ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

USBメモリをNTFS形式でフォーマットする方法

PC

パソコンを購入したところ、リカバリメディアをつくるのに「NTFS形式でフォーマットされたUSBフラッシュドライブが必要」とありました。

USBフラッシュドライブとは、いわゆる「USBメモリ」のことです。

USBメモリ(USBフラッシュドライブ)

家電量販店などで普通に売られているものですね。

さて、このUSBメモリ、市販されているものはほとんどが「FAT32」というファイル形式になっています。つまり、このままではリカバリメディアをつくるのには使えません。

というわけで今回は、USBメモリ(USBフラッシュドライブ)をNTFS形式でフォーマットする方法をお届けします。

なぜ「FAT32」形式のままではいけないのか

まずは、なぜ「FAT32」のままではいけないのかについてみていきましょう。実は「FAT32」形式には次のような性質があります。

FAT32で保存できる容量は1ファイルにつき最大4GBまで

そう、保存できるのが「1つのファイルの容量が最大4GBまで」という制限があるんですね。

そのため、1つの容量が大きいファイルの保存には使えません

特にリカバリメディアは1ファイルあたりの容量が大きくなるので、「他の形式で保存してください」というわけです。

今回指定されている「NTFS形式」は、1ファイルあたりの容量が4GBを超えても保存できます。

このように、1ファイルあたりの容量が大きい作業をするときは、FAT32とは別の形式でフォーマットを行います。

NTFS形式でフォーマットをしてみよう

では、さっそくNTFS形式でフォーマットしてみましょう。

ちなみに、フォーマットとは「初期化」のことです。つまり、今回の作業は「ファイルシステムをNTFS形式に変えて、初期化する」ということです。

フォーマットを行う前の注意点

この作業を行うと、USBメモリの中に入っているデータはすべて消えます。そのため、何らかのデータを入れている場合は、外付けHDDなど別の場所に移しておきましょう。

また、作業を行う際には、万が一のトラブルを避けるために、ほかの外付けの記憶媒体ははずしておくと安心です。

NTFS形式でフォーマットする手順

1.まずは「USBメモリ」をパソコンのUSBポートに挿します。

USBメモリをパソコンに挿す

 

2.パソコンのスタートメニューから「コンピューター」を開きます。

スタートメニューから「コンピューター」

先ほど接続した「USBメモリ」が表示されていればOKです。

ちなみに、ここで表示される「USBメモリ」の容量ですが、商品に書かれているものよりも少なく表示されます

今回使ったのは「32GBのUSBメモリ」ですが、ここでの表示は28.4GBとなっています。これは容量の計算方法などの違いによるもので、不具合ではありません

 

3.「USBメモリ」を選択した状態で右クリックをするとメニューが表示されます。「フォーマット」を選びます。

フォーマットを選択

 

4.ファイルシステムを「NTFS」に変更します。

ファイルシステムを「NTFS」に変更

その他の部分は、特に変更する必要はありません。「クイックフォーマット」のところもチェックが入ったままでOKです。内容を確認したら、「開始」を押します。

 

5.すると、警告が出ます。

フォーマットの警告

「初期化するので、中のデータがすべて消えますがいいですか?」という確認ですね。問題がなければ「OK」を押します。フォーマットがはじまります。

 

6.フォーマットが終わると、「フォーマットが完了しました」というダイアログが表示されます。

フォーマットの完了

これでNTFS形式でのフォーマットが完了しました。

プロパティで確認してみると、ファイル形式がちゃんと「NTFS」になっています。

プロパティでファイルシステムを確認

これで、1ファイルで4GB以上あるものも保存できるようになりました。

まとめ

USBメモリ(USBフラッシュドライブ)をNTFS形式でフォーマットする方法

今回は、USBメモリ(USBフラッシュドライブ)をNTFS形式でフォーマットする方法をお届けしました。やってみるととても簡単です。よかったら参考にしてみてくださいね。

\ 今回の記事で使用したアイテム /

スポンサーリンク
PC
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。
タイトルとURLをコピーしました