ただいまの人気記事はこれ!TOP15を公開中

【AviUtl】かんたん&たのしい!動画にカットインを入れてみよう

PC

フリーの動画編集ソフト「AviUtl」はカットインをかんたんに入れることができます。

カットインが入ると、動画に変化がついてたのしい雰囲気になります。

たとえばこんな感じ

AviUtlのカットインを活用してつくってみました。カットインはアイデア次第でいろいろな遊び方ができます。

というわけで今回は、AviUtlでカットインを入れる方法をお届けします。

まずはAviUtlの準備から

【AviUtl】かんたん&たのしい!動画にカットインを入れてみよう

作業を行う前に、まずはAviUtlの準備をします。ここでは例として、新規プロジェクトをつくるところからはじめてみます。

 

1.AviUtlを起動したら、「タイムライン(拡張編集)」を表示します。

AyiUtl「タイムライン(拡張編集)」を表示

 

2.レイヤーの空白のところを右クリックします。

レイヤーの空白のところを右クリック

 

3.メニューが出ますので「新規プロジェクトの作成」を選択します。

「新規プロジェクトの作成」を選択

 

3.お好みの画像サイズやフレームレートを設定します。

 AviUtl 新規プロジェクトの作成

これでAviUtlの準備は完了です。

では、さっそくカットインを入れてみましょう。

カットインを入れてみよう

カットインは次のような形で構成します。

AviUtl カットインのレイヤー構成

レイヤー1の「背景」は、お好みのものを入れていただければOKです(レイヤー1に何も入れないと、黒バックになります)。

カットインを入れるのに必要なのは、「レイヤー2」と「レイヤー3」です。

というわけで、まずは「レイヤー2」の操作からみていきましょう。

カットインの形を決めよう

「レイヤー2」では、カットインの形を決めていきます。

 

1.「レイヤー2」の空白部分を右クリックします。

レイヤーの空白部分を右クリック

 

2.メニューが出ますので、「メディアオブジェクトの追加」から「図形」を選択します。

「メディアオブジェクトの追加」から「図形」を選択

 

3.すると、タイムラインに「円(図形)」というバーが表示されます。

AviUtl カットインを入れる方法

バーは横にドラッグして、長めにしておくと作業がしやすくなります。

 

4.「円(図形)」バーをダブルクリックします。

「円(図形)」バーをダブルクリック

 

5.設定画面が出たら、下のほうにある「円」をクリックして・・・

 AviUtl カットインの設定

 

「四角形」を選択します。

「四角形」を選択

 

6.すると、画面に四角形が表示されます。

画面に四角形が表示

この四角形をカットインの形にしていきます。

 

7.四角形の大きさや辺の長さは、設定画面の「拡大率」「サイズ」「縦横比」で変更することができます。

AviUtl カットインの形を決める

 

数値をいろいろと変えながら、カットインに使いたい形をつくります。

AviUtl カットインの設定

四角形は「縦横比」をマイナスにすると、横長になります。

カットインの形は後から変更できますので、今の段階ではだいたいの形でOKです。

ちょっと便利な方法

作業をするときは、タイムラインの空白部分を右クリックして「フレーム領域外の表示」を選択すると、画面がみやすくなります。

AviUtl「フレーム領域外の表示」

 

この設定をすると、画面の表示サイズを切り替えることができるようになります。

AviUtl 表示設定

フレームの外まで表示できるので、カットインのサイズやバランスがわかりやすくなります。

カットインの形が決まったら、さっそくキャラクターの画像を入れてみましょう。

スポンサーリンク

キャラクターの画像を入れてみよう

1.キャラクターの画像を「レイヤー3」にドロップします。

「レイヤー3」にドラッグ&ドロップ

 

2.すると、「レイヤー3」にキャラクターのバーが表示されます。

キャラクターのバーが表示

バーは横にドラッグして、長めにしておくと作業がしやすくなります。

 

AviUtl本体には、キャラクターが表示されます。

AviUtl本体には、キャラクターが表示

・・・が、このままではキャラクターの位置やサイズが、カットインらしくないので、配置を変えていきます。

 

3.キャラクターのバーをダブルクリックします。

キャラクターのバーをダブルクリック

 

