Googleアナリティクス「ユーザーデータとイベントデータの保持」とは

Googleアナリティクス「ユーザーデータとイベントデータの保持」の設定方法

今回は、Googleアナリティクスの「ユーザーデータとイベントデータの保持」についてです。

Googleアナリティクスでは2018年5月25日から、データの保持期間が過ぎた特定のデータを自動で削除するとしています。

「古いデータは全部消えちゃうの!?」と思う方もいるかもしれませんが、まずはこの点を理解しておくと安心です。

  • 消えるのは訪問者のプライバシーに関するデータ(ユーザーデータとイベントデータ)のみ
  • それ以外のデータが消えるわけではない

つまり、消えるのは「訪問者ごとの行動(たとえば訪問回数や滞在時間、どんなページをみたか・クリックしたかなど)」といった、訪問者のプライバシーに関するデータということになります。

ですので、サイトのアクセス数などのデータはちゃんと残ります。全部のデータが消えるわけではないということですね。

そしてもう1つ重要なのは、これからはデータの保持期間を自分で決めるようになります。

保持期間は、デフォルトでも26ヶ月(2年2ヶ月)に設定されているので、特に問題がなければそのままでもよいと思います。

が、しくみを知っておくと便利なので、今回は設定とあわせて各ポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

ユーザーデータとイベントの保持期間を設定する

データの保持期限は自分で決めます。デフォルトでは26か月になっています。

保持期間の設定方法

1.Googleアナリティクスにログインし「管理」をクリックします。

Googleアナリティクス 管理をクリック

2.「プロパティ」の項目にある「トラッキング情報」をクリックします。

トラッキング情報をクリック

3.「データ保持」をクリックします。

データ保持をクリック

4.データの保持期間を決める画面になります。デフォルトでは26ヶ月になっています。

保持期間はデフォルトで26か月

5.期間をクリックすると、保持期間を選べるようになります。

データの保持期間を選択できます

期間は「14か月 / 26か月 / 38か月 / 50か月 / 自動で期限切れにならない」の中から任意のものを選ぶことができます。

よくわからないときは「自動で期限切れにならない」を選んでおけば、ずっと保持されますよ。

自動的に期限切れにならない

ちなみに・・・

今回の仕様は、EUの「一般データ保護規則」に準拠したものです。EUと取引等ある方は、「自動で期限切れにならない」は選ばずに、具体的な期限を設定しましょう。

「新しいアクティビティをリセット」とは

つづいて、保持期限の下にある「新しいアクティビティをリセット」という項目をみてみましょう。

オンとオフが選べるようになっていますが、通常は「オン」のままでOKです。

「新しいアクティビティをリセット」とは

オンとオフの違い

ちょっとややこしいですが、解説します。

「新しいアクティビティをリセット」は、訪問者ごとのデータを期間内にリセットするかどうかを設定するものです。

たとえばデータの保持期間が26か月のサイトに、Aさんという訪問者がいたとします。

オンにすると、Aさんが訪問した最後の日(月)から26か月、Aさんのデータが保持されます。

期間中にまた訪問すれば、そこからまた26か月保持されるようになります。つまり、保持期間が延びていくわけですね。これがオンです。

オフにすると、26か月のデータ保持期間中にAさんがいつ訪問しても、保持期間が変わることはありません。26か月を過ぎるとデータが自動で消去されます。

というわけで、通常はオンのままでいいですよ!

まとめ

今回は、Googleアナリティクスの「ユーザーデータとイベントデータの保持」についてでした。

保持期間の適用範囲は、Googleアナリティクスのヘルプにも書かれています。

保持期間は、Cookie、ユーザーの識別子(例: ユーザー ID)、広告 ID(DoubleClick Cookie、Android の広告 ID、Apple 広告主向け識別子など)に関連付けられたユーザー単位やイベント単位のデータに適用されます。

 
また、その他のデータについても
集約されたデータは影響を受けません。

とアナウンスされています。

自動で消去されるデータは「ユーザーデータ」「イベントデータ」のみというのが、重要なところですね。

ちなみに、データの保持期間を変更すると反映されるまでに24時間かかります。

変更を考えている方は早めにしておくと安心ですよ。

スポンサーリンク