ただいまの人気記事はこれ!TOP15を公開中

【かんたん】AviUtlでゆっくりを震えさせる方法

PC

ゆっくり実況動画を作っていると、「ここでゆっくりを震えさせたい」というシーンが出てきます。

そこで今回は、ゆっくりをAviUtlでかんたんに震えさせる方法をお届けします。

こんな感じで震えます

この例のほかにも、AviUtlを使うといろいろな震え方をさせることができます。どなたでもかんたんにできますよ。

まずは準備から

ゆっくりをAviUtlで震えさせる方法

今回の方法では、ゆっくりにAviUtlで「震える」の効果をかけます。

「ゆっくりMoviemaker」にも「震える」がありますが、AviUtlでやったほうがかんたんで、調整もしやすくなります。

そのため、「ゆっくりMoviemaker」でキャラクターを震えさせる必要はありません。

「ゆっくりMoviemaker」で作った動画データ

また、「ゆっくりMoviemaker」で作った動画データは、AviUtlで読み込めるように、必ず「○○○.exo」というファイル形式で出力(書き出し)します。

AviUtlの準備をしよう

まずはAviUtlの準備をしていきます。

AviUtlは、「拡張編集Plugin」で拡張編集(タイムライン)の表示ができることが前提となります。

AviUtl「拡張編集Plugin」拡張編集(タイムライン)の表示

このタイムライン(拡張編集)を使って、「震える」の効果をかけていきます。

\ AviUtlの導入方法はこちら /

AviUtlを導入してみよう

タイムラインの表示方法

1.「AviUtl」を起動します。

「AviUtl」を起動

 

2.「設定」から「拡張編集の設定」を選択します。

「拡張編集の設定」を選択

 

3.「タイムライン(拡張編集)」が表示されます。

「タイムライン(拡張編集)」が表示されました

データを読み込もう

1.AviUtlのタイムラインに、「ゆっくりMoviemaker3」で出力したexoファイルをドラッグ&ドロップします。

「ゆっくりMoviemaker3」で出力したexoファイルをドラッグ&ドロップ

 

2.するとタイムラインに、「ゆっくりMoviemaker」で作ったデータが読み込まれます。

「ゆっくりMoviemaker」で作ったデータが読み込まれました

 

3.AviUtl本体には動画のプレビューが表示されます。

AviUtl本体には動画のプレビューが表示

画像が表示されるので、これが再生画面のようにみえますが、この画面は編集用のプレビュー画面です。

というわけで、再生用のウインドウを別に表示します。

再生ウインドウを表示しよう

1.AviUtl本体の「表示」から「再生ウインドウの表示」を選択します。

「再生ウインドウの表示」を選択

 

2.すると「再生ウインドウ」が表示されます。

AviUtl「再生ウインドウ」が表示されました

 

3.画面上に「再生ウインドウ」「AviUtl本体」「タイムライン」が表示されていればOKです。

AviUtlの準備

これでAviUtlの準備ができました。

では、さっそく実践に入りましょう。

ゆっくりを震えさせてみよう

AviUtlでゆっくりを震えさせる方法

作業をするにあたって、まずはタイムラインの見方を知っておくと便利です。

タイムラインの見方

タイムラインでは、青色のバーがキャラクターの表情と口パクにあたります。

AviUtl 青色のバーがキャラクターの表情と口パク

1キャラにつき、「表情のバー」と「口パクのバー」が1本ずつあります。

 

これから使う「震える」の効果は、この青いバーの下のレイヤーに入れます。

「効果」を入れるレイヤー

そうすることで、キャラクターをかんたんに震えさせることができます。

 

また、この方法を使うと、キャラクターが口パクをしている場合も、口パクを継続したまま震えさせることができます。

では、さっそくゆっくりを震えさせてみましょう。

ゆっくりを震えさせてみよう

1.タイムラインの縦のバーをドラッグして、キャラクターを震えさせたいタイミングを探します。

キャラクターを震えさせたいタイミング

 

震えさせるタイミングは、「AviUtl本体のプレビュー画像」や「再生ウインドウ」を見ながら探すと見つけやすいかと思います。

AviUtl ゆっくりを震えさせる

 

ここでは例として、左のキャラを震えさせてみます。

震えさせるキャラクター

 

2.震えさせるタイミングが決まったら、そのキャラの下にあるレイヤーの空白部分を右クリックします。

レイヤーの空白部分をクリックします

 

3.メニューが出ますので「メディアオブジェクトの追加」→「フィルタ効果の追加」とすすみ・・・

「メディアオブジェクトの追加」→「フィルタ効果の追加」

 

「アニメーション効果」を選択します。

「アニメーション効果」を選択

 

4.すると「アニメーション効果」というウインドウが表示されます。

AviUtl「アニメーション効果」

 

そして、タイムライン上には「震える」と書かれたバーが表示されます。

「震える」と書かれたバーが表示

この「震える」バーを使って、震えるタイミングや長さを変えていきます。

 

5.「震える」バーは、ドラッグで位置や長さを変えることができます。

ドラッグで位置や長さを変えることができます

 

また、「アニメーション効果」の数値を変えると、震え方が変わります。

AviUtlのアニメーション効果「震える」

震える幅や角度、震える間隔をいろいろと変えることができます。

震え具合や震える長さは、「再生ウインドウ」で再生しながら確認すると調整しやすいかと思います。

このように、AviUtlでは震えるタイミングや長さを好きなように調整することができます。

いろいろ遊んでみよう

「振動」という効果もあります

「震える」で震え具合がしっくり来ない方は、「振動」という効果もあります。

 

1.震えさせたいタイミングを決め、そのキャラの下にあるレイヤーの空白部分を右クリックします。

レイヤーの空白部分を右クリック

 

2.メニューが出ますので、「メディアオブジェクトの追加」→「フィルタ効果の追加」から「振動」を選択します。

「メディアオブジェクトの追加」→「フィルタ効果の追加」から「振動」を選択

 

3.「振動」のウインドウが表示されます。

AviUtl「振動」のウインドウが表示

 

また、タイムラインには「振動」のバーが表示されます。

「振動」のバーが表示

 

4.「振動ウインドウ」の数値や設定を変えると、振動の度合いが変わります。

AviUtl「振動」

 

また、タイムラインの「振動」バーの位置や長さを変えると、振動するタイミングや長さを変更することができます。

振動するタイミングや長さを変更

まとめ

今回は、AviUtlでゆっくりを震えさせる方法をお届けしました。

AviUtlを使うと、このようにかんたんに震えさせることができます。よかったら参考にしてみてくださいね。

\ まだまだあります /

AviUtlの記事一覧