ただいまの人気記事はこれ!TOP15を公開中

キュレーションサイトには、なぜパクリ記事を書くライターが集まるのか

WEB

仕事側、キュレーションサイトの裏側を目にする機会が多くあります。

ほとんどのキュレーションサイトは、企業が安いライターを大量に雇ってパクリ記事を書かせることで成り立っています。

キュレーションサイト(パクリまとめサイト)がゴミ記事だらけな理由
WEB関連の仕事をしていると、キュレーションサイトの実態を知る機会が多々あります。 キュレーションサイトとは、かんたんに言えば『パクリまとめサイト』のことです。 企業が安いライターを大量に動員して...

が、なぜそんな『まともではない仕事』にライターが集まるのか、疑問に感じる方もいるかと思います。

そこで今回は、『キュレーションサイトには、なぜパクリ記事を書くライターが集まるのか』と題して、私が知っている範囲のことを書いてみます。

キュレーションサイトがライターをそろえられる理由

キュレーションサイトがライターを集められる理由

キュレーションサイトがライターの頭数をそろえられるのは、ライター志望に次のような人たちが多いからです。

  • ライターの仕事をやれるのなら、何でもいいので書かせてください
  • どれだけ安くてもいいので、ライターの仕事がしたいんです!
  • 空いた時間に『ちょっとしたお小遣い稼ぎ』をしたい

そう、「何でもやります」「報酬は安くてもいいです」という人たちです。

このタイプの人たちは、自分の要望がかなえばいいだけので、運営側の言うとおりにやってくれるんですね。

おまけに志望者自身が『ギャラは安くてもいい』と思っているので、企業にとっては非常においしい存在でもあります。アホみたいに安い報酬で、パクリ記事でも何でも書いてくれます。

『誰でもできるお仕事です』みたいな募集で人を集めていることもあるね

安くても書く、なんでも書く理由

志望者の中には、「ライターの修行のため」「WEBライティングの技術をつけるため」と考えて応募する人もいますが、こういう人たちも企業にとってはおいしい存在です。

キュレーションサイトの記事の執筆で身につくのは

  • コピペ判定されないようにパクる方法
  • テンプレートに沿って、ダラダラと文字を埋める方法

であって、『ライターとしてのスキル』や『文章の技術』ではないんですね。

いずれにせよ、『安くてもやりたい』というライター志望の人が多いので、キュレーションサイトの運営が成り立っているわけですね。

・・・・・ほんと、ろくでもない話だよね

ライターは他人の記事をパクっても平気なのか

キュレーションサイトのライターはパクリ記事を書いても平気なのか

多くのキュレーションサイトは、記事のパクリ方がマニュアル化されています(マニュアルでは『パクリ』という言葉は使わずに、違う表現をします)。

が、いくら仕事とはいえ、キュレーションサイトのライターは「他人の記事をパクっても平気なのか」と疑問に思う方もいるかと思います。

私が知る範囲でいえば、次のようなライターが本当に多いです。

  • そこまで深く考えていない
  • パクって書くことが『WEBライティング』や『リライト』だと思っている
  • そもそも、なぜパクッたらダメなのか分かっていない

どちらが先かという話にもなりますが、そもそもキュレーションサイトが求めているのはそういう人材なんですね。逆に言うと、『分かっている人』に来られても困るわけです。

・・・・・・『深く考えられると困ること』をやっているわけですからね

そのほかにも、「企業がやっていることだから大丈夫」という、ちっとも大丈夫じゃない理由で安心している人もいます。

キュレーションサイトは、よく『ライターの質』が問題視されますが、それはライターの技術の問題だけではないということですね。

\記事の書き方についてもっとくわしく/

キュレーションサイトの記事はなぜダラダラと長いのか
キュレーションサイトには、やたらと長い記事があふれています。 「前置きがやたらと長くいつまでたっても本題に入らない」「最後まで読んでもたいしたことが書いていない」記事も目立ち、ろくでもなさを感じてい...

まとめ

今回は『キュレーションサイトには、なぜパクリ記事を書くライターが集まるのか』と題して、私が知る範囲ではありますが、キュレーションサイトの内情をお届けしました。

このところのキュレーションサイトによる検索汚染は、度が過ぎているように感じます。そんな思いから、あくまで私が知る範囲ではありますが書いてみました。

興味のある方は、他のキュレーションサイト記事をぜひ読んでみてください。