ポイントが貯まる!Amazonでお得に買い物をしてみよう

Photoshopでドット絵を描く方法

ドット絵

PhotoshopでFF風のドット絵をつくってみました。今回は白魔道士バージョンです。

 

PhotoshopでFF風のドット絵 原寸 PhotoshopでFF風のドット絵 拡大した例 PhotoshopでFF風のドット絵 拡大  PhotoshopでFF風のドット絵

 

いちばん左が原寸で、右の3つが拡大したものです。

ドット絵というと、EDGEやAsepriteなどの専用ソフトが有名ですが、Photoshopも描きやすいですね。

というわけで今回は、Photoshopでドット絵を描く方法をお届けします。

ドット絵用のカンバスのつくりかた

Photoshopでドット絵を描く時は、最初にドット絵用のカンバスをつくります。

はじめのうちは、カンバスサイズを小さめでつくるのがおすすめです。

ここでは例として、マス目の入った「16×16px」のカンバスをつくってみます(画像は、マス目がわかりやすいように拡大しています)。

ドット絵用カンバス

カンバスのつくりかた

1.メニューバーの「ファイル」から「新規」をクリックします。

新規作成

 

2.「幅」と「高さ」を設定します。単位は「Pixel」にします。今回は、16×16pxのものをつくってみます。

カンバスサイズの設定

 

3.カンバスができました(わかりやすいように拡大しています)。

カンバスができました

・・・が、これは「背景用のレイヤー」なので、このままドット絵を描くと、あとから背景とドット絵を切り離すのが大変になってしまいます。

それを防ぐために、このレイヤーの上にドット絵用のレイヤーをつくります。

ドット絵用のレイヤーをつくる

1.レイヤーパレットの下のアイコンから「新規レイヤー」を作成します。

新規レイヤーの作成

 

2.するとこのように、背景レイヤーの上に新しいレイヤーができます。

ドット絵用のレイヤー

このレイヤー上にドット絵を描いていきます。

 

見た目は同じですが、ドット絵を描く時は、このように専用のレイヤーをつくって作業していきます。

ドット絵を描くカンバス

 

つづいて、カンバスにマス目(グリッド線)を表示します。

マス目を表示する

ドット絵を描く時は、このようにカンバスにマス目を表示しておくと、ドットを打つ位置がわかりやすくなります。

カンバスにマス目表示

 

1.メニューバーから「編集」→「環境設定」とすすみ、「ガイド・グリッド・スライス」をクリックします。

編集をクリック

ガイド・グリッド・スライス

 

2.いろいろな項目が表示されますが、ここでは「グリッド」の項目を設定していきます。

グリッドの設定

まずは、マス目の線の色から決めていきましょう。

マス目の線の色を決める

1.「カラー」の横のタブをクリックします。

グリッド線の設定 カラー

 

2.色の選択ができるようになります。

カラーの選択

色は好きなものでOKです。今回は「ライトブルー」を選択してみます。

つづいて、マス目の数を決めていきます。

マス目の数を決める

今回は「16×16px」なので、それにあわせてマス目を入れます。

 

1.「グリッド線」と「分割数」の両方に「16」を入れます。

マス目の数を設定

ここに入れる数字は、カンバスのサイズによって変わります。32×32pxなら「32」を、64×64pxなら「64」というように、カンバスの一辺と同じ数字を入れます

 

2.ここまで設定できたら「OK」をクリックします。

OKをクリック

 

・・・が、この段階ではまだマス目が反映されていません。表示させるには、もうひと手間必要です。

まだマス目(グリッド線)が表示されていません

 

3.メニューバーから「表示」→「表示・非表示」とすすみ、「グリッド」にチェックを入れます。

表示をクリック

グリッドにチェック

 

これでマス目(グリッド線)が表示されるようになりました。

マス目(グリッド線)が表示されました

マス目のつくりかた 応用編 

マス目のほかに、カンバスに中心線を入れることもできます。

中央にガイド線

 

設定は簡単で「グリッド線」と「分割数」に、カンバスの一辺の半分の数字を入れます。

グリッドの設定

今回は一辺が16pxなので、半分の「8」を入れるというわけですね。

 

するとこのように、カンバスにガイド線が入ります。

カンバスの中央にグリッド線が入りました

中心線は必須ではありませんが、慣れるまではひいておくといいかもれません。

入れる数字は32×32pxなら「16」、64×64pxなら「32」というように、一辺の半分の数字を入れればOKです。

 

