ただいまの人気記事はこれ!TOP15を公開中

【AviUtl】縦も横もかんたん!動画でオブジェクトや文字を動かす方法

PC

「AviUtl」は動画の中で、オブジェクトをかんたんに動かすことができます。

特に「縦や横への移動」は、動画をたのしく演出してくれます。

たとえばこんな感じ

AviUtlの「移動」を活用してつくってみました。アイデア次第でいろいろな遊び方ができます。

というわけで今回は、AviUtlでオブジェクトを動かす方法をお届けします。

まずはAviUtlの準備から

AviUtl オブジェクトや文字を動かす方法

作業を行う前に、まずはAviUtlの準備をします。

 

1.AviUtlを起動したら、「タイムライン(拡張編集)」と「再生ウインドウ」を表示します。

「タイムライン(拡張編集)」と「再生ウインドウ」を表示

 

2.動かしたいオブジェクトのデータをタイムラインにドロップします。

AviUtl タイムラインにドラッグ&ドロップ

 

3.すると、タイムラインに今入れたオブジェクトのバーが表示されます。

オブジェクトのバーが表示されました

 

AviUtl本体にもオブジェクトが表示されます。

AviUtl本体にもオブジェクトが表示されました

これで準備ができました。

さっそくオブジェクトを動かしてみましょう。

オブジェクトを動かしてみよう

今回は、例としてオブジェクトを横に移動させてみます。

AviUtlでオブジェクトや文字を動かす方法

このキャラクターを右から左へ移動させてみます。

オブジェクトを動かす設定

1.オブジェクトをドラッグして、最終的に表示させたい位置にもっていきます。

AviUtl オブジェクトをドラッグ

 

ここでは、左にもっていきました。ここがゴール地点になります。

ゴール地点の設定

 

2.タイムラインに表示されている「オブジェクトのバー」をダブルクリックします

「オブジェクトのバー」をダブルクリック

 

3.すると、オブジェクトの設定ウインドウが開きます。「X」のところが横移動に関する項目です。

「X」のところが横移動に関する項目

これからこの「X」の部分を設定していきます。

 

4.「X」のボタンをクリックします。

「X」ボタンをクリック

 

5.メニューが開きますので、「直線移動」を選択します。

「直線移動」を選択

 

6.オブジェクトをドラッグして、オブジェクトを最初に出現させたい場所まで持っていきます。

AviUtl スタート地点の設定

先にゴールを決めたので、今度はスタート地点を決めるというわけですね。

 

ここでは例として、右端あたりにもっていきました。

AviUtl 動画のオブジェクトや文字を動かす方法

ちょっとしたコツ

オブジェクトを真横に移動させたい時は、Shiftキーを押しながらドラッグすると真横に移動させることができます。

また、オブジェクトを画面の外までドラッグすると、再生した時に画面外からオブジェクトが出てくるようになります。

 

7.オブジェクトの設定ウインドウをみると、「X」の左右にそれぞれ数字が入っています。

AviUtl 文字やオブジェクトを移動させる

左側がスタートの位置、右がゴールの位置(座標)を表しています。ちなみに、この数字は直接入力することもできます。

これで準備ができました。さっそく再生してみましょう。

スポンサーリンク

さっそく再生してみよう

再生すると、オブジェクトが右から左へ動いていきます。

AviUtl オブジェクトの移動

 

オブジェクトの移動速度は、バーの長さで決まります。長いほど、ゴールに到着する時間が遅くなります。

オブジェクトの移動速度

これでオブジェクトが移動するようになりました。

・・・が、再生をしてみると、ゴールに着いたあと、オブジェクトが消えていることに気づくかと思います。

ゴールに着いたあともオブジェクトを表示する場合は、次のように設定します。

移動後もオブジェクトが表示されるようにする

1.オブジェクトのバーを右クリックします。

オブジェクトのバーを右クリック

 

2.メニューが出ますので、「コピー」を選択します。

「コピー」を選択

 

3.バーの後ろの空白部分を右クリックします。

空白部分を右クリック

 

4.「貼り付け」を選択します。

「貼り付け」を選択

 

5.前のバーと同じものが、後ろにも入りました。これをダブルクリックします。

バーの複製ができました

 

6.設定画面が出ますので、「X」の右側の数字(ゴールの位置)をメモしておきます。

「X」の右側の数字(ゴールの位置)をメモ

 

7.「X」を押します。

Xボタンを押します

 

8.メニューが出ますので、「移動無し」を選択します。

「移動無し」を選択

 

9.「X」の左側に、先ほどメモした数字(ゴールの位置)を入力します。

ゴールの位置を入力

 

これでゴールに着いたあとも、オブジェクトが表示されるようになります。

移動後もオブジェクトが表示されるようになりました

それぞれのバーの役割

AviUtl オブジェクトを移動させる方法 横移動

今やった処理は、「前のバー」と「後ろのバー」それぞれに役割を持たせる方法です。

  • 前のバー:スタートからゴールに移動する役割
  • 後ろのバー:オブジェクトを動かさずに、普通に表示する役割

これで移動後も、オブジェクトが消えることなく表示されるという考え方です。

今回は、後ろにバーを貼りましたが、同じような形になればいいので、最初に長いバーを作ってから分割してもOKです。

いろいろ遊べます

まとめ

今回は、AviUtlでオブジェクトを動かす方法をお届けしました。

ちなみに「X」ではなく「Y」を設定すると、縦への移動ができようになります。もちろん組み合わせて使うこともできます。

動画のバックの音楽は「魔王魂」さんよりお借りしました。動画は自作ですが、一部ゲームのパロディが入っています。

AviUtlの「移動」機能はとても便利ですので、ぜひいろいろと遊んでみてください。

\ まだまだあります /

AviUtlの記事一覧