ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

Steamのゲームデータを移動する方法とインストールフォルダを変更する方法

PC

Steamは、「ゲームデータを保存しているフォルダ」を別の場所に移動させたり、インストールするフォルダを変えたりすることができます。

たとえば、ゲームデータを

  • パソコンから外付けのSSDやHDDに移動する
  • ゲームごとに保存するフォルダを変える

といったことがかんたんにできます。

特に「SSDの容量が小さいパソコン」のときは、外付けのSSDやHDDにゲームデータを入れるようにすると、パソコンの容量を圧迫することなく使えます。

というわけで今回は、「Steamのゲームデータを移動する方法」と「インストールフォルダを変更する方法」をお届けします。

情報いろいろ!Steamの記事一覧

ゲームデータを別の場所に移動する方法

Steamはデフォルトでゲームデータを「Cドライブ」に保存するようになっています。

ゲームデータ用のフォルダがつくられており、移動させるときは、まずSteamで「ゲームデータをどこに移動させるか」を設定します。

今回は例として、外付けのHDDにゲームデータを移動させてみるよ!
Steamクライアントで全部の作業ができるので、とってもかんたんです。

まずは「データをどこに移動させるか」を設定しよう

「設定」を選択
Steamクライアントを開き、メニューバーの「Steam」から「設定」を選択します。

「STEAMライブラリフォルダ」をクリック
「ダウンロード」の項目にある「STEAMライブラリフォルダ」をクリックします。

「ライブラリフォルダを追加」
「ライブラリフォルダを追加」を押します。

Cドライブの「Steam」フォルダが開きます
すると、Cドライブの「Steam」フォルダが開きます。ここにSteamの各種データやゲームデータが入っているわけですね。

保存先のドライブを選択
▼タブを押すと、保存先のドライブを選択することができます。

今回は「E」が外付けHDDにあたるので、「E」を選択してみます。

表示されるドライブ名(「C」「D」「E」など)は、使用環境によって違いがあります。ご自身の環境によって対応するものを選んでください。

「新しいフォルダ」をクリック
すると、外付けHDDに入っているデータが表示されます。今回の外付けHDDはゲーム用に使っていないものなので、ゲームとは関係ないフォルダばかりが表示されています。

というわけで、Steam用のフォルダをつくってみます。「新しいフォルダ」をクリックします。

フォルダ名を決めるウインドウ
フォルダ名を決めるウインドウが表示されます。任意の名前をつけて「OK」を押します。

Steamのゲーム保存用のフォルダができました
Steamのゲーム保存用のフォルダができました。ここで注意点があります。フォルダができたら、必ずウインドウの下にある「選択」ボタンを押します。

必ず「選択」ボタンを押す
このボタンですね。これを押さないと、ただフォルダを作っただけになってしまい、Steamの設定に反映されません。

ですので、フォルダを作ったときは、必ず「選択」ボタンを押すようにします。

これで移動先の準備は完了!さっそくゲームデータを移動してみよう!
スポンサーリンク

ゲームデータを移動してみよう

Steamクライアントの「ライブラリ」
Steamクライアントの「ライブラリ」から、データを移動させたいゲームを探します。

 「プロパティ」を選択
ゲーム名を右クリックし、「プロパティ」を選択します。

「インストールフォルダの移動」をクリック
プロパティが開いたら、上にある「ローカルファイル」タブを選択し、「インストールフォルダの移動」をクリックします。

移動先のフォルダを選択
移動先のフォルダを選択します。先ほど、外付けHDDに作ったフォルダを選択します。

「フォルダを移動」を押す
「フォルダを移動」を押すと、データの移動処理がはじまります。

ゲームデータの移動完了
「~個のファイルを新しいライブラリフォルダへ移動しました」と出れば、ゲームデータの移動完了です。

ゲームを任意のフォルダにインストールしてみよう

Steamは、ゲームデータを任意のフォルダにインストールすることができます。ここでは例として、先ほど作ったフォルダにゲームをインストールしてみます。

任意のゲームを選択し「インストール」
Steamクライアントの「ライブラリ」から、任意のゲームを選択して「インストール」を押します。

「インストール先のドライブを選択」
「インストール先のドライブを選択」のところを確認します。初期設定では「Cドライブ」が保存先として表示されています。

インストールするフォルダを選択
右側の▼タブを押すと、インストールするフォルダを選択することができます。ここでは、先ほど外付けHDDに作ったフォルダを選択してみます。

インストール先が設定できました
インストール先が変更されました。

あとは通常のインストールと同じです。「次へ」をクリックして画面の指示に従っていけばOKです。

デフォルトのインストールフォルダを変更してみよう

Steamは、ゲームデータのインストール先が初期設定ではCドライブになっています。

Cドライブ以外に保存する機会の多い方は、デフォルトのインストールフォルダを変更しておくと便利です。

「設定」
Steamクライアントのメニューバーの「Steam」から「設定」にすすみます。

「Steamライブラリフォルダ」を選択
「ダウンロード」の項目にある「Steamライブラリフォルダ」を選択します。

デフォルトのインストールフォルダ
ここでデフォルトのインストールフォルダの確認や変更ができます。初期設定では、Cドライブがデフォルトのインストールフォルダになっています。

「デフォルトフォルダ」を選択
デフォルトフォルダを変更するときは、任意のドライブを右クリックして「デフォルトフォルダ」を選択します。

デフォルトフォルダが変更
デフォルトフォルダが変更できました。ためしにゲームをインストールしてみます。

先ほど変更したドライブがインストール先に
Cではなく、先ほど変更したドライブがインストール先になっています。

外付けHDDやSSDに入れたゲームをプレイする際の注意点

外付けHDDやSSDは、USB2.0ではなく「USB3.0」で使うのがおすすめです。

USB2.0は転送速度が遅いため、ゲームによってはデータの読み込み・転送が間に合わず、快適なプレイができない場合があります。

USB2.0でアクションやシューティングをプレイすると、たまにだけど、一瞬、ゲームが止まることがあるね。
私はUSB2.0でデススマイルズをやっていたら、ボスを倒したあとに数秒間止まったことがあったよ。1回だけだったけど、あれはびっくりしたなあ。
操作が激しいゲームやタイミングが命のゲームは特にだけど、USB3.0でつないだほうが安心だね。

まとめ

今回は、Steamのゲームデータを「Steamのゲームデータを移動する方法」と「インストールフォルダを変更する方法」をお届けしました。

パソコンのSSDの容量が小さい場合でもこれで安心です。容量を圧迫することなく、Steamのゲームをインストールすることができます。

データの移動って面倒なイメージがあるけれど、Steamはかんたんで助かるねえ。
Steamクライアントで全部できちゃうから本当に便利だね。パソコンのSSDの容量を気にせずに使えるのがうれしいね。
スポンサーリンク
PC
ゆずゆろぐ。の本が出ました!
ゆずゆろぐ。の本が出ました! 完全書きおろし、Amazonで販売中です。興味のある方はぜひどうぞ!
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。
タイトルとURLをコピーしました