【Illustrator】フォントの輪郭をかすれさせたり、ラフな感じにする方法

Illustrator

Illustratorでフォントの輪郭をかすれさせたり、ラフな感じにする方法をお届けします。

この方法を使うと、簡単にフォントの輪郭をかすれさせたり、手描きっぽい雰囲気にしたりすることができます。

Illustrator 輪郭をかすれさせる

 

また、少し応用するとアニメ作品の「キルラキル」で使われていたような輪郭に「荒れ」を加えたロゴを作ることもできます。

キルラキル風 荒れ

簡単にできますので、よかったら参考にしてみてくださいね。

フォントの輪郭をラフな感じにする方法

輪郭をラフにする手順

1.好きな文字を入力し、選択した状態にします。

文字を入力する

 

2.そのままの状態で右クリックをして、「アウトラインの作成」を選択します。

アウトラインの作成

 

3.文字がアウトライン化されました。これで様々な効果を加えることができます。

アウトライン化した状態

 

4.メニューバーの「ウインドウ」から「ブラシ」を選択します。

ブラシを選択

 

5.ブラシのパネルが表示されます。右上のアイコンをクリックします。

ブラシライブラリへ

 

6.メニューが表示されますので、「ブラシライブラリを開く」→「アート」→「アート_木炭・鉛筆」とすすみます。

ブラシを選択

 

7.様々な線種が表示されます。ここで選択したものがフォントの輪郭になります。

木炭・鉛筆のブラシ

 

ここでは、やや太めでかすれのあるものを選択してみました。

 ブラシを適用した状態

8.選択を解除すると、こんな感じになりました。

輪郭がかすれた感じになりました

これで完成にしたいところですが、実はこのままこのフォントを縮小すると、こんな感じになってしまいます。

アウトライン化していない状態

フォントの変化に輪郭の太さがついていかないんですね。

というわけで、アウトライン化という処理を行います。

必ずアウトライン化します

フォントの輪郭をラフにした時は、次のような作業を行います。

アウトライン化の手順

 

1.フォントを選択した状態で、メニューバーの「オブジェクト」から「パス」→「パスのアウトライン」とすすみます。

オブジェクトを選択

パスのアウトライン

 

2.これでアウトライン化されました。

 アウトライン化した状態

 

大きくしても小さくしても、輪郭のかすれやラフさが保たれています。

拡大縮小もできます

 

このように、輪郭をラフにした場合は、必ずパスのアウトライン化を行います。

スポンサーリンク

文字を太らせたくない場合

上で紹介した方法は、フォントの輪郭に太さを足すため、少なからず文字が太くなります

・・・が、文字によっては太らせたくない場合もあるかと思います。

 

たとえば、こんなフォントがあったとします。

フォントのサンプル

そのままでもかなり太いので、ここに輪郭を足すと文字がつぶれてしまいそうです。

こうしたケースでは、まず文字を細らせる作業をしてから輪郭をラフにします。

文字を細くする手順

1.文字を選択した状態で右クリックをし、「アウトラインを作成」をクリックします。

文字を細くする手順

 

2.メニューバーのオブジェクトから「パス」→「パスのオフセット」を選択します。

オブジェクトをクリック

パスのオフセットを選択

 

オフセットにマイナスの数値を入力

 

3.「パスのオフセット」を入力する画面になります。オフセットのところに「-(マイナス)」の数値を入れると、その分だけ文字が細くなります。

パスのオフセット

プレビューにチェックを入れておくと、どのぐらい細くなるかを見ながら作業できます。

プレビューを見ながら細くしている状態

入力できたら「OK」をクリックします。

 

4.文字の中身をドラッグすると、細くなった文字が抽出できます。

文字の抽出

・・・が、この状態だと2つの文字がグループ化されていますので、それぞれを個別に動かせません。

ですので、右クリックしてメニューを出し「グループ解除」をクリックします。

グループ解除

これで元の太さのものと、細くしたものとが別々に動かせます。

 

5.元のものと比較してみましょう。

太さの比較

左が元の太さのもの、右が細くしたものです。

今回は2pxほど細くしただけですが、元のものに比べると、空白部分にかなり余裕ができました。

 

6.あとは先ほどのように好きなブラシで輪郭をラフにしていきます。最後にアウトライン化すればOKです。

フォントの輪郭を荒らした状態

ここでは、こんな感じで輪郭に「荒れ」を加えてみました。ブラシによって様々な雰囲気になりますので、いろいろと試してみてください。

 

この方法使うとあれこれと遊べますね。

キルラキル風 フリーフォント

キルラキル風デザイン

 

こちらの記事では「フリーフォントでキルラキル風のロゴ」を作る方法を紹介しています。興味のある方はぜひとも。

フリーフォントで「キルラキル」風のロゴを作ってみよう
プライムビデオで「キルラキル」を見ているうちに、同じようなフォントで遊んでみたくなりました。 というわけで今回は、フリーフォントを使ってキルラキル風のロゴを作ってみます。 簡単にできるわりに、...

おしまいに

今回はIllustrator CCで文字の輪郭をラフにする方法でした。

今回はブラシを「木炭・鉛筆」でやってみましたが、ほかのものにすると、また違った雰囲気がたのしめます。

興味のある方がいましたら、よかったら参考にしてみてくださいね。