ただいまの人気記事はこれ!TOP15を公開中

【Cocoon】固定ページの日付(投稿日・更新日)を非表示にする方法

Cocoon

WordPressテーマ「Cocoon」の固定ページの日付を非表示にしてみました。

消したのはこの部分「投稿日と更新日」のところです。

Cocoonの固定ページの日付を非表示にする

 

日付表示が消えると、このようにすっきりとした表示になります。

日付が非表示になりました
 
「お問い合わせ」や「プロフィール」など、日付を表示させたくない固定ページがある方は、よかったら参考にしてみてください。
前テーマ「Simplicity2」とは、指定の仕方がすこし変わりました。Simplicity2からCocoonに移行した方は、今回の記事を参考に設定してみてください。

Cocoonの固定ページの日付・更新日を非表示にする

今回は、「日付を非表示にするページ」を個別に指定する方法を使っていきます。

この方法を使うと、

・「お問い合わせ」の日付は消して、「プロフィール」の日付は表示する

など、固定ページごとに日付を出すかどうかを設定することができます。

全部の日付を一括で消すよりも、融通がききやすくなりますよ

というわけでさっそく手順をみてみましょう。

日付を非表示にするページのIDを調べる

まずは、日付を消したいページの記事IDを調べます。

 

1.WordPressのダッシュボード画面から「固定ページ一覧」を選びます。

固定ページ一覧を選択

 

2.日付を非表示にしたいページのタイトルにマウスカーソルをあわせると、画面下に記事IDが表示されます。

記事IDを確認

「post=」の後についている数字が記事IDです。この画像の場合でしたら「post=2」ですので、記事IDは 2 になります。

これをメモしておきます。

CSSに追加するコードをコピーする

次にCSSに追加するコードをコピーします。

日付を消したいページが1つだけの場合と、複数ある場合を記載してあります。お好きなほうをお使いください。

●●のところは、先ほど調べた記事IDに置き換えてくださいね
日付を消したいページが1つだけ
/*---------------------------------
固定ページの日付を非表示にする
--------------------------------*/
.post-●● .date-tags {
  display: none;
}

 

日付を消したいページが複数ある場合
/*---------------------------------
複数の固定ページの日付を非表示にする
--------------------------------*/
.post-●● .date-tags,
.post-●● .date-tags,
.post-●● .date-tags {
  display: none;
}

ページが複数ある場合は、「.post-●● .date-tags」を1つのかたまり(1ページ分)と考えます。
この例では3つあるので、3ページ分ということですね。

日付を消したいページがこれより多い場合は「.post-●● .date-tags」を追加し、少ない場合は「.post-●● .date-tags」を減らします。

Cocoonの子テーマにコードを貼る

次は、Cocoonの子テーマの「style.css」に上のコードを貼り付けます。

子テーマの「style.css」は、WordPressのダッシュボード画面の「カスタマイズ」→「テーマの編集」でいけます。

この部分に貼ります

Cocoon カスタマイズ用コードを貼る場所

過去にカスタマイズなどをして、この部分になんらかのコードを書いている場合は、その後ろに貼ればOKです。

コードを追加したら、「ファイルを更新」を押して保存します。

固定ページを開いて確認してみよう

該当の固定ページを開いてみて、日付が消えていたらOKです。

【Cocoon】固定ページの日付(投稿日・更新日)が非表示になりました

日付が非表示になり、すっきりとした印象になりました!

日付を非表示にする際の注意点

上記コードを入れても、変更がすぐに反映されない場合があります。

その時は、ブラウザをリロードまたはスーパーリロード(FirefoxやChromeではCtrlF5)をすると反映されます。

・・・が、それでも反映されない場合は、次の可能性があります。

WP Fastest CacheとChrome

WP Fastest Cache

プラグイン「WP Fastest Cache」を使っていると、上記コードを入れてもChromeですぐに反映されない場合があります。

Firefoxではすぐに反映されるので、Chromeとの相性かキャッシュ関連の項目が原因かと思われます。

私の環境では、Chromeのキャッシュ削除やスーパーリロードを行ってもすぐには反映されず、1日待ったところ、反映されました。

WP Fastest Cacheでキャッシュの有効期限を1日にしていたためと思われます。

 

私の環境によるものかもしれませんが、同様の現象がみられる場合は、次のいずれかの方法で反映されると思います。

  • 時間を置いて確認する
  • 「WP Fastest Cache」で該当記事のキャッシュを削除する
  • 「WP Fastest Cache」をいったん無効にする

特に急ぎでなければ、「時間を置いて確認する(キャッシュ有効期限が過ぎるのを待つ)」のが、もっとも簡単かと思います。

おしまいに

今回は、Cocoonの固定ページで日付(投稿日・更新日)を非表示にする方法をお届けしました。

前テーマ「Simplicity2」とは、指定の仕方がすこし変わりました。そのため、Simplicity2からCocoonに移行した方は、今回のコードに差し替えていただくと日付が非表示になるかと思います。

ちなみに今回の方法は、投稿ページの日付も消したいときにも使えますよ。よかったら参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
Cocoon
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。