ただいまの人気記事はこれ!TOP15を公開中

これはおいしい!六花亭のマルセイバターサンド【レビュー】

お菓子

私が好きなお菓子の1つに、六花亭のマルセイバターサンドがあります。

北海道のお土産としても有名なこのお菓子、何度食べても飽きないおいしさがあります。

六花亭「マルセイバターサンド」レビュー

しっとりとしたビスケットに、北海道生乳100%のバターとホワイトチョコレートでつくられたクリームがサンドされています。クリーム部分には、レーズンが入っています。

というわけで、今回は六花亭の「マルセイバターサンド」のレビューをお届けします。

\ 最高においしいですよ! /

マルセイバターサンドとは

六花亭「マルセイバターサンド」のパッケージ

マルセイバターサンドは、北海道の六花亭製菓が販売しているお菓子です。北海道のお土産としても知られており、店舗での販売のほか、催事場やネットショップでの購入もできます。

 

六花亭「マルセイバターサンド」5個入りの中身

六花亭のマルセイバターサンドは、4個入りから30個入りまで様々なセットがあります。

今回は、5個入りのセットを買ってみました。

箱のサイズは、8.5×19.5×2.5cmほど。この中にマルセイバターサンドがぎっしりと入っています。ちなみに箱がつくのは、5個入りから。4個入りはビニール梱包になっています。

マルセイの由来とパッケージデザイン

六花亭「マルセイバターサンド」個別包装のデザイン

マルセイバターサンドを箱から出すと、このように個装されています。パッケージの中央には、○の中に「成」という文字が書かれています。これが「マルセイ」の由来というわけですね。

このパッケージをみると、「バ成タ」とみえることから、「バナリタ」という愛称で呼ばれることもあります。

 

六花亭「マルセイバターサンド」バナリタと呼ばれることも

ちなみにマルセイバタ(マルセイバター)とは、明治時代、依田勉三が興した晩成社が、北海道で最初につくったバターのこと。

マルセイバターサンドのパッケージは、その当時のデザインをもとに復刻したものになっています。

 

六花亭「マルセイバターサンド」パッケージデザインの由来

こうしたデザインの由来については、箱の包みの裏にも書かれています。また、箱の別の部分には、25度以下の涼しい場所で保管するように書かれています。

マルセイバターサンドの味

六花亭「マルセイバターサンド」レビュー 味について

マルセイバターサンドは、2枚のビスケットでクリームをサンドしたつくりになっています。

1つのサイズは、3.5×7.5×2cmほど。しっかりとした大きさがあり、ゆったりと食べるのによいサイズになっています。

ビスケット部分は六花亭専用の小麦が使われており、クリーム部分には北海道生乳100%のバターとホワイトチョコレート、レーズンが使われています。

 

六花亭「マルセイバターサンド」レビュー 中身のようす

こちらは2つにカットしてみたところ。クリーム部分にはこのようにレーズンがたっぷりと入っています。

 

六花亭「マルセイバターサンド」レビュー

ビスケット部分はしっとりとしたつくりで、クリーム部分とよくマッチしており、心地よい食感をたのしめます。

スポンサーリンク

マルセイバターサンドを実際に食べた感想

とにかく「おいしい」の一言です。

かむごとに、ビスケットのおいしさ、クリームのおいしさ、ほどよいレーズンのアクセントが口の中に広がります。

全般に上品な味わいで、甘すぎないのもいいところ。おすすめは、一口ずつじっくりと味わう食べ方。マルセイバターサンドならではのおいしさがたっぷりと味わえます。

また、冷やしても食べるのもおすすめ。しっとり感が強調されて、より味わい深くなります。

 

六花亭「マルセイバターサンド」5個入り

今回紹介したのは5個入りのもの。

1つ食べるだけでもかなりの満足感があり、個人で食べるのであれば十分な量があります。

独特の食感はたまらないものがあり、「また食べたいなあ」と記憶に残る味わいでもあります。

\ ネットでも買えます /

まとめ

今回は六花亭の「マルセイバターサンド」のレビューをお届けしました。「おいしいお菓子が食べたいなあ」と思っている方は、ぜひ食べてみてください。おすすめですよ。

スポンサーリンク
お菓子
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。