さくらのサブドメインから独自ドメインに変更する手順

WordPress

「さくらのサブドメイン」を使っていたWordPressのサイトを、独自ドメインにしました。

途中、いくつか難しい点がありましたので、変更の手順とあわせて紹介します。

同じことで困っている方の参考になれば幸いです。

さくらのサブドメインとは

さくらのレンタルサーバには、「halfmoon.jp」「silk.to」など約60種類のドメインがあります。

これに好きなサブドメインを入れて「usagi.halfmoon.jp」「nezumi.silk.to」といった感じで使えるのが、このシステムです。

ただ、無料で使えるのはメリットですが、次のようなデメリットがあります。

  • 決まった中からしか選べない
  • ドメインが長くなりがち
  • SSL化できない

つまり・・・

さくらのサブドメインのデメリット

という感じで、気になる部分が出てきます。

今回はサブサイトをSSL化したかったので、独自ドメインにしたというわけです。

独自ドメインを取得する

というわけで、さっそく手順をみていきましょう。

まずは独自ドメインを取得します。

初めての方は「お名前.com」「ムームードメイン 」あたりがわかりやすくてよいかと思います。

ドメインを選ぶ時は、次の点に注意しましょう。

独自ドメインは2年目以降の料金にも注目

独自ドメインの料金は2年目~に注目

独自ドメインを選ぶ時は、2年目以降の料金にも注目します。

取得費用が安くても、2年目以降の料金(更新料)が大幅に上がるものもありますので、料金表をよくみて選ぶようにしましょう。

取得費用だけじゃない!独自ドメインは2年目以降の料金も要チェック
「ゆずゆろぐ。」は独自ドメインで「.com」を使っていますが、最初は取得費用の安いものを候補にしていました。 たとえばムームードメインなら、 ドメイン 取得費用 xyz...

独自ドメインを使えるようにする

独自ドメインが取れたら、使えるように設定してみましょう。

独自ドメインを使うには、さくらとお名前.comでそれぞれ設定をする必要があります。

さくらインターネットで行う設定

手順1

さくらのサーバコントロールパネルから、左メニューにある「ドメイン設定」の「ドメイン/SSL設定」をクリックします。

さくらのサブドメイン変更

手順2

「5.他社で取得したドメインを移管せずに使う」にある「ドメインの追加へ進む」をクリックします。

ドメインの追加へすすむ

手順3

「お名前.com」で取得したドメイン名を入れます。「http://」はナシでOKです。

さくらインターネット 独自ドメインの設定

入力したら「送信する」をクリックします。

手順4

確認画面になります。「追加ドメイン名」に間違いがないか確認し、「送信する」をクリックします。

さくらインターネット 独自ドメインの追加

手順5

「ドメインの追加-完了」画面が出ます。

ドメインの追加完了

つづいて、お名前.comでネームサーバの設定をします。

お名前.comで行う設定

この設定は必須ですので、間違えないようにしましょう。
手順1

あらかじめ、さくらインターネット指定ネームサーバをメモしておきます。

さくらのネームサーバをメモ

手順2

お名前.comにログインし、「ドメイン一覧」から該当ドメインのネームサーバーのところにある「変更する」をクリックします。

お名前.com ネームサーバの変更

手順3

「他のネームサーバーを利用」にチェックをいれます。

お名前.com 他のネームサーバを利用

手順4

さきほどメモした「さくらインターネット指定ネームサーバ」情報を入力します。

お名前.com さくらのネームサーバー情報を入力

入力できたら「設定する」にすすみ、設定を完了します。

反映されるまでに、数時間~48時間ほどかかる場合がありますので、気長に待ちましょう。

独自ドメインを適用する

ここまできたら、もう一息ですよ!

いよいよ独自ドメインの適用です。この設定が完了すると、サイトに独自ドメインでアクセスできるようになります。

さくらインターネットでの手順

手順1

さくらのサーバコントロールパネルから、左メニューにある「ドメイン設定」の「ドメイン/SSL設定」をクリックします。

さくら ドメイン設定

手順2

先ほど登録した独自ドメインの右にある「変更」をクリックします。

ドメイン一覧

手順3

「マルチドメイン対象のフォルダをご指定ください」に、さくらのサブドメインで指定しているフォルダと同じものをいれます。

さくら 独自ドメインの指定フォルダ

これで「送信」を押せばOKです。

 

これでアクセスはできます・・・が!

