ポイントが貯まる!Amazonでお得に買い物をしてみよう

【AviUtl】動画に文字や字幕を入れてみよう【かんたん】

PC

フリーの動画編集ソフト「AviUtl」は、動画に文字や字幕をかんたんに入れることができます。

表示方法も様々で、アイデア次第でいろいろな演出ができます。

たとえばこんな感じ

AviUtlのテキスト機能を活用してつくってみました。動画に文字や字幕が入ると、よりたのしい雰囲気になります。

というわけで今回は、AviUtlで動画に字幕やテキストを表示する方法をお届けします。

動画に文字を入れてみよう

AviUtlで動画に字幕やテキストを入れる方法

テキストを入れる作業は、主にタイムライン(拡張編集)を使って行います。

テキストバーを入れてみよう

1.AviUtl本体で、動画に文字を入れたいシーンを表示します。

動画に文字を入れたいシーンを表示

 

2.タイムライン(拡張編集)で、何も入っていないレイヤーの空白部分を右クリックします。

レイヤーの空白部分を右クリック

 

3.メニューが出ますので、「メディアオブジェクトの追加」から「テキスト」を選択します。

AviUtl「メディアオブジェクトの追加」から「テキスト」を選択

 

4.すると、タイムラインに「テキスト」というバーが表示されます。

AviUtl「テキスト」バーが表示されました

 

そして「テキスト」という設定画面も表示されます。

AviUtl テキストの挿入

これで準備は完了です。

さっそく動画に文字(テキスト)を入れてみましょう。

文字(テキスト)の入れ方

1.まずは編集しやすいように、テキストバーを長めにします。

AviUtl テキストの設定

 

バーは、ドラッグすると長さや位置を変えることができます。

AviUtl バーの長さや位置の変更

長さは後で調整しますので、この段階ではだいたいの長さでOKです。

 

2.文字(テキスト)は、設定画面で次のように入力します。

テキストの入れ方

AviUtl テキストの入力方法 動画に文字を入れる

動画に入れたい文字(テキスト)を、テキスト欄に入力します。改行もできます。

 

フォントや位置の設定

フォントや文字の位置の設定

テキスト欄の上からは、「フォント(字体)」「影や縁取りの有無」「文字の位置」の設定ができます。縦書きもここで選択できます。

 

文字の大きさの設定

文字の大きさの設定

文字の大きさは、「サイズ」の項目から設定できます。

 

文字の色の設定

AviUtl 文字色、影・縁取りの色の設定

文字の色は、「文字色の設定」から設定できます。文字に影や縁取りをつけている場合は、「影・縁色の設定」で色をつけることができます。

 

3.これで文字を表示することが出来ました。

動画に文字が入りました

ちなみに文字は、AviUtl本体でドラッグしても移動できます。

 

また、テキストバーを複数使うのも面白い方法です。

テキストバーを複数使う

 

このように、デザインに変化がつけられます。

AviUtl テキストバーを複数使う

スポンサーリンク

文字の表示スタイルを変えてみよう

文字を表示できるようになったら、「文字をどのように表示するか」も考えてみると、より動画がたのしくなります。

フェードイン・フェードアウト

AviUtl フェードイン・フェードアウト

文字(テキスト全体)が次第に表示される、または次第に消えていくようにする手法です。

 

1.テキストの設定画面の「+」をクリックします。

テキストの設定画面の「+」をクリック

 

2.「フェード」を選択します。

「フェード」を選択

 

3.すると、下に「フェード」の項目が追加されます。

「フェード」の項目が追加されました

「イン」は文字が表示される時間、「アウト」は文字が消えていく時間です。数字を大きくするほど、ゆっくりと表示またはゆっくりと消えていきます。

初期設定のままでも十分な効果がありますので、よくわからない時は数字はそのままでOKです。

テキストを1文字ずつ表示する

AviUtl テキストを1文字ずつ表示する
テキストの文字を1文字ずつ表示することもできます。
 
これはかんたんで、テキストの表示速度を「0」より大きくするだけでできます。
AviUtl テキストを1文字ずつ表示する
数値を変えると、文字の表示されるスピードが変わります。ぜひいろいろとためしてみてください。

文字を動かす

AviUtl 動画に文字を入れる方法 文字を動かす

文字(テキスト)を横や縦に動かすこともできます。ここでは例として、横に動かす場合を紹介します。

 

1.文字を横に動したい時は、設定画面の「X」をクリックします。

設定画面の「X」をクリック

 

2.メニューが出ますので、「直線移動」を選択します。

「直線移動」を選択

 

3.「X」の両側の数字を設定します。左がスタート地点、右がゴール地点です。

文字の移動を設定

これで「-175の位置」から「100の位置」へ文字が横移動します。

横ではなく、文字を縦方向に移動させたい時は、「X」ではなく「Y」を設定すればOKです。

文字の登場方法を変える

AviUtl 文字の登場方法

AviUtlの「アニメーション効果」を使うと、いろいろな方法で文字を登場させることができます。

 

1.テキストの設定画面の「+」をクリックします。

テキストの設定画面の「+」をクリック

 

2.「アニメーション効果」を選択します。

「アニメーション効果」を選択

 

3.すると、設定画面の下に「アニメーション効果」の項目が追加されます。

「アニメーション効果」の項目が追加されました

 

4.「震える」のところをクリックします。

AviUtl 動画に文字や字幕を入れる方法

 

5.文字の登場パターンが選べるようになります。

文字の登場パターンが選べるようになりました

「登場」とついたものであれば、どれでも面白い効果があります。いろいろと試してみてください。

 

いろいろ遊べます

おしまいに

今回は、AviUtlで動画に字幕やテキストを表示する方法をお届けしました。それぞれの効果は、組み合わせて使うこともできます。

紹介した動画は自作ですが、一部ゲームのパロディが入っています。バックの音楽は「DOVA-SYNDROME」さんよりお借りしました。

AviUtlのテキスト機能はとても便利ですので、ぜひいろいろと遊んでみてください。