【スキルの大安売り】本当にこれでいいのだろうか。ココナラに感じる危うさ

WEBサービス

先日、スキルのフリーマーケット「ココナラ」を利用してみました。

【スキルのフリーマーケット】ココナラでイラストを描いてもらった感想
先日、はじめてココナラ(coconala)を利用してみました。 ココナラは、「イラスト描きます」「司会します」など、いろいろな方が自分のスキルを販売しているフリーマーケット型のネットショップ...

描いていただいたイラストは大満足でしたが、ココナラというサービスについて思うことが多々ありました。

今回はそれについて書いてみます。

スキルの大安売りがもたらすもの

ココナラは「ロゴを作ります」「文章を書きます」など、いろいろな方が自分のスキルを販売しているフリーマーケットです。

コンセプトはユニークなのですが、サイトをみて最初に感じたのが「スキルの大安売り」っぷり。

本来は、その価格では提供できないようなスキルが、(クオリティはさておき)500円や1,000円などの超低価格であふれかえっています。

なぜ500円や1,000円で提供できるのか

ココナラは、誰でも登録をすればすぐに出品できるようになってます。

出品の敷居が低いこともあり、出品者の大半はアマチュアの方です。趣味の延長という感じの方も多いですね。

このようなシステムだと、必然的に

  • 好きなことだから、金額はいくらでもいい
  • 夢だから、金額は関係ない
  • 経験を積みたいので、タダでもいいからその仕事をしてみたい
  • ちょっとしたお小遣い稼ぎ

という方が増えてきます。

そのため、本来は安く提供できるはずのないスキルが、(クオリティはさておき)500円や1,000円といった超低価格であふれかえる――といったことが起こっています。

また、受注件数や評価を増やすために価格を下げたり、プロと名乗っている方もその価格に乗っていたりするので、ココナラ全体で「スキルのとんでもない価格崩壊」が起こっています。

ロゴって500円ぐらいで描けるものなんでしょ?

ココナラをみていると、「スキルの値段」に対する感覚が麻痺してきます。

出品者全体で「スキルの大安売り」をしているような状況なので、みていると「これがそのスキルの相場なのかな?」と思えてきてしまうんですね。

もちろん現実は、そんな相場で成り立つわけがないのですが、みていて心配になるのは「この値段が一般に広がっていったらどうなるのだろうか」ということ。

こういうのって、質よりも「価格」が広がっていきやすいんですよね。

  • 「ロゴって500円ぐらいで描けるものなんでしょ?」
  • 「司会って3,000円ぐらいが相場なんだよね」
  • 「ココナラだったら1,000円からあるのに、これって高すぎない?」

多くの人がこう思うようになったらおしまいで、もともと「手間」「労力」「高い技術」を無視した相場なので、ジャンル自体がいずれ立ち行かなくなっていきます。

対価という概念

本来は「特別な技術には、それに見合った金額が払われる」のが普通なんですね。当然のことながら、「手間」や「労力」にも見合った金額が払われる必要があります。

・・・が、ココナラのように

  • 経験を積みたいから、タダでもいいので仕事をしたい
  • 好きなことだから、金額はいくらでもいい
  • 夢だから、金額は関係ない

という方の集まりをシステムにしてしまうと、「対価」という概念が吹っ飛んでしまうんですね。

たとえば、受ける側は500円(手取りは300円ちょっと)で何時間もかけて、下手をしたら数日かかるような作業をする。

プロやアマ、スキルのレベルは関係なく、これが「普通」になったらすごく怖いですよね。

ですが悲しいかな、「普通」と捉える人が多くなればなるほど、それが「スタンダード」になっていくのが世の中というものでもあります。

おしまいに

ココナラのコンセプトはユニークだと思いますが、現在のように「技術や労力に見合わない価格」が蔓延している状況は「明らかに違う」と思います。

こうしたサイトはココナラだけではありませんが、現状を見るに、ものすごく危うい印象を受けます。

スキルの価格破壊は、ジャンルの衰退につながっていきます。

よいもの、よいサービスを求めるのであれば、それに見合った金額を払う必要がある――何があろうと、その大前提を崩してはならないと思います。

WEBサービス
スポンサーリンク
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。