カフェ気分でゆったり♪おすすめカフェミュージック「PETIT CAFE RECORDS」

おすすめ音楽

私はカフェ系の曲が好きで、部屋にいる時によく聴いています。

やさしい曲が多いのでリラックスするのにちょうどいいんですよね。また、かけていても邪魔にならない曲ばかりなので、仕事や勉強をする時もはかどります。

先日「PETIT CAFE RECORDS(プチカフェ レコーズ)」の曲を聴いてみたところ、とても心地よかったので紹介します。

「PETIT CAFE RECORDS(プチカフェ レコーズ)」とは

「PETIT CAFE RECORDS(プチカフェ レコーズ)」は、ピアノ・ギター・チェロによるインストゥルメンタル音楽を提供しているレコード・レーベルです。

プチカフェレコーズ
日常にそっと寄り添う音楽

「日常にそっと寄り添う音楽」をコンセプトに、ゆったりとくつろげる楽曲が多数揃っています。どれもカフェにいるような気分になれる作品ばかり。

音源はAmazonで、CD・デジタルミュージック(MP3)を入手することができます。

カフェ系音楽(カフェミュージック)とは

カフェ系音楽(カフェミュージック、カフェBGM)とは、カフェでよくかかっている音楽や、カフェでかかっていそうな音楽のことをいいます。

ジャンルの決まりは特になく、おしゃれ・ゆったり・やさしいなど「聴いていて心地のいい曲」がよくそう呼ばれます。

中でも人気なのは、ジャズやボサノバ系の曲、静かなピアノ曲。自然音の入った曲も定番です。

PETIT CAFE RECORDS おすすめ10選

カフェミュージック・レーベル「PETIT CAFE RECORDS(プチカフェ レコーズ)」の中から、おすすめのアルバムを紹介します。

Amazonのプライム会員の方は、プライムミュージックでたのしむこともできますよ。

ことりカフェ

全曲に小鳥の声がたくさん入っており、森の中にいるような気分になれる作品です。自然音とジャズ・ボサノバ系の曲がよく合っていて、とても心地いい音楽が揃っています。

鳥の声には立体感があり、あちこちから聴こえる感じがします。全体の雰囲気もやさしく、聴いていて気持ちのいい作品です。

ジャケットをクリックすると詳細がみられます(Amazon)

~星空カフェ~ 心鎮まる、ひとときのために…

世界の様々な名曲をハーブとギターで奏でてるミュージックアルバムです。

選曲もよく、穏やかで心地いい音楽をたのしむことができます。個人的には、ゆったりと静かな時間に聴くのがおすすめ。星空をみながら聴くのも最高ですよ。

ジャケットをクリックすると詳細がみられます(Amazon)

大人ピアノカフェ ~Yuki’s Selection~

シンガー・ソングライター&ピアニストとして知られる村上ゆきさんによるピアノカバーアルバムです。

カーペンターズの「Close to You」、オリビア・ニュートン・ジョンの「そよ風の誘惑」など洋楽の名曲を中心に、とても心地のいいピアノ曲をたのしむことができる作品です。

音の響きが非常に美しく、聴いていると本当に気持ちがいい。ゆったりと過ごしたい時や、癒されたい時に聴くのがおすすめです。

ジャケットをクリックすると詳細がみられます(Amazon)

ことりカフェ~森のクラシック~

「ことりカフェ」のクラシック曲バージョンです。人気のクラシック曲に、小鳥のさえずりがミックスされています。

自然音とピアノの音色がよく合っていて、聴いているうちに、森の中の音楽会にいるような気分になれます。疲れている時には最高の癒しになりそう。

ジャケットをクリックすると詳細がみられます(Amazon)

くつろぎカフェ

タイトル名どおり、ゆったりくつろげる曲をそろえたアルバムです。

ピアノとギターの音色が心地よく、ほんわかとリラックスできる曲がそろっています。私は、このアルバムでゆったりテンポのボサノバにハマりました。やさしいながらも中毒性のある作品です。

ジャケットをクリックすると詳細がみられます(Amazon)

プチカフェ ~カフェ・ド・RIO~

カフェ系音楽の代名詞・ボサノバをたのしむのであれば、この1枚です。「イパネマの娘」「おいしい水」「コルコバード」など、ボサノバの名曲の数々をカバーしたアルバムです。

どの曲もBGMには最高で、何度聴いても飽きさせない魅力があります。私も選曲に困った時は、よくこれを聴いています。

ジャケットをクリックすると詳細がみられます(Amazon)

朝カフェ

朝ドラのテーマ曲を、ピアノとギターとチェロで奏でているアルバムです。私は原曲を知らなかったのですが、どれもやさしい雰囲気に仕上がっていて、元を知らなくてもたのしめますね。

「あまちゃんのテーマ」「麦の色」「ありがとう」など全14曲が入っています。

ジャケットをクリックすると詳細がみられます(Amazon)

プチカフェ~カフェ・ド・TOKYO~

「東京」をテーマにした邦楽曲をギターとピアノでカバーしたアルバムです。

「夜空ノムコウ」「365日」「丸の内サディスティック」「ラブ・ストーリーは突然に」など全12曲がたのしめます。アグレッシブな曲もあり、元気の出るアルバムです。

私の一押しは「丸の内サディスティック」。カフェ音楽の究極形ともいうべき演奏がたのしめます。

ジャケットをクリックすると詳細がみられます(Amazon)

プチカフェ ~カフェ・ド・LONDON~

イギリスの名曲をギターとピアノで奏でたカフェミュージックアルバムです。

ビートルズの「イエスタデイ」、エルトン・ジョン「キャンドル・イン・ザ・ウインド」など、たのしめます。全体にとても聴きやすく、癖がないのもいいところ。

ジャケットも味があっていいですよ。

ジャケットをクリックすると詳細がみられます(Amazon)

プチカフェ ~ディズニー・バラード コレクションPLUS+

ディズニーの名曲をピアノとアコースティックギターでカバーした音楽集です。アレンジがすばらしく、個人的に大感動したアルバムでもあります。

やさしい・ゆったり・心地いいのに、ついつい聴き入ってしまう。非常に魅力のあるアルバムです。

ディズニーの名曲のカバーですが、もちろん原曲を知らなくてもたのします。ちなみに、大ヒット曲「レット・イット・ゴー(アナと雪の女王)」も入っていますよ。

ジャケットをクリックすると詳細がみられます(Amazon)

まとめ

今回はカフェミュージックレーベル「PETIT CAFE RECORDS(プチカフェ レコーズ)」のおすすめ作品を紹介しました。

そのほかにもPETIT CAFE RECORDSにはいろいろな曲がありますので、興味のある方はぜひ聴いてみてくださいね。