ただいまの人気記事はこれ!TOP15を公開中

【陰山手帳】ガントチャート(プロジェクト管理ページ)の便利な使い方を紹介します

文房具

【陰山手帳】ガントチャート(プロジェクト管理ページ)の便利な使い方

陰山手帳の便利なページに「ガントチャート」があります。

陰山手帳では「プロジェクト管理ページ」という名前がついているページのことで、この手帳の目玉の1つでもあります。

陰山手帳 ガントチャートの使い方

・・・が、このガントチャート、使い方がいまいち分からず困っている方も多いかと思います。

そこで今回は「ガントチャートの便利な使い方と活用方法」と題して、私が実際に使っているやり方を例に、いろいろな使い方を紹介します。

使い方で困っている方がいましたら、よかったら参考にしてみてください。

陰山手帳じゃない方も、ガントチャートがついている手帳でしたら同じように使うことができますよ。

これはいい手帳だ!陰山手帳の魅力を徹底解剖

陰山手帳のガントチャートとは

陰山手帳には「プロジェクト管理ページ」という名前のついたガントチャートがついています。

陰山手帳 プロジェクト管理ページ

見開きで1ヶ月になっていて、日付が横に並び、その下にたくさんのマス目がついています。

 

陰山手帳 ガントチャート(プロジェクト管理ページ)

陰山手帳のガントチャートは行数が多くあり、様々な使い方できます。

では、さっそくガントチャートの使い方をみていきましょう。

ガントチャートの使い方をみてみよう

陰山手帳のガントチャート(プロジェクト管理ページ)は、いろいろな書き方ができます。

ここでは実際に私が使っている方法を例に、ガントチャートの書き方と使い方を紹介します。

線をひく

ガントチャートの使い方

期間の決まった予定がある時は、日程に線をひいて要件を書き込みます。

その予定のかかる日数や、複数のプロジェクトの進行がひと目でわかって便利です。

○をつける

ガントチャートの使い方 例

その月にやることを決めて、達成したら○をつけます。もちろんチェックマークでもOKです。

「どれだけやったか」がひと目でわかるほか、「何があまりできていないか」もチェックすることができます。

上の例でしたら「エンタメが多いわりに、くらしネタが少ないなあ」ということがひと目でわかりますね。

マス目を塗りつぶす

ガントチャートを塗りつぶして使う

○をつけるかわりに、マス目を塗りつぶすのもよく使われる方法です。

達成の度合いがよりわかりやすくなり、一覧性がよくなります。この例では赤で塗っていますが、字を書くのと同じ色で塗ってもOKです。

関連記事 【歩いた距離がわかる】身長から歩幅がわかる計算方法

記号や数字を入れる

ガントチャートで生活習慣をチェック

マス目に記号や数字を入れることもできます。上の例は、私がやっている「朝食と睡眠時間のチェック」です。

朝食は「パン→P」「ごはん→G」と記号を決めて、食べたものを書いています。その下には睡眠時間を数字で入れています。

棒グラフにする

陰山手帳 ガントチャートの使い方 棒グラフをつくる

マス目をぜいたくに使って、棒グラフをつくることもできます。

上の例は睡眠時間を棒グラフにし、その下に「睡眠時間」「就寝時間」を記録したものです。グラフがあることによって、日々の睡眠時間の違いがわかりやすくなっています。

陰山手帳のガントチャートは行数が多いので、1冊でいろいろな使い方ができるのがポイントです。
スポンサーリンク

ガントチャートのユニークな活用方法

ここまで、次のようなガントチャートの使い方を紹介してきました。

  • プロジェクトの管理
  • ブログの記事チェック
  • ウォーキングの歩数チェック
  • 朝食・睡眠時間の管理

こうしたビジネスや生活管理に使うほかにも、ユニークな使い方もできます。

ここでは実際に私がやっていたガントチャートの活用方法を紹介します。

お菓子リスト

ガントチャートでお菓子の食べすぎを防ぐ

こちらは私が「お菓子の食べすぎ」を防ぐためにやっていたリストです。

「P」はポテトチップス、「C」はチョコレート、「ク」はクッキーです。

たとえば「P」と「ク」が並んでいる日はポテトチップスとクッキーを食べた日。このように何を食べたか視覚化することで、お菓子の食べすぎを防ぐリストです。

イベントのチェックに

ガントチャートの活用法 ゲームのイベントのチェックに

好きなゲームがある時は、イベントのチェックにも使っていました。複数のゲームをやっている時でも「いつイベントがあるのか」がわかりやすくなります。

スポーツの対戦成績

ガントチャートの使い方 好きなチームの対戦成績をチェック

スポーツ観戦にハマっていた時期は、好きなチームの対戦成績を書いてたのしんでいました。

見返すとチームの戦いぶりがみえてきてニヤニヤできます。スコアを書くのもたのしいですよ。

このように、どんなことでも一覧性がよくなるのがガントチャートの魅力です。

ビジネスにもプライベートにも使えます

今回は「ガントチャートの便利な使い方と活用方法」と題して、私が実際に使っているやり方を例にガントチャートの使い方を紹介してきました。

ガントチャートというと難しそうな印象がありますが、今回紹介したようにビジネスはもちろんのこと、プライベートでもたのしく使うことができます。

とても便利なので、ぜひ使ってみてください。

 

今回紹介した陰山手帳はこちら(黒・茶・アイボリーがあります)

ガントチャートといえば能率手帳も使いやすいです。

スポンサーリンク
文房具
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。