これでカンバスの準備ができました。

今回は16×16pxのカンバスを作ってみましたが、描きたい絵にあわせて、任意のサイズで作ってみてください。
スポンサーリンク

ドット絵を描く準備

では、さっそくドット絵を描いてみましょう。

FF風のドット絵 白魔道士

ドット絵は「鉛筆ツール」を使って描いていきます。

鉛筆ツールの設定

1.ツールバーから「鉛筆ツール」を選択します。

鉛筆ツール

 

2.メニューバーの下の赤で囲んだ部分をクリックします。

鉛筆ツールの設定

 

3.鉛筆の直系を設定できる画面になります。直径を「1px」に設定し、硬さを「100%」にします。

鉛筆ツール 直径・硬さの設定

色を決めよう

つづいて、ドット絵を描く色を決めます。最初は「線」の色から決めるとやりやすいかと思います。

 

ツールバーから「カラー設定」をクリックすると

カラーの設定

 

カラーピッカーが開きます。ここで色を決めることができます。

カラーピッカー

 

また、メニューバーの「ウインドウ」から「スウォッチ」にチェックを入れておくと

スウォッチ

 

このようなパレットから色を選ぶことができます。

スウォッチ 色を選ぶ

線の色は好きな色でOKですが、はじめのうちは黒っぽい色がやりやすいかと思います。

これで準備は完了です。さっそく描いてみましょう。

ドット絵を描いてみよう

マス目をクリックすると、1マス(1ドット)に色が入ります。また、ドラッグすると、線をひくことができます。

ドット絵の描き方

また、Shiftキーを押しながらドラッグすると、まっすぐな線が引けます。

うまくいかない時は、線を引き始めてからShiftキーを押すようにするとうまくいきます。

 

ドットを間違って打ってしまった時は、ツールバーの「消しゴムツール」を使います。

消しゴムツール

 

直径を「1px」、モードを「鉛筆」、硬さを「100%」にしておくと、1クリックで1マス消せるようになります。

消しゴムツールの設定

 

また、描いている際に、ドットが思うように打てない時は、メニューバーの「表示」から「スナップ」のチェックをはずすと、補正が解除されて描きやすくなります。

表示をクリック

スナップのチェックをはずす

便利なショートカットキー

ドット絵を描いていると、描く・消す・色を変えるなど、ツールの切り替えが多くなります。

そこで便利なのが「ショートカットキー」です。これを使うと、ツールバーなどをいちいちクリックしなくても、瞬時にツールを切り替えることができます。

よく使われるのは、次のショートカットキーです。

  • Bキー 鉛筆ツール
  • Eキー 消しゴムツール
  • Iキー スポイトツール
  • Mキー 選択ツール
  • Vキー 移動ツール

全部を覚えなくても、「B:鉛筆ツール」と「E:消しゴムツール」を使うだけでも、作業がかなりスムーズになります。

ドット絵を確認する

ドット絵が描けたら、マス目の表示を消してみて、全体を確認してみましょう。

ここでは16×16pxよりも少し大きいサイズでつくってみました。

ドット絵の確認

 

メニューバーから「表示」→「表示・非表示」とすすみ、「グリッド」のチェックをはずします

表示をクリック

グリッドのチェックをはずす

 

マス目の表示がなくなり、全体のようすがわかるようになりました。

マス目(グリッド線)の表示がなくなりました

ドット絵を保存してみよう

ドット絵ができたら、画像として保存します。

・・・が、ここでひとつ問題があります。

Photoshopで作業しているとあまり気づかないのですが、ドット絵というのはすごく小さいんですね。

上のドット絵でいえば、これが原寸です。

 

元のドット絵

 

そう、本当に小さいんですね。

画像として保存するときは、これを拡大する必要があります。

 

ですが、Photoshopの「画像解像度」から拡大しようとすると、このようにぼやけてしまうことが多くあります。

Photoshopでドット絵 拡大するとぼやけてしまう

これは、保存形式が「自動」になっている時に起こりやすい現象で、次の設定をすることで解消できます。

 

「再サンプル」のところを「ニアレストネイバー法(ハードな輪郭)」に設定します。

ニアレストネイバー法で保存

これで、ぼやけることなく拡大することができます。

 

ドット絵 元のサイズ ドット絵を拡大1 ドット絵を拡大2  ドット絵を拡大3 

 

ドット絵の拡大のしくみについては、こちらの記事でくわしく解説しています。

【キレイに拡大】ドット絵がぼやけない拡大方法
Asepriteを使ってFF風のドット絵を描いてみました。 さすがドット絵に特化したペイントソフトだけあって、こうしたドット絵も簡単にできちゃいますね。 もちろんアニメーションも簡単にでき...

おしまいに

今回は、Photoshopでドット絵を描く方法でした。

カンバスの準備など少し手間がかかる部分はありますが、描くこと自体は非常にやりやすいかと思います。

よかったら参考にしてみてくださいね。