Fire HD8タブレットでBOOK☆WALKERを使う方法

Fire HD8

Fire HD8タブレットでBOOK☆WALKERを使えるようにしてみました。

Kindle本だけでもかなり満足していたのですが、これでBOOK☆WALKERの電子書籍も読めるようになりました。いや~たのしい!

というわけで実装方法です。

BOOK☆WALKERとは

BOOK☆WALKERは、KADOKAWAの電子書籍サイトです。

様々な電子書籍を扱っていますが、なんといってもKADOKAWA系の電子書籍をいちはやく読めるのがメリット。

独自の特典やセール、コインバックなどのキャンペーンが多いのも特長です。

ラインナップもユニークで、Kindleで本を探すのとは違ったたのしみがありますよ!

読むのには専用ビューアが必要

BOOK☆WALKERの本を読むには、専用のビューアーが必要になります。

・・・が、Fireタブレットは、ここが問題です。

androidやiOSはストアにアプリがあるのですが、AmazonのストアにはBOOK☆WALKERのアプリがないんですね。

そこで便利なのが、BOOK☆WALKERが公式が出しているapkです。

Fireタブレットは公式のapkで利用可能に

apkとは簡単にいえば、ストアを経由しないアプリのようなもの。自分でダウンロード・インストールをすれば、アプリと同じように使えるというものです。

なにやら難しそうな印象がありますが、今回使うBOOK☆WALKER公式のapkは、とても簡単に導入することができます。

Android向けBOOK☆WALKERアプリ(apkファイル)│電子書籍ストア - BOOK☆WALKER
BOOK☆WALKER(ブックウォーカー)電子書籍ストアのAndroid向けBOOK☆WALKERアプリ(apkファイル)のページです。人気のライトノベル、マンガ、新書、実用書、写真集、雑誌など幅広く掲載。電子書籍を読むならBOOK☆WALKER(ブックウォーカー)

というわけで、さっそくFire HD8タブレットで読めるようにしていきましょう。

BOOK☆WALKERのapkを導入する手順

注意事項

apkを導入する際は、必ずapkの配布ページにある「注意事項」を読んでから行うようにしてください。

また、BOOK☆WALKERの会員でない方は、作業前に会員登録(無料)をしておくと導入がスムーズです。

Fireのセキュリティ設定を変更する

1.Fireの「設定」→「セキュリティとプライバシー」とすすみます。

 

2.「不明ソースのアプリ」のタブをオレンジ(ON)にします。

Fire HD8タブレットのセキュリティ設定

 

ONにする際に警告が出ますが、今回は一時的にONにするだけなので「OK」をタップします。

OKをタップ

apkのダウンロード・インストール

1.Fire HD8からBOOK☆WALKERにアクセスし、画面の下のほうにある「ログイン/会員登録」をタップします。

ログインしてマイページへ

 

2.マイページの「ご利用ガイド」にある「Android」をタップします。

Androidをタップ

 

3.画面の下のほうにある「apkファイルはこちら」をタップします。

BOOK☆WALKERのapkファイル

 

4.「apkファイルのダウンロード」の最新版をタップします。

apkeファイルのダウンロード

 

5.ストアからのダウンロードではないため警告が出ますが、「OK」をタップします。

警告が出ますがOKをタップします

 

6.ダウンロードが完了したら「開く」でインストールがはじまります。

イントールがはじまらない時は

ダウンロード後にインストールができない時は、手動で対応します。

1.Fireタブレットのホーム画面から「ドキュメント」→「ローカルストレージ」とすすみます。

 

2.「BookWalker~」とあるファイルをタップするとインストールができます。

BOOK☆WALKERのアプリがある場所

 

3.そのまますすめていけば、インストール完了です。

BOOK☆WALKERのアプリのインストール完了

インストール完了後の作業

インストールが完了したら、Fireのセキュリティ設定を元に戻しておきましょう。

Fireタブレットのホーム画面から「設定」→「セキュリティとプライバシー」にすすみ、「不明ソースからのアプリ」のタブを灰色(OFF)にすればOKです。

Fire HD8のセキュリティ設定を戻す

BOOK☆WALKERで電子書籍を読んでみる

これでFire HD8タブレットでBOOK☆WALKERが使えるようになりました。

BOOK☆WALKERのアイコンが追加されました

ホーム画面にもアイコンが表示されていますね。タップするとアプリが起動します。

スポンサーリンク

Fire HD8ではどう見える?

期間限定で「恋は雨上がりのように」が無料だったので、さっそくFire HD8で読んでみました。

まずは縦表示。

Fire HD8でBOOK☆WALKER 縦表示

こんな感じで、画面が表示されます。縦画面だと、1ページずつの表示になります。

画像ではわかりにくいかもしれませんが、上下には余白があります。ナビゲーションバーは常に表示されています。

 

つづいて横表示。

FireタブレットでBOOK☆WALKER 横画面

画面を横にすると、見開き表示になります。1画面に2ページ入るわけですね。

上下の余白はなくなり、左右に余白が入ります。ナビゲーションバーは横画面でも常に表示されます。

 

画面の中央をタップすると、上下にメニューが出ます。

BOOK☆WALKER 画面の中央をタップでメニュー表示

「共有」「付箋」「ヘルプ」「目次」「付箋を貼った位置にジャンプ」「設定」といった項目があります。

文章モノだとマーカー機能も使えたりします(マンガはマーカー機能なし)。

そのほか画面を2回タップするとページが拡大されるといった機能もありますよ。

使ってみた感想

全体に軽くて使いやすいアプリだと思います。表示もページめくりもスムーズで、気持ちよく本を読むことができます。

はじめのうちは、Kindle本と違って全画面表示ができないのが気になりましたが、読んでいるうちに慣れちゃいますね。

Fire HD8でBOOK☆WALKERを使う

常時表示されるナビゲーションバーもすぐに慣れてくる感じですね。

ページの余白も気になるほどではなく、Kindle本でマンガを読むのと同じような感覚で読めました。操作も全体にシンプルで使いやすいですね。

 

ちなみに、本棚に最初から「BOOK☆WALKER はじめてガイド」が入っていたのは、うれしかったです。

BOOK☆WALKERはじめてガイドがついています

BOOK☆WALKERの使い方がわかりやすく解説されていて、ほんと親切ですね~。

 

また、本棚からダイレクトにストアへ行くことができます。

BOOK☆WALKERストアに行けます

にぎやかな雰囲気で、Kindleとはまた違ったたのしみ方ができそうです。

まとめ

今回はFire HD8タブレットでBOOK☆WALKERを使う方法でした。

Kindle本だけでもかなり満足していたのですが、BOOK☆WALKERもたのしいですね。電子書籍にどっぷりはまってしまいそうです。

ちなみに「恋は雨上がりのように」はKindleでも全巻扱っていますよ!