ただいまの人気記事はこれ!TOP15を公開中

洋ゲーをかんたん翻訳!フリーソフト「Capture2Text」を使ってみよう

PC

海外のゲームをプレイするのに便利な翻訳ソフト「Capture2Text」を紹介します。

このソフトを使うと、日本語化されていないゲームでも、かんたんに翻訳しながらプレイすることができます。

Capture2Textってどんなソフト?

Capture2Textは、ゲームをプレイしながら好きなタイミングで翻訳ができるフリーソフトです。

操作はとてもかんたんで、ゲーム中に WindowsQ キーを押してから翻訳したい部分を指定するだけです。

Capture2Text 翻訳方法

 

すると、このようにウインドウが出て、翻訳が表示されます。

Capture2Textで海外ゲームの翻訳

 

翻訳は「Google翻訳」に基づいており、多少のぎこちなさはあるものの、なかなかの精度です。

Capture2Textの翻訳システム

ゲームをしながら翻訳ができるので、海外のゲームをプレイする時にとても便利です。

長い文章でも翻訳可能

読み取る範囲は自由に決められます。たとえば選択肢が出たシーンでも、まるごと指定すれば

Capture2Textで翻訳範囲を指定する

 

このように、まとめて翻訳することができます(改行の有無は任意で設定できます)。

Capture2Text 長文も翻訳可能です

Capture2Textの導入方法

Capture2Textは、海外製のフリーソフトです。導入はとてもかんたんです。

導入方法

1.Capture2Textの 配布ページにアクセスします。

 

2.「Download Latest Version」と書かれている緑色のボタン、またはその下にある「最もバージョンが新しいもの」をクリックすると、ダウンロードができます。

Capture2Textの導入方法 ダウンロードボタン

ダウンロードできたら、さっそく解凍して起動してみましょう。

Capture2Textの設定方法

まずは「Settings」から各種設定をしてみましょう。

 

1.まずは、「Translate」から、どの言語を日本語に訳すかを設定します。訳したい言語の右側を「Japanese」にします。

Capture2Textの設定方法1

ここでは例として、英語とフランス語を日本語に訳す設定にしてみました。

 

2.訳す必要のない言語は「Do Not Translate」にします。ここでは、日本語を「Do Not Translate」にしてみました。

Capture2Textの設定方法2

 

3.「Show translation in pop window」にチェックを入れておくと、翻訳がポップアップウインドウで表示されるようになります。

Capture2Textの設定方法3

 

翻訳すると、このようにウインドウがポップアップ表示されますので、チェックを入れておくのがおすすめです。

Capture2Textの設定方法4

 

4.つづいて「Output」で改行の設定をします。必須ではありませんが、「Keep line breaks」のチェックをはずしておくと、使いやすくなります。

Capture2Textの設定方法5

「Keep line breaks」にチェックが入っていると、日本語訳に不自然な改行が入って見づらくなることがあります。ですので、ここはチェックをはずしておくのがおすすめです。

 

5.「Hotkeys」では、「キーの割り当て」の設定ができます。

Capture2Textの設定方法6

初期設定では、 WindowsQ キーで翻訳範囲の指定に入ります。使いにくい場合は、ここで割り当てキーを変更することができます。

キーの割り当ては、特に問題がなければ、初期設定のままでOKです。

これで、Capture2Textを使う準備ができました。

さっそく使ってみましょう。

Capture2Textで訳してみよう

Capture2Textを起動して、ゲームをプレイします。

Capture2Textの翻訳方法

1.翻訳したい部分のいちばん左上にマウスのポインタを持っていき、WindowsQ キーを押します(同時押しです)。

Capture2Textの翻訳方法1

 

2.マウスを右斜め下に動かすと、翻訳する翻訳の指定ができるようになります。範囲が決まったら、マウスを左クリックします( Enter キーでもOKです)。

Capture2Textの翻訳方法2 範囲の指定

 

3.すると、ウインドウが表示されて、日本語訳をみることができます。

Capture2Textの翻訳方法3

読み終わったら、「OK」をクリックするとウインドウが閉じます。

文字をうまく読み取れない場合

特殊なフォントや小さなフォントを使っているゲームの場合、Capture2Textが文字をうまく読み取れないことがあります。

 

たとえば、癖のあるフォントを使ったこのゲームの場合。

Capture2Textの翻訳がうまくいかなかった場合

 

本来は「enemy」だった部分がうまく読み取れず、「enemu」になってしまいました。訳も「エネム」になっています。

Capture2Text 読み取りがうまくいかなかった例

 

このような場合は、外国語のおかしな部分を手動で修正して「Re-translate」を押せばOKです。「enemy」に直して、「Re-translate」を押します。

Capture2Text もう一度翻訳

 

すると、あらためて翻訳が行われます。「enemy」が「敵」と訳されて、意味がわかるようになりました。

Capture2Text うまく翻訳できました

Capture2Textの説明書を読んでみよう

Capture2Textの公式ページでは、このソフトの使い方がくわしく解説されています。

Capture2Text
The official homepage of Capture2Text.

英語で解説されているページですが、Capture2Textで翻訳しながら読んでみましょう。操作の練習をしながらソフトの特長を学べるので、とてもいいですよ。

おしまいに

今回は、海外のゲームをプレイするのに便利なフリーの翻訳ソフト「Capture2Text」の紹介をお届けしました。

Capture2Textは、ゲーム画面だけでなく、テキスト文書やPDFやJPEGなどの「画像化された文字」も読み取ることができます(こうした機能を「OCR」と呼びます)。

このソフトがあると、日本語化されていないゲームもプレイしやすくなっていいですよ。よかったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク
PC
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。
タイトルとURLをコピーしました