Amazonアソシエイトの審査に通ったら、参加表明文の記載を忘れずに!

Amazonアソシエイト 参加表明文

Amazonアソシエイト・プログラムの審査に通ったあとは、サイト上にAmazonアソシエイトを使用していることを明記する必要があります。

これをしていないと、最悪、規約違反でアカウントを削除される可能性もあるそうです。

というわけで、さっそくやってみました。

スポンサーリンク

Amazonアソシエイト・プログラムの使用を明記

まず、明記しなくてはならない理由ですが、Amazonアソシエイト・プログラム運営規約をみると、次のように書かれています。

10・乙がアソシエイトであることの表示(一部抜粋)

乙は、乙のサイト上または甲がアソシエイト・プログラム・コンテンツの表示を許可した他の場所のどこかに 「Amazon.co.jpアソシエイト」または「[乙の名称を挿入]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」の文言を表示しなければなりません。甲は、この文言を適時変更することがあります。

引用元:Amazonアソシエイト・プログラム運営規約

少しむずかしい書き方ですが、「このサイトでは、Amazonアソシエイト・プログラムを使用しています」といったことを明記するように、ということが書かれています。

表示する文言

規約を読む限り、文言はこの規約に記載されているものをそのままつかえばOKのようです。

つまり、

「 サイト名 ]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

この文言に自分のサイト名を入れて、サイト上に記載すればOKというわけです。

記載する場所に関しては、承認されたサイト上であれば特に制限はないようです。

Amazonアソシエイト・プログラム参加表明文

というわけで、サイトの紹介ページにこのように記載しました。

Amazonアソシエイト・プログラム 参加表明文

文言の記載はサイト上のどこかであればいいようですが、わかりやすいページがいいように思います。

まとめ

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者である表記は、見落としがちな点ですが、これで安心ですね!

Amazonアソシエイト・プログラムの審査に通りました。 記事数7で申し込みし、無事承認されました。 Amazonアソシエイ...
Google AdSenseの広告をサイトに掲載するときは、「プライバシーポリシ-」を表記する必要があります。 が、どういう文...
スポンサーリンク