ポイントが貯まる!Amazonでお得に買い物をしてみよう

万年筆「カクノ」のインクが固まって書けなくなった時は。ペン先の洗浄方法

文房具

先日、久々に万年筆の「カクノ(kakuno)」を使おうとしたところ、インクが固まって書けなくなっていました

パイロット 万年筆「カクノ(kakuno)」インクが固まって書けなくなった時の対処法

カクノはインクが蒸発しやすい傾向があり、使わないまま放置しているとインクが固まってペン先に詰まってしまいます

こうなると書くことはできず、このままでは新しいインクを入れても使うことができません。

というわけで今回は、「カクノ(kakuno)」のインクが固まって書けなくなった時の対処法をお届けします。

書けなくなったカクノ、どんな手入れをすればいい?

パイロット 万年筆「カクノ(kakuno)」インクが固まった時の手入れ

カクノのインクが固まってしまった時は、ペン先を洗浄すると使えるようになります。

「洗浄」というと、ゴシゴシとこすって洗うようなイメージがありますが、万年筆の場合は「水やぬるま湯につけておく」のが基本になります。

しばらくつけておくと、インクがどんどんと溶け出してきます。では、さっそくやってみましょう。

カクノの洗浄方法

1.カクノを分解します。

パイロット 万年筆「カクノ(kakuno)」洗浄方法

 

2.水やぬるま湯を入れた容器の中に、ペン先をそっと入れます。

パイロット 万年筆「カクノ(kakuno)」ペン先の洗浄

最初はペンの先だけがしずみますが、空気が抜けてくると全体がしずむようになります。

 

3.しばらくすると、インクが少しずつ溶け出してきます。

パイロット 万年筆「カクノ(kakuno)」ペン先を洗浄中

 

4.インクが溶け出してくると、全体がにごってきます。

パイロット 万年筆「カクノ(kakuno)」ペン先の洗浄 水やぬるま湯の交換

にごってきたら水やぬるま湯を交換します。にごってくるたびに交換し、できるだけキレイな状態でつけておくようにします。

ちなみに今回は、水を3回交換しました。にごり具合によって交換回数が変わります。

 

5.ペン先がある程度キレイになったら、水やぬるま湯にそのまま一晩つけておきます。一晩たつと、ペン先がすっかりキレイになっています。

パイロット 万年筆「カクノ(kakuno)」ペン先の洗浄後

あとは水道で、軸のほうからペン先にむけて水を何度か通してみて、インクの色が出なければOKです。

インクの色が出る場合は、また水やぬるま湯につけて、キレイになるまで繰り返します。

最後はやわらかい布でふいて、よく乾かせばOKですよ!
スポンサーリンク

インクを入れてカクノ復活!

ペン先がキレイになったら、インクを入れればカクノが復活!また書けるようになります。

今回はコンバーターをつけて、パイロットの「月夜」というインクを入れてみました。

パイロット 万年筆インキ 色彩雫「月夜」をカクノに

 

「月夜」は、パイロットが展開する「iroshizuku(色彩雫)」シリーズの1色です。ほんのりとグリーンが入ったブルーは、まさに月夜の空のよう。

パイロット 万年筆「カクノ(kakuno)」に、色彩雫の「月夜」を

↑字だけでなく、絵も描きたくなるということで「描く」という字を使っています。

インクが固まって書けなくなったカクノも、このようにペン先を洗浄すると元通りになります。

万年筆は、常に使うことがメンテナンスになります。復活したカクノでたのしく書きましょうね。

記事で使用したカクノ&インク

今回の記事で使ったカクノとインクはこちら。

記事では「中字」のカクノを使っていますが、同じ軸のカラーで細字・極細字のものもあります。

今回は、パイロットの万年筆「カクノ」が書けなくなった時の対処法でした。よかったら参考にしてみてくださいね。