Google AdSenseのプライバシーポリシーはどう書く?書き方と例文を紹介します

ブログ

Google AdSenseの広告をサイトに掲載するときは、「プライバシーポリシ-」を表記する必要があります。

が、どういう文面にするかがなかなかむずかしいところ。

というのも、規約には「こういう内容を載せるように」と説明があるだけで、具体的な書き方の提示がないんですね。

というわけで、今回はGoogle Adsenseのプライバシーポリシーの書き方と例文を紹介します。

プライバシーポリシーの書き方&例文

プライバシーポリシーは、自分で書く場合もテンプレートを使う場合も、まずGoogle AdSenseの規約をみておくと、文面のイメージがしやすくなります。

必要な部分を抜粋して掲載しますので、規約に「どんなことが書かれているのか」と「何を書くようにいっているのか」をみてみましょう。

まずはGoogle AdSenseの規約をみてみよう

Google AdSenseの規約

では、アドセンスの規約から、該当部分をみてみましょう。

プライバシー ポリシーには次の情報を記載する必要があります。

Google などの第三者配信事業者が Cookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信すること。

Google が広告 Cookie を使用することにより、ユーザーがそのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、Google やそのパートナーが適切な広告をユーザーに表示できること。

ユーザーは、広告設定でパーソナライズ広告を無効にできること(または、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできること)。

引用:【Google】AdSenseヘルプ 必須コンテンツより

と、書かれています。

ややこしい文章ですが、ざっくり言うとこんなことが書かれています。

・広告配信にCookieを利用しています

・Cookieを使うことで、その人に合った広告を配信しています

・訪問者はCookieを無効にすることができます

上のようなことをサイトに掲載してね!というのが、プライバシーポリシーの規約です。

というわけで、これを生かして文章を書く必要があります。

では、文面の例をみていきましょう。長めと短めのものを紹介します。

もちろん、テンプレートとしてお使いいただいてもOKです。

Google AdSenseのプライバシーポリシーの例文

では、どうぞ!

プライバシーポリシーの例文(長め)

まずは長めの文面です。

「AdSenseの規約にある文章」をできるだけ生かした方法です。青字の部分が文章を足したところです。

当サイトは、GoogleおよびGoogleのパートナー(第三者配信事業者)の提供する広告を掲載しております。

Google を含む第三者配信事業者は Cookie を使用して、当ウェブサイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。

DoubleClick Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告をユーザーに表示できます。

ユーザーは広告設定で、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます(また、aboutads.info ページでは、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者のCookie を無効にできます)。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 –Google」をご覧ください。

長くはなりますが、規約にある文章を生かしているので、誤解を招きにくいのがメリットです。

プライバシーポリシーの例文(短め)

次は短めの文面です。

当サイトは「Google AdSense」の広告を掲載しています。

Google を含む第三者配信事業者は Cookieを通じた情報を使い、ユーザーの興味に応じた広告を配信しています。

Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

「要点のみ」という感じですが、シンプルな分、読みやすさのある文面です。

文面にある「ユーザー」部分は、「訪問者」「お客様」「サイトにきた方」などに変えてもよいかと思います。

なぜプライバシーポリシーを載せる必要があるのか

プライバシーポリシーと個人情報

さて、ここまで書いてきて言うのもなんですが、「なぜプライバシーポリシーを載せる必要があるのか」をかいてみます。

広告配信に使われているCookieは、サイトに訪問した人の情報を使って広告を表示しています。

こうした情報の使い方も「個人情報の利用や収集」の1つにあたるので、ちゃんと表明しておくように―というのが、プライバシーポリシーの趣旨です。

プライバシーポリシーはどこに掲載する?

Google AdSenseの規約をみると、掲載する場所については特に言及されていません。

ですので「サイト内であればどこでもOK」と解釈されています。

ただ、わかりにくい位置では意味がありませんので、サイト情報のページに掲載、あるいは専用のページをつくって掲載すると、ユーザーにわかりやすく親切です。

まとめ

必要事項さえ入っていれば文面の書き方は自由なのですが、かえって「自由だからこそむずかしい」という例ですね。

例にあげた文章はそのまま使えるようになっていますので、よかったら参考にしてみてくださいね。

 

ビュッフェとブッフェの違い。正しいのはどっち?
先日、ずっと「ビュッフェ」だと思っていたお店の看板に「ブッフェ」と書いてあることに気づきました。 「これは恥ずかしい・・・」と思いつつ調べてみると、どうやら世の中には「ビュッフェ」と「ブッフェ」があ...
スポンサーリンク
ブログ
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。