4.設定画面が出ますので、キャラクターの位置を調整します。「X」「Y」「拡大率」を変更して、キャラクターを好きな位置にもっていきます。

AviUtl カットインの設定 位置調整

 

キャラクターは、ドラッグでも移動できます。位置は後からでも変更できますので、今の段階では、だいたいの場所でOKです。

位置が決まりました

 

5.位置が決まったら、キャラクターのバーを右クリックします。

キャラクターのバーを右クリック

 

6.「上のオブジェクトでクリッピング」を選択します。

AviUtl「上のオブジェクトでクリッピング」

 

7.これでキャラクターがカットインの形にはまりました。

カットインの設定ができました

 

ちなみに、クリッピングの設定をしたレイヤーは、下に赤いラインが表示されます。

AviUtl クリッピングの設定

これでカットインの形ができました。

が、このままではただの静止画なので、カットインらしく動かしてみます。

カットインらしく動かしてみよう

1.レイヤー2の「四角形(図形)」バーをダブルクリックします。

「四角形(図形)」バーをダブルクリック

 

2.設定画面が出ますので、右上の「+」をクリックします。

右上の「+」をクリック

 

3.「ワイプ」を選択します。

AviUtl「ワイプ」を選択

 

4.すると、設定画面の下に「ワイプ」の項目が追加されます。

「ワイプ」の項目が追加されました

 

5.いちばん下にある「ワイプ(円)」をクリックします。

「ワイプ(円)」をクリック

 

6.「ワイプ(横)」を選択します。

「ワイプ(横)」を選択  

これで、画面横からカットインが入るようになります。

 

7.ワイプの設定は、最初は「アウト」を0にしてみましょう。

AviUtl カットインを入れる方法 ワイプの設定

 

これで再生してみると、画面のサイドからワイプが現れて

AviUtl カットイン

AviUtl カットインの例

 

いちばん端までいきます。

AviUtl カットインを入れてみよう

こうして様子をみながら、ワイプの設定をしていきます。

設定によって、カットインのスピードや入る方向が変わりますので、いろいろと遊んでみてください。

カットインの装飾をしてみよう

カットインは背景の色を変えたり、ふちどりをつけたりできます。

AviUtl カットインの装飾

カットインの背景の色を変えてみよう

1.カットインの背景を変えるときは、「四角形(図形)」バーをダブルクリックします。

「四角形(図形)」バーをダブルクリック

 

2.「色の設定」をクリックします。

「色の設定」をクリック

 

3.これで背景を好きな色にすることができます。

AviUtl カットインの背景色を変更する

 

このように、背景に好きな色をつけることができます。

AviUtl カットインの背景色を変更

ふちどりをつけてみよう

1.カットインにふちどりをつけるときは、「四角形(図形)」バーをダブルクリックします。

カットインにふちどり

 

2.設定画面が出ますので、右上の「+」をクリックします。

右上の「+」をクリック

 

3.「縁取り」を選択します。

「縁取り」を選択

 

4.すると、このように「縁取り」の項目が追加されます。

「縁取り」の項目が追加されました

 

「サイズ」や「ぼかし」の数値を変えて、お好みの形になればOKです。

カットインにふちどりが入りました

ちょっとこだわりたい方は

上の設定でふちどりを入れた場合、カットインの右端にもふちどりがつきます。

AviUtl カットインにふちどり

次の設定を行うと、この右端のふちどりをなくすことができます。

 

1.「四角形(図形)」バーをダブルクリックします。

「四角形(図形)」バーをダブルクリック

 

2.「縁取り」のところで右クリックします。

「縁取り」のところで右クリック

 

3.「フィルタ効果を上に移動」を選択します。

「フィルタ効果を上に移動」を選択

 

すると、「縁取り」の項目が1つ上に移動します。

縁取りが1つ上に移動しました

 

4.これでカットインの端のラインが消えました。

カットインの端のラインが消えました

このように、AviUtlではカットインをたのしくする機能が揃っています。

いろいろ遊べます

まとめ

今回は、AviUtlでカットイン入れる方法をお届けしました。動画は自作ですが、一部ゲームのパロディが入っています。

バックに流れている音楽は「魔王魂」さんよりお借りしました。

AviUtlのカットイン機能はとても便利ですので、ぜひいろいろと遊んでみてください。

\ まだまだあります /

AviUtlの記事一覧

スポンサーリンク
PC
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。