ポイントが貯まる!Amazonでお得に買い物をしてみよう

【Asepriteでドット絵】知っておくと便利な操作&機能

Aseprite

Asepriteで作ったFF風のドット絵をアニメーションにしてみました。

 

FF6風勝利のポーズ アニメーション

 

FF6の勝利のポーズのように、回転してからバンザイするようにしてみました。

何気にバンザイも2種類あって「ジャンプしてバンザイ」と「背伸びしてバンザイ」が交互に入るようになっています。ジャンプもいいけれど、背伸びのほうがかわいいかも。

 

こちらは試作バージョン。回転+ジャンプしてバンザイです。

FF6風ドット絵 テスト

 

さて、本題です。

ドット絵を描いていると、描いたり消したり全体を確認したりと、ツールや操作を切り替える場面が多々あります。

1つ1つの切り替えは短い時間でも、それが積み重なるとけっこうな時間のロスになります。

というわけで今回は、Asepriteでドット絵を描くときに知っておくと便利な操作を紹介します。

作業の時間短縮にもつながりますので、よかったら参考にしてみてください。

表示サイズを変更する

ドット絵を描いていると、表示サイズを変えて、ようすを確認したくなることがあります。

Asepriteでは、様々な方法で表示サイズを変えられます。

簡単な変更方法

表示サイズの拡大縮小は、次のいずれかの方法を使うと簡単です。

  • Ctrlで拡大、Ctrlで縮小
  • マウスのホイールで拡大縮小

どちらも拡大縮小がスムーズにできますので、覚えておくと便利です。

表示サイズの拡大縮小

ズームツールでの変更

また、ツールバーの「Zoom Tool」でも拡大縮小ができます。

Aseprite ズームツール

操作は「左クリックをすると拡大」「右クリックをすると縮小」です。

Zoom Toolはツールバーから選択するほか、Zキーを押すと瞬時にZoom Toolに切り替わります。

スライダで変更

キャンバスの表示サイズは、画面右下の「Zoom Level」からも変更できます。

使うときは、数字の部分をクリックします。

Zoom Level

 

スライダが表示され、表示サイズを変更できます。

表示サイズの変更

作業の取り消し・やり直し

間違えてドットを打った時など、作業を取り消したい時は、CtrlZ取り消しができます。

押すごとに1手ずつ戻っていきます。

また、CtrlYを押すと、取り消した作業をやり直すことができます。こちらも1手ずつです。

この性質を利用して、たとえば CtrlZで前に戻りすぎた時に、CtrlYで1手ずつもとに戻していく、といった使い方もできます。

選択ツール

選択ツールを使うと、選択した部分を移動させることができます。

 

ここでは例として、このドット絵の後頭部を修正してみます。

選択ツールの使用例

後頭部が少し後ろに長い感じなので、1ドット分縮めてみます。

 

1.ツールバーから選択ツールを選択します。

Aseprite 選択ツール

 

2.ドラッグして後頭部を囲みます。

選択ツールで選択

 

3.囲んだところをドラッグすると、囲んだところをそのまま移動させることができます。

選択ツールで移動

ここでは1ドット分、左に移動してみました。

 

4.CtrlDで選択が解除されます。

選択ツールが適用されました

後頭部を1ドット分、縮めることができました。

 

また、「選択ツール」の枠にある□をドラッグすると、選択部分の拡大縮小ができます。

ショートカットキー

よく使うツールはショートカットキーを使うと、瞬時に切り替えることができます。

ここでは、覚えておくと便利なショートカットキーを紹介します。

「L」ラインツール 

ラインツール

作業中にLキーを押すと、ラインツールに切り替わります。

よく使うツールですので、このショートカットだけでも覚えておくと便利です。

「E」消しゴムツール 

消しゴムツール

作業中にEキーを押すと、「消しゴムツール」に切り替わります。

ラインツールのショートカットキーとあわせて覚えておくと、ドットを打つ・消すの切り替えがとても速くなります。

「M」選択ツール

選択ツール ショートカットキー「M」

作業中にMキーを押すと、「選択ツール」に切り替わります。

「選択ツール」を使うと、選択した部分を移動させたり、拡大縮小させたりすることができます。

また、選択した状態でCtrlCを押すと選択範囲をコピーすることができ、CtrlVでコピーしたものを貼り付け(ペースト)できます。

「V」移動ツール

Move Tool

作業中にVキーを押すと、移動ツールに切り替わります。

ドット絵をまるごと移動させたい時に便利です。

「I」スポイトツール

スポイトツール

作業中にIキーを押すと、スポイトツールに切り替わります。

ドット絵に使った色を拾うのに便利です。

ショートカットキーをカスタマイズする

ショートカットキーは、自分で使いやすいように編集することもできます。

 