このままだと、今まで使っていた「さくらのサブドメイン」からもアクセスができてしまい、アドレス(URL)が2つある状態になってしまいます。

それを防ぐために、次の作業をしていきます。

WordPressの設定

WordPressで、2つの設定をします。

URLの設定

手順1

WordPressのダッシュボード画面から「設定」→「一般」とすすみます。

手順2

「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」に、独自ドメインのアドレスを入れます。

WordPressのアドレス設定

注意点です。

この設定をすると、WordPressのログイン画面のURLが変わり、今までのURLではログインできなくなります。

新しいURLは「独自ドメインのURL/wp-login.php」となりますので、こちらからログインするようにしましょう。

301リダイレクト設定

つづいて、301リダイレクト設定をします。

URLを新しくした時は、必ずこの設定をします。

前のURLにアクセスした人が、自動で新しいURLに飛ぶようにする設定です。

次のコードを「.htaccessファイル」に書き足して行います。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(古いURL)(:80)? [NC]
RewriteRule ^(.*) http://○○○.com/$1 [R=301,L]

3行目の「http://~」には、新しいURLを入れます。

301リダイレクト設定の手順

手順1

さくらのサーバコントロールパネルから、左メニューにある「運用に便利なツール」の「ファイルマネージャー」をクリックします。

さくら ファイルマネージャー

手順2

WordPressで使っているフォルダを開き、「.htaccess」をダブルクリックします。

.htaccess設定

手順3

画面の左下にプレビューが出ますので、「鉛筆マーク」をクリックします。

.htaccessの編集

手順4

コードを編集できるようになりますので、「#BEGIN WordPress」の前に次のコードを書き込みます。コードの最後は必ず改行してください。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(古いURL)(:80)? [NC]
RewriteRule ^(.*) http://○○○.com/$1 [R=301,L]

古いURLのところは、( )内に今までのURLを入れます(「http://」は省略して入れます)。

3行目の「http://~」には、新しいURLを入れます。よく確認し、間違いがなければそのまま保存します。

これで301リダイレクトの設定は完了です。

301リダイレクトが正常に動作するかのチェック

301リダイレクトの設定ができたら、ちゃんと新しいURLに飛ぶかチェックしてみましょう。

リダイレクトのチェックをします。

手順1

古いURLを入れて「check!」をクリックします。

301リダイレクトのチェック

手順2

リダイレクト回数1で、リダイレクト先が新しいURLになっていれば成功です。

リダイレクトがうまくいっている

ページ内リンクを修正する

ここまでの作業を終えると、独自ドメインでサイトにアクセスできるようになります。

が、ページ内に「旧アドレスを使ったリンク」がある場合は、新しいアドレスに修正する必要があります。

ページ内リンクの修正

手動でもできますが、数が多い場合はWordPressのプラグインを使うとスムーズです。

アドレス(URL)を置き換えするプラグイン

アドレスを(URL)の置き換えは、「Search Regex」というプラグインを使うと簡単です。

Search Regex

少々古いですが、文字列を置き換えるのに便利なプラグインです。

SSL化に便利!「Search Regex」でURLの置き換えをしてみよう
サイトをSSL化したり独自ドメインにすると、URL(アドレス)が変わります。 その際に面倒なのが「サイト内の別ページへのリンク」の置き換えです。 手動でやってもいいのですが、私の場合は数千のリ...

その他やっておくこと

Googleサーチコンソールの登録を修正する

URLの変更作業が終わったら、GoogleのサーチコンソールからURL変更の申請をします。

サーチコンソールの管理画面から「歯車アイコン」→「アドレス変更」で申請できます。

サーチコンソールの設定

サイトの設定によっては、途中で詰まってしまい、先にすすめなくなることがあります。その場合はこちらの記事を参考にしてみてください。

サーチコンソールの「アドレス変更」で先に進めないときの対策方法
先日、サブサイトのアドレス(URL)を、さくらのサブドメインから独自ドメインに変更しました。 dairy.rusk.to → photor3.com とガラッと変えたのですが、Googleサーチコ...

各登録サイトの修正

古いURLで登録していたサイトがあれば、新しいものに変更しましょう。

特にアフィリエイトをしている方は、忘れずにURLの変更・修正をしておきましょう。

これで作業は完了です。手順がいっぱいでしたね。おつかれさまでした!

まとめ

これで、さくらのサブドメインから独自ドメインに移行できました。

さくらのサブドメインはSSL化(https化)できないので、SSL化を考えている方はまずこの作業が必要になりますよ。

作業量が多いので、まとまった時間があるときにやるのがおすすめですよ。

 

WEB関連では、こんな記事もありますよ!
【さくらインターネット】SSL化でWordPressのレイアウトが崩れた時の対処法
さくらインターネットでは、WordPressをSSL化(https化)するとトップページ以外のレイアウトが崩れてしまうことがあります。 これは、さくらインターネットの仕様によるもので、トップページ以...
サーチコンソールの「アドレス変更」で先に進めないときの対策方法
先日、サブサイトのアドレス(URL)を、さくらのサブドメインから独自ドメインに変更しました。 dairy.rusk.to → photor3.com とガラッと変えたのですが、Googleサーチコ...