ポイントが貯まる!Amazonでお得に買い物をしてみよう

これでかんたん!ジェットストリームの替芯の選び方

文房具

三菱鉛筆の油性ボールペン「ジェットストリーム」は、替芯を使うとよりお得に使うことができます。

こちらはインクを使い切ったジェットストリーム。

三菱鉛筆「ジェットストリーム」

定価150円のボールペンなのでもう1本買ってもいいのですが、替芯なら100円ほどで買うことができます。

実際はそれより安く販売しているお店も多いので、新しいジェットストリームを買うよりもかなりお得だったりします。

・・・が、ジェットストリームは替芯がいろいろあり「どれを選んだらいいのかわからない」という方も多いかと思います。

というわけで今回は「ジェットストリームの替芯の選び方」をお届けします。

品番の見方を知ると、どなたもかんたんに選べるようになりますよ!

ジェットストリームの替芯の選び方

ジェットストリームはバージョンによって使える替芯が決まっています

三菱鉛筆「ジェットストリーム」油性ボールペン

ここでは最もノーマルなジェットストリーム「ジェット ストリームスタンダード」の0.7mmを例に替芯の選び方をみていきます。

ボール径(芯の太さ)の調べ方

ジェットストリームのボール径(芯の太さ)は、本体のクリップ部分をみるとすぐにわかります。

ジェットストリーム ボール径(芯の太さ)の調べ方

「uni」の下に書かれているのがボール径(芯の太さ)です。この画像でしたら「0.7」とありますので、ボール径は「0.7mm」になります。

 

買うときには、本体と同じボール径のものを選びます。

ちなみに、ジェットストリームスタンダード用でしたらボール径が違うものでも使えますが、書ける線の太さや感触が変わります。

ボール径は重要ですので、替芯を買うときは必ず確認しておくようにしましょう。

品番の見方を知ってみよう

三菱鉛筆「ジェットストリーム」替芯

ジェットストリームの替芯はこのようなパッケージに入っています。

 

三菱鉛筆「ジェットストリーム」替芯の見方

選ぶときは、芯の太さを表す「ボール径」と「品番(インクの品番)」をみます。

ジェットストリーム スタンダードの場合、品番は次のようになります。

  • 0.38mmの替芯→SXR-38
  • 0.5mmの替芯 → SXR-5
  • 0.7mmの替芯 → SXR-7
  • 1.0mmの替芯 → SXR-10

そう、「SXR」のあとに小数点をなくした「芯の太さ」がつくんですね。

お店によっては「-(ハイフン)」なしで、「SXR7」といった感じで書いていることもあります。

品番の後に「インクの色を表す数字」がつくこともあります

販売店によっては、品番の後に「インクの色を表す数字」をつけていることもあります。

黒は「24」、赤は「15」、青は「33」となっていて、たとえば0.7mmの替芯「SXR-7」でしたら

  • 0.7mmの黒 → SXR-7.24
  • 0.7mmの赤 → SXR-7.15
  • 0.7mmの青 → SXR-7.33

といった形で書かれていることがあります。

有名なところでは、Amazonなどがこの表記をしています。

ジェットストリーム 替芯の選び方

「適合商品」でみることもできます

また、「適合商品」からも判断できます。

三菱鉛筆「ジェットストリーム」替芯の見方

適合商品のところに書かれているのは、ジェットストリーム本体の品番です。

ジェットストリーム スタンダードは、SXNのあとに「定価」と「芯の太さ」が入ります。

つまり「SXN-150-07」は、「定価150円のジェットストリームの0.7mm」ということです。0.5mmなら、最後の数字が05になります。

「SXN」と本体の定価を覚えておけば、かんたんに探せちゃいますね。
スポンサーリンク

替芯はどんな形をしているかみてみよう

ジェットストリーム スタンダードの替芯はこのような形をしています。

三菱「ジェットストリーム」替芯

途中にでっぱりがあるのが特長です。

 

ちなみに同じ「0.7mm」でも品番が違うとこれだけの違いがあります。

ジェットストリーム 替芯の比較

上がジェットストリーム スタンダード用の「SXR-7(SXR-7.24)」、下が多色用の「SXR-80-07」です。

もちろん対応していない本体には使えませんので、注意して選びましょう。

形も大きさもずいぶんと違うことがわかりますね(まちがえて買いました)。

おしまいに

今回はジェットストリームの替芯の選び方でした。

こうしたポイントを覚えておくと、選びやすいかと思います。よかったら参考にしてみてくださいね。

今回の記事で紹介した替芯はこちらです。

今回紹介したジェットストリームはこちらです。