ただいまの人気記事はこれ!TOP15を公開中

【Cocoonの高速化】「WP Fastest Cache」の使い方と設定方法

Cocoon

WordPressテーマ「Cocoon」には、サイトの表示を速くする「高速化」という機能がついています。

これだけでもかなり速くなりますが、足りない部分をプラグインで補うと、さらなる高速化が期待できます。

このサイトもプラグインを併用するようになってから、表示速度がかなり上がりました。

というわけで今回は、Cocoon公式でおすすめされている高速化プラグインの1つ「WP Fastest Cache」の使い方と設定方法をお届けします。

これまでの高速化対策はこちら
【Cocoon】サイト高速化のためにやってみたこと│設定とおすすめプラグイン
このところ、「サイトの表示スピードが遅いなあ」と感じることが多かったので、Cocoonの高速化設定を見直してみました。 その結果、Googleの「PageSpeed Insights」で、パソコンは...

WP Fastest Cacheの役割

WP Fastest Cache

今回紹介する「WP Fastest Cache」は、ページキャッシュをつくるためのプラグインです。

Cocoonには「高速化」という機能がついていますが、ページキャッシュをつくる機能がありません。

それを補うために、こうしたページキャッシュ系のプラグインを導入します。

ページキャッシュがあると、サーバーの応答がスムーズになります。サイトの表示も速くなりますよ!

WP Fastest Cacheの導入方法

1.WordPressのダッシュボード画面から「プラグイン」→「新規追加」とすすみます。

「プラグイン」→「新規追加」

 

2.検索窓に「WP Fastest Cache」と入力すると、該当するプラグインが表示されます。

検索窓に「WP Fastest Cache」と入力

 

3.「今すぐインストール」を押して、有効化します。

「今すぐインストール」を押します

 

ボタンの表示が「有効化」になったら、有効化完了です。

有効化します 

これでWP Fastest Cacheの導入は完了です。

さっそくCocoon用の設定をしてみましょう。

【Cocoon用】WP Fastest Cacheの設定方法

WP Fastest Cacheを有効化すると、メニューバーに「WP Fastest Cache」という項目が追加されます。各種設定はここから行います。

メニューバーに「WP Fastest Cache」が表示

まずはWP Fastest Cacheを日本語化してみよう

WP Fastest Cacheは、そのままだと英語表示になっています。まずは日本語化してみましょう

 

1.WP Fastest Cacheの画面を下にスクロールして、「Language」という項目を探します。

WP Fastest Cacheの画面

 

2.「Language」のタブをクリックして、「日本語」を選択します。

「日本語」を選択

 

3.これで日本語化ができました。

表示が日本語になりました

さっそくCocoon用に設定してみましょう。

Cocoon用の設定方法

WP Fastest CacheをCocoonで使うときは次のように設定します。

Cocoonと重複する機能には、チェックを入れないようにします

WP Fastest Cache Cocoonでの設定方法

チェックを入れていくと、ウインドウが出る項目がいくつかあります。

Preload

Preloadにチェックを入れると、次のようなウインドウが表示されます。

 Preloadの設定 

これは「あらかじめキャッシュを生成する機能」に関する設定です。ここはデフォルトのままでOKです。

New Post

「新しい投稿」にチェックを入れると、次のようなウインドウが表示されます。

New Postの設定

これは、新しい記事を投稿したときにすべてのキャッシュを消すかどうかの項目です。

ここもデフォルトのまま「Clear All Cache」でOKです。

Update Post

「Update Post」にチェックを入れると、次のようなウインドウが表示されます。

Update Postの設定

投稿ページや固定ページを更新した時に、どこまでキャッシュをクリアするかという項目です。

全部のキャッシュをクリアする必要はあまりないと思いますので、特別な意図がなければデフォルトのままでOKです。

キャッシュの有効期限の設定

つづいて、キャッシュの有効期限を設定します

 

1.「キャッシュの削除」タブをクリックして「Add New Rule」を選択します。

「Add New Rule」を選択

 

2.キャッシュの有効期限を設定します。

キャッシュの有効期限を設定

IF REQUEST_URIは「全て」、Thenはキャッシュを削除するタイミングです。

Thenは、頻繁に更新する場合は1日1回、更新ペースがゆっくりな方は長めの期間でよいかと思います。

時間のところは、アクセスが少ない時間帯に設定するのがおすすめです。

\ そのほかの高速化対策はこちら /

【Cocoon】サイト高速化のためにやってみたこと│設定とおすすめプラグイン
このところ、「サイトの表示スピードが遅いなあ」と感じることが多かったので、Cocoonの高速化設定を見直してみました。 その結果、Googleの「PageSpeed Insights」で、パソコンは...

おしまいに

今回は、「WP Fastest Cache」のCocoonでの使い方と設定方法をお届けしました。

ページキャッシュ系のプラグインというと難しそうな印象がありますが、WP Fastest Cacheはとても簡単です。

私はずっとCocoon単独で使っていましたが、WP Fastest Cacheを併用するようになって、サイトの表示がかなり速くなりました。

Cocoonの高速化を検討している方がいましたら、よかったら参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
Cocoon
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。