【Firefoxで翻訳】Google Translator for Firefoxの使い方とエラーが出た時の対処法

Firefox

このところ海外のサイトを見る機会が多くなってきたので、Firefoxに翻訳用のアドオン「Google Translator for Firefox」を入れてみました。

今までは分からない語句が出てくるたびに調べていたのですが、これでページをまるごと翻訳できるようになり、とても便利になりました。

 

このアドオンを使うと、このように英語で書かれたページも

英語のページ

 

まるごと日本語に翻訳することができます。

Google Translator for Firefoxで翻訳

というわけで今回は、この翻訳用アドオン「Google Translator for Firefox」の導入方法と使い方をお届けします。

エラーが出た場合の対処法もあわせて紹介していますので、よかったら参考にしてみてくださいね、

導入方法

導入は、Firefoxのアドオンのページにある「Google Translator for Firefox」から行います。

 

1.「+ Firefoxへ追加」をクリックします。

Google Translator for Firefox

 

2.追加の許可を求める表示が出ます。「追加」をクリックし、アナウンスに従って進めていきます。

追加をクリック

 

3.メニューバーに「T」というアイコンが表示されたら導入完了です。

Google Translator for Firefoxのアイコン

Google Translator for Firefoxの使い方

まずは基本となるページの翻訳からみていきましょう。「Google Translator for Firefox」は、ワンボタンでページをまるごと翻訳することができます。

ページを翻訳する

1.外国語で書かれたサイトを開きます。

外国語のサイト開きます

 

2.メニューバーにある「T」のアイコンをクリックします。

アイコンをクリック

 

3.翻訳されたタブが新しく開きます。

Google Translator for Firefoxで翻訳ができました

原文を表示する

翻訳された文章にポインタをあわせると、原文が表示されます。

Google Translator for Firefoxで原文を表示する

 

ちなみに、翻訳されたページは、元のページとは別のタブで開いています(Google翻訳」というタブになっています)。

別タブで開きます

ですので、元のページとも簡単に見比べることができます。

翻訳を改善する

「この翻訳はおかしい」というところがある時は、翻訳の改善を提案できます。

 

1.翻訳が気になる文章にポインタをあわせて「翻訳を改善する」をクリックします。

Google Translator for Firefox 翻訳の改善

 

2.改善案を入力し「送信」を押せばOKです。

翻訳を改善する

他の言語で翻訳する

画面の上にある言語のタブを使うと、ほかの言語で翻訳することもできます。

言語の選択

 

ためしにロシア語にしてみました。

Google Translator for Firefoxで翻訳

いろいろな言語に対応しているので、必要に応じて使ってみてください。

スポンサーリンク

エラーが出た時は

「Google Translator for Firefox」はGoogleの翻訳を使ったアドオンですが、時々、翻訳ができなかったり、エラーが出ることがあります。

環境にもよるかと思いますが、私の場合は「400.That’s an error」というエラーが時々出ます。

Google Translator for Firefoxのエラー

Google Translator for Firefoxのエラー画面

 

このエラーが出た時は、次の方法で改善できました。PC環境等によって違いがあるかもしれませんが、よかったら参考にしてみてください。

「400.That’s an error」の対処法

1.エラーのページを開いたままの状態にします。

400エラー

 

2.別のタブを開き、メニューバーのハンバーガーメニューをクリックします。

メニューを開きます

 

3.「オプション」をクリックします。

オプションをクリック

 

4.「プライバシーとセキュリティ」の履歴のところにある「履歴を消去」をクリックします。

プライバシーとセキュリティ

 

5.「Cookie」と「キャッシュ」にチェックを入れて「今すぐ消去」をクリックします。

履歴の消去

 

6.エラーの出たページに戻り、再読み込みすると翻訳されたページが表示されます。

再読み込み

 

環境によって違いがあるかもしれませんが、私の場合はこれで翻訳することができました。

上記方法で直らない場合

上の方法を行ってもエラーが出る時は、Firefoxの「オプション」→「プライバシーとセキュリティ」とすすみ、Cookieの際とデータの項目にある「データを管理」から対策できます。

検索窓に「Google」と入力し、出てきた「Translate」関連のCookieを削除するとエラーが出なくなる場合があります。

おしまいに

今回はFirefoxの翻訳用アドオン「Google Translator for Firefox」の使い方とエラーが出た場合の対処法でした。

あまりに情報量が多いサイトだと翻訳できないこともありますが、それを差し引いても便利なアドオンだと思います。

よかったら参考にしてみてくださいね。

Firefox
スポンサーリンク
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。