ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

【Affinity Designer】版ずれ文字のつくりかた

Affinity Designer

Affinity Designerでは、版ずれ文字をかんたんにつくることができます。

版ずれ文字とは、文字と色がずれているもののことをいいます。

【Affinity Designer】版ずれ文字のつくりかた

ユニークでかわいらしい雰囲気を出せるので、いろいろな場面で使えるかと思います。というわけでさっそくつくってみましょう。

Affinity Designerの記事一覧

版ずれ文字のつくりかた

今回は例として、次のような感じの版ずれ文字をつくってみます。

【Affinity Designer】版ずれ文字のつくりかた サンプル

「文字の色」や「版のずらし方」はあとから自由に変えることができます。

 

作業を行うときは、メニューバーの「テキスト」から「文字を表示」を選択し、「文字パネル」を表示しておくと便利です。

文字パネル

手順

1.キャンバスに好きな文字を書きます。

好きな文字を書きます

 

2.文字を選択した状態で、Altキーを押しながら文字を上にドラッグします。

文字を複製してドラッグ

 

3.文字の複製ができました。まずは上の文字から作業してみましょう。

文字の複製ができました

 

4.上の文字の「色をなし(透明)」にし、「輪郭(境界線)をあり」にします

「色をなし(透明)」にして「輪郭(境界線)をあり」にする

 

文字の色や輪郭は、「文字パネル」で調整すると便利です。

「文字パネル」

上の矢印のところで「文字の色」、下の矢印のところで「輪郭(境界線)の太さと色」の設定ができます。

 

5.つづいて、下の文字を選択して好きな色をつけます。

好きな色をつけます

 

文字の色を1つずつ変えるときは、ツールパネルの「アーティスティックテキストツール」を使います。

アーティスティックテキストツール

 

色を変更したい文字のところをドラッグすると、文字を選択できます。

文字を選択

あとは「文字パネル」で任意の色を選択すれば、その文字の色だけ変えることができます。

 

6.文字の色を設定できたら、上の文字に重ねてみましょう。

上の文字に重ねてみよう

 

7.輪郭と色がずれるように重ねます。お好みの位置になれば完成です。

版ずれ文字ができました

スポンサーリンク

グループ化すると便利

完成した版ずれ文字を移動させるときに、輪郭と色がバラバラになってしまうことがあります。

版ずれ文字をグループ化しない場合

 

これは、「輪郭のレイヤー」と「色のレイヤー」の片方しか選択されていない場合に起こります。

レイヤパネル

 

これを防ぐのに便利なのがレイヤーのグループ化です。グループ化すると「輪郭のレイヤー」と「色のレイヤー」がひとつのまとまりになり、移動させやすくなります。

グループ化は、「輪郭のレイヤー」と「色のレイヤー」を選択した状態で、Ctrl+Gキーを押すとできます。

グループ化

 

すると、2つのレイヤーが「グループ」というフォルダの中に入ります。

「グループ」フォルダ

これで移動させるときにバラバラにならなくなります。

まとめ

今回はAffinity Designerで版ずれ文字のつくり方をお届けしました。丸めのフォントやコミカルなフォントを選ぶと、かわいらしい雰囲気になります。

Affinity Designer 版ずれ文字の例

また、同じ文字でも輪郭の色や太さを変えると、雰囲気がガラッと変わります。いろいろとためしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました