【Cocoon】Googleアドセンスの関連コンテンツを設置する方法

Cocoon

今回は、WordPressテーマ「Cocoon」にGoogleアドセンスの「関連コンテンツ」を設置する方法をお届けします。

「関連コンテンツ」とは、記事と関連した広告がセットになって表示されるものです。たとえばこんな感じのものです。

 

CocoonにGoogleアドセンスの関連コンテンツを設置する方法

 

記事の下などによく表示されていますね。

というわけで今回は、Cocoonにアドセンスの関連コンテンツを表示する方法をお届けします。

Googleアドセンス側でやること

Cocoonに関連コンテンツを表示させるには、まずGoogleアドセンスで「広告の設定」と「コードの取得」を行います。

関連コンテンツの設定画面にいく

1.Googleアドセンスにログインし、ホーム画面のメニューから「広告の設定」をクリックします。

アドセンス 広告の設定

 

2.つづいて「広告ユニット」をクリックします。

 広告ユニットをクリック

 

4.広告ユニットの設定画面になります。「新しい広告ユニット」をクリックします。

新しい広告ユニットをクリック

 

5.広告の種類を選ぶ画面になりますので、「関連コンテンツ」をクリックします。

関連コンテンツをクリック

 

6.関連コンテンツの設定画面になります。

関連コンテンツの設定画面

この画面から、関連コンテンツの設定をしていきます。

初めて設定する時は、左下のプレビューが表示されない場合があります。特に問題ありませんので、そのまますすめて大丈夫です。

設置前の確認

まず、画面上部の「対象サイト」に、関連コンテンツを設置したいサイトのURLがあるかを確認してみましょう。

対象サイトを確認

 

複数のサイトが対象になっている場合は、サイドのタブをクリックすると表示されます。

関連コンテンツを設置できるのは、ここにURLがあるサイトのみとなります。URLが表示されていないサイトは設置できないので注意が必要です。

では、さっそく設定していきましょう。

関連コンテンツを設定する

関連コンテンツの設定は、画面右側から行います。

Googleアドセンス 関連コンテンツの設定

 

1.まず「広告ユニット名」を設定します。

広告ユニット名の設定

これは、自分が「何の広告か」「どこに貼った広告か」をわかりやすくするための名前です。

「○○サイト用」「○○サイトの関連コンテンツ」などとしておくと、わかりやすいかと思います。

 

2.次の「広告オプション」は関連コンテンツに広告を含むかどうかの設定です。

広告オプション

スイッチを青(右)にしておくと、広告が含まれます。

アドセンスの判断によっては、すぐにこの設定ができない場合があります。その時は「日数を置いてから再度確認する」「サイトをより成長させる」ことによって、この設定ができるようになります。

 

3.「スタイル」は、関連コンテンツのデザインを設定する項目です。

スタイルの設定

フォントや背景など、お好みによって様々な設定ができます。デフォルトのままで問題なければ、特にいじらなくても大丈夫です。

 

4.「サイズ」は関連コンテンツを表示するサイズを設定する項目です。

サイズの設定

「レスポンシブ」にすると、画面の横幅に応じたレイアウトになります。また、「カスタム」にすると、自分の好きなサイズに設定することができます。

サイトのデザインに合わせて、お好みでよいかと思います。

ちなみに私は「レスポンシブ」にしています。

 

5.すべて設定できたら、「保存してコードを取得」をクリックします。

保存してコードを取得

 

6.次の画面で、コードが表示されます。「コードスニペットをコピー」をクリックして、コードをコピーします。

コードスニペットをコピー

これでアドセンス側の設定は完了です。

さっそくCocoonにコードを貼ってみましょう。

スポンサーリンク

Cocoon側でやること

ここではCocoonの本文下に貼ってみます。

 

1.WordPressのダッシュボード画面から「外観」→「ウィジェット」とすすみます。

ウィジェット

 

2.コードを貼るウィジェットを選びます。ここではPCとモバイルの両方に表示される「広告」を選んでみます。

広告ウィジェット

※今回は「広告」ウィジェットを使っていますが、「テキスト」ウィジェットなどでもOKです。

 

4.「広告」をクリックすると、ウィジェットの挿入場所が選べます。「投稿本文下」を選択し「ウィジェットを追加」をクリックします。

投稿本文下にウィジェットを追加

 

5.「投稿本文下」に「広告」ウィジェットが挿入されて、コードを入力できるようになります。

コードを貼り付けます

「広告タグ」のところにコードを貼り付けて、「広告フォーマット」を「広告コードをそのまま表示」にして、保存をします。

これでCocoonの設定は完了です。

表示の確認をしてみよう

サイトを確認して、関連コンテンツが表示されていればOKです。

私の場合は、こんな感じで表示されました。

 

関連コンテンツが表示されました

 

タイミングによっては、表示されるまでに時間がかかることもあります。設定ができていれば、しばらく経つと表示されますので、あせらずに待ちましょう。

間に含まれる広告は、最初は「?」というものが入ることもありますが、次第に記事と関連した内容になっていきます。

おしまいに

今回は、WordPressテーマ「Cocoon」にGoogleアドセンスの関連コンテンツを設置する方法でした。

よかったら参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
Cocoon
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。