカウントサービス」から「コンテンツと端末の管理」を選びます。

Send-to-Kindleのアドレスはコンテンツと端末の管理から確認

手順2

「設定」をクリックします。

設定をクリック

手順3

下のほうにある「パーソナル・ドキュメント設定」を開きます。

「~さんのFire」の横にある「~@kindle.com」が「Send-to-Kindle Eメールアドレス」です。

パーソナル・ドキュメント設定にSend-to-Kindle Eメールのアドレスがあります

Send-to-Kindleを使ってPDFファイルを送る

アドレスがわかったら、さっそくパソコンから送信してみましょう。

送信は、Amazonのアカウントに登録しているEメールアドレスから行います。

手順1

新規メールを開き、宛先に「Send-to-Kindle Eメールアドレス」を入れ、送りたいファイルを添付します。

パソコンからFireタブレットにPDFファイルを送る

今回はカメラの説明書(PDFファイル)を送ってみます。メールの件名は空白でOKです。

手順2

送信されたファイルは、Fireタブレットのホーム画面または「ドキュメント」で確認できます。

FireタブレットにPDFが反映されました

ドキュメント内の「Send-to-Kindleドキュメント」をみると、先ほど送ったPDFが反映されています。

手順3

タッチすると、PDFをみることができます。

FireタブレットでPDFをみられます

この方法を使えば、PDFファイルをかんたんにFireタブレットに送ることができます。

プライム会員じゃなくても使えるのもいいところですね。

データ量に制限があります

「Kindleパーソナル・ドキュメントサービス」はデータ量に制限があります。

  • 一度に添付できるファイルは25点まで
  • データは50MB以下

といったきまりがあります。

まあ、50MBまで送れるメールサービスは少ないかもしれませんね。

(いちおう)Kindle本に変換することもできます

また、ユニークなサービスとして、データをKindle本の形式にすることもできます。

メールを送る際に件名に「変換」と入れると、ファイルがKindle本の形式になって届きます。

Kindle本に変換するサービスも

Kindle本の形式になると、マーカーや辞書など、読書に便利な機能を使うことができます。

過度な期待はしないほうがいいかも

実際にやってみたのですが、どうやら文字化けが起こりやすいよう

先ほどの説明書(PDF)がこんなふうに変換されていました(みやすいように背景に色をつけています)。

変換サービスを利用したところ、文字化けしてしまった

ファイルの種類によるかもしれませんが、過度な期待はしないほうがいいかもしれません。

まあ、うまくいけばラッキーという感じで・・・。

まとめ

今回は約6MBのPDFデータを送ってみたのですが、送信後すぐにFireタブレットで確認することができました。

Kindle本に変換してくれるサービスも、文字化けにはずっこけましたが、変換自体はほぼタイムラグなしでできました。

通常のファイルを送る分には、問題なく使えるかと思います。プライム会員でなくても使えるのもいいところですね。

Amazon関連では、こんな記事もありますよ
AmazonのFireタブレット(Fire HD8)を愛用しています。 パソコンからFireタブレットにPDFファイルを送る時に、私は...
Fireタブレット「Fire HD8」でよく電子書籍を読んでいます。 が、購入前は「電子書籍リーダーとしてどこまで使えるのか」がずいぶ...
AmazonのFireタブレット(Fire HD8)を愛用しています。 私はFireでよくスクリーンショットを撮るのですが、撮った画像...
スポンサーリンク