【外付けハードディスク】I-O DATA「EX-HD3CZ」レビュー

I-O DATAの外付けHDD「EX-HD3CZ」を使い始めて1ヶ月ほど経ちました。

1万円ほどで買える3TBのハードディスクということで、気になっている方も多いかと思います。

私もその1人だったのですが、購入するまでずいぶんと迷いました。

というのも、私はPC用として使いたかったのですが、テレビに使っている人のレビューが多く、なかなか実態がつかめなかったんですね。

というわけで、実際にPC用として使ってみた感想を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

実際に使えるのは 2.72TB

3TBまるまる使えるわけではないので注意が必要です。

パッケージでは3TBのハードディスクとなっていますが、実際に使えるのは 2.72TBです。

【外付けハードディスク】I-O DATA「EX-HD3CZ」実際の容量

基本的にどのハードディスクも、容量をまるまる使えないのが仕様ですので、この点については特に問題はないかと思います。

対応OS

「EX-HD3CZ」は、パソコン・テレビ・ゲーム機などに使える外付けハードディスクです。

PCでは次のOSに対応しています。

  • Windows 10/Windows 8.1/Windows 8/Windows 7
  • macOS 10.12 ~ 10.13/OS X 10.9 ~ 10.11

バスパワー駆動ではないので、電源はACアダプターを使ってコンセントからとります。

わたしはWin7で使っていますが、ばっちり動作していますよ!

EX-HD3CZの外観

「EX-HD3CZ」の本体はプラスチックでできています。

【外付けハードディスク】I-O DATA「EX-HD3CZ」外観 コード部分

デザインも非常にシンプルで、全体的にチープな印象があります。

正直、高級感はないですね~。

電源スイッチはナシ

「EX-HD3CZ」には、電源をON/OFFにするスイッチはついていません。

PCの電源に連動して起動します。

つまり、PCがONになれば「EX-HD3CZ」も起動し、PCがスリープやOFFになれば「EX-HD3CZ」もOFFになります。

電源ランプ

起動している時は、青いランプがつきます。

ボディの耐久性

「EX-HD3CZ」の外観はプラスチックなので、外からのダメージには強くなさそうです。

据え置きタイプなので、移動させる機会は少ないかと思いますが、外部からの衝撃がいかないように注意する必要があります。

縦置き・横置きで接地する面には、四隅にゴムがついています。

コード部分はUSBと電源用のみ

I-O DATA「EX-HD3CZ」はバスパワー駆動ではないので、付属のACアダプターをコンセントに挿して使います。

【外付けハードディスク】I-O DATA「EX-HD3CZ」コードはUSBとACアダプターのみ

上の太いほうがUSBケーブル、下がACアダプターのコードです。

USBケーブルをPCに、ACアダプターをコンセントに挿して使います。

横置き

横置きすると左がUSB、右がACアダプターのコードになります。ちなみにUSBは3.0対応です。もちろん2.0でも使えます。

セッティングは、USBとACアダプターをつなぐだけ

I-O DATA「EX-HD3CZ」で使うコードは、USBとACアダプターだけです。この2つをつなげば、すぐに使うことができます。

電源のON/OFFスイッチはなく、PCのON/OFFに連動して動作します。

動作時の音

何気に重要ポイント、「動作音」についてです。

Amazonのレビューをみると、「音が気になる」という声と「静か」という声があります。

この点は私もずいぶんと気になっていたのですが、使ってみて次のことが分かりました。

縦置きだと気になるが、横置きは静か

なんと縦置きと横置きでまったく印象が変わりました。

PCのそばに設置していたのですが、縦置きにしていると「ゴトッ、ゴトッ」という音が頻繁にします。

壁の奥をたたいているような音というのでしょうか、低音でよく響き、かなり気になるレベルでした。

あまりに気になるので、横置きにしたところ、非常に静かになりました。

ただ、まったくの無音ではなく、わずかに「シュイーン」という音が聞こえます。が、ほぼ気にならないレベルといってよいかと思います。

使用感

最初は縦置きしていたこともあり、音のうるささに「こりゃ失敗したかなあ」と思いましたが、横置きにして評価が変わりました。

音も静かになり、特に気になる点もなくふつうに使えています。ほぼ毎日使っていますが、不具合や動作の不良もないですね。

3TBもあるので、気兼ねなくデータを保存できるのはうれしいところです。

縦置きか横置きか

だんぜん「横置き」がオススメです!

スペースの問題がなければ、横置きがおすすめです。倒れる心配がありませんし、音も静かです。

「EX-HD3CZ」は、側面が約17.2cm×11.5cm、厚さが3.4cmほどになっています。

縦置きにすると見た目はスマートですが、少しの衝撃で倒れそうな不安定さを感じます。

【外付けハードディスク】I-O DATA「EX-HD3CZ」縦置きはやや不安定か?

また、縦置きにすると、動作音が気になる場合もあります。

私も最初は縦置きでしたが、一度横にしてからはずっと横置きにしています。

パッケージ

パッケージは、フラストレーションフリーパッケージです。簡易梱包です。

【外付けハードディスク】I-O DATA「EX-HD3CZ」簡易梱包 フラストレーションフリーパッケージ

装飾などはなく、質素なダンボールに商品のシールが貼られているだけです。

ふつうのパッケージをイメージしていると、びっくりするかも!

まとめ

今回は、I-O DATAの外付けHDD「EX-HD3CZ」のレビューでした。

縦置きの時は失敗したかな・・・と思いましたが、横置きにして評価が一転しました。

1万円ほどで3TBのハードディスクが買えて、ストレスなしで使えている。コストパフォーマンスは非常によいかと思います。

迷っている方がいたら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コストパフォーマンス抜群の3TBの外付けHDDです。
スポンサーリンク