1.メニューバーの「Edit」から「Keybord Shortcuts」を選択します。

ショートカットキーの設定

キーボードショートカットを選択

 

2.ショートカットキーの設定画面になります。

ショートカットキーの設定

各操作に好きなキーを割り当てることができます。

右クリックのカスタマイズ

Asepriteはキーボード操作だけでなく、マウスの右クリックもカスタマイズできます。

右クリックに「よく使う操作」を割り当てておくと、ドット絵を描く効率が格段にアップします。

右クリックのカスタマイズは、こちらの記事でくわしく解説しています。

【右クリックでスポイトなど】Asepriteの操作をカスタマイズしてみよう
今回は、ドット絵ソフト「Aseprite」の操作をカスタマイズする方法をお届けします。 初期設定のままでも十分に使いやすいAsepriteですが、マウスやキーボードの設定をカスタマイズすると、より使...

パレットの使い方

Asepriteはパレットを自分好みにアレンジしたり、パレット上で中間色をつくることができます。

知っておくと便利!Asepriteのパレットの使い方
Asepriteはとても便利なソフトですが、操作が独特なところが多々あります。 中でも「パレット」関連の操作はかなり独特で、使い方に困っている方もいるかと思います。 というわけで今回は、Asepr...

レイヤーをつかってみよう

オブジェクトを複数描くときや、アニメーションを作るときは「レイヤー」を分けると便利です。1つのレイヤーで作業するよりも格段に効率が上がります。

レイヤーについては、こちらの記事でくわしく解説しています。

【ドット絵】Asepriteのレイヤーの使い方
Asepriteでドット絵の歩行アニメをつくってみました。 スライムみたいな生物が、ぴょこぴょこしながらついてきます。 「背景」と「キャラクター」など、ドット絵で前後に重なるものをつく...

ドット絵に輪郭線やふちどりをつける

ドット絵に輪郭線やふちどりを入れるときは、こんな方法もあります。

【Aseprite】ドット絵にふちどりをつける簡単な方法
Asepriteで小さなドット絵をつくってみました。 レトロなゲームに出てきそうな感じの頭身です。ついでにアニメーションもさせてみました。 動きはみんな同じなのですが、キャ...

ドット絵がぼやけない拡大方法

ドット絵を拡大すると、設定によってはぼやけてしまうことがあります。

ぼやけてしまう場合の対処法とその理由をこちらの記事にまとめています。

【キレイに拡大】ドット絵がぼやけない拡大方法
Asepriteを使ってFF風のドット絵を描いてみました。 さすがドット絵に特化したペイントソフトだけあって、こうしたドット絵も簡単にできちゃいますね。 もちろんアニメーションも簡単にでき...

同じパターンを並べるときは

「タイル」や「地面」など、同じパターンを並べる時は、「パターンブラシ」を使うと便利です。

パターンブラシを使うと、このように同じパターンを簡単に並べることができます

Aseprite パターンブラシ

パターンブラシについては、こちらの記事でくわしく解説しています。

【Aseprite】同じパターンを並べるときは、パターンブラシを使ってみよう
今回は、Asepriteのパターンブラシの使い方をお届けします。 この機能を使うと、ドット絵の「タイル」や「地面」など同じパターンを繰り返したい時に便利です。 たとえば、このようなタイルを並べ...

アニメーションを作ってみよう

Asepriteは、ドット絵をアニメーションにして動かすこともできます。

【Aseprite】ドット絵を動かしてみよう。アニメーションの作りかた
「Aseprite」はドット絵を描くだけでなく、ドット絵をアニメーションにして動かすこともできます。 ただ、操作が独特で「使い方がいまいち分からない」という方もいるかと思います。 とい...

おしまいに

今回はAsepriteでドット絵を描くときに、知っておくと便利な操作についてでした。

Asepriteには様々な機能がありますが、今回紹介した機能を使うだけでも、かなり効率よく作業ができると思います。

よかったら参考にしてみてくださいね。

 

Asepriteを使いはじめたばかりの方は、こちらの記事で使い方の基本を解説しています。

Asepriteでドット絵を描くには ~最初の設定とAsepriteの使い方~
Steamで買った「Aseprite」でドット絵を描いています。   まずは小さいキャラを描いているのですが、これ、すごくいいソフトですね。   操作が気持ちよく、使っていてすごく...