SSL化に便利!「Search Regex」でURLの置き換えをしてみよう

WordPress

サイトをSSL化したり独自ドメインにすると、URL(アドレス)が変わります。

その際に面倒なのが「サイト内の別ページへのリンク」の置き換えです。

サイト内の別ページへのリンクを置き換える

手動でやってもいいのですが、私の場合は数千のリンクがあったので「Search Regex」というプラグインを使って置き換えました。

これを使うと、一発で新しいURLに置き換えることができます。

非常に便利なプラグインなので紹介します。

Search Regexとは

「Search Regex」は、指定した文字列を入れ替えることのできるプラグインです。

文字列の置き換えができるプラグイン「Search Regex」

たとえば、サイト内で「わたし」と書いているところを全部「私」に置き換える。そういったことが瞬時にできるのがこのプラグインです。

単語や文章のほか、URL(アドレス)の置き換えにも使えます。

これを使って、サイト内にあるリンクを一発で置き換えるというのが、この記事の趣旨です。

Search Regexの導入方法

「インストール」→「有効化」ですぐに使えるようになりますよ!
手順1

WordPressのダッシュボードから、「プラグイン」→「新規追加」とすすみます。

手順2

「Search Regex」を検索し、「今すぐインストール」をクリックします。

Search Regexをインストール、有効化する

インストールが完了したら「有効化」で準備完了です。

Search Regexの使い方

では、実際にSearch RegexでURLを置き換えてみましょう。

まずは各項目の説明です。

Search Regexの解説

1は「どこにある文字列を置き換えるか」です。記事内のリンクのみを置き換える時は、このままでOKです。

2は「置き換える前」、3は「置き換えた後」の文字列です。新旧のURLを入れるというわけですね。

ちなみに、1の項目はこんな感じで選べます。
  • Comment author:コメント欄の名前
  • Comment author email:コメント欄のメールアドレス
  • Comment author URL:コメント欄のURL
  • Comment content:コメント欄の内容
  • Post content:記事本文
  • Post excerpt:記事の抜粋
  • Post meta value:記事のカスタムフィールド(メタデータ)
  • Post title:記事のタイトル
  • Post URL:記事のURL

となっています。

が、今回のようにサイト内のURLを置き換える時は、デフォルトの「Post content」と「Post meta value」でほぼ置き換えられます。

実際にURLを置き換えてみよう

まずは記事本文のURLを置き換えてみましょう。
手順1

2に旧URLをいれ、3に新しいURLを入れて「Replace」をクリックします。

Search RegexでURLを置き換えてみる

手順2

旧URLが記載されたページと、置き換えた後のプレビューが表示されます。

Search Regex 置き換えのプレビュー

いったん置き換えてしまうと、再度置き換えるしか方法がなくなりますので、間違いがないかよく確認をしましょう。

手順3

間違いがなければ「Replace&Save」をクリックします。

置き換えを決定

これで該当する箇所がすべて置き換わります。

ほんとあっという間に置換できますよ。

SSL化(http化)の混在コンテンツ対策にも

「Search Regex」は、サイトをSSL化(http化)するときにも便利です。

混在コンテンツの原因になりやすい「アフィリエイト画像のURL」も、一度に置き換えることができます。

アフィリエイトの場合、「http」を「https」にすればOKなことがほとんどですが、Amazonが少しややこしかったので書いておきます。

Amazonアソシエイトの画像リンク

AmazonアソシエイトのSSL対応前の画像リンクは次の形で置き換えられます。3つのタイプがあるので注意が必要です。

タイプ1

「http://ws-fe~」からはじまるものです。「s」をつければOKです。

【旧】http://ws-fe.amazon-adsystem.com 
【新】https://ws-fe.amazon-adsystem.com

 

タイプ2

「http://ir-ji~」からはじまるものです。こちらも「s」をつければOKです。

【旧】http://ir-jp.amazon-adsystem.com 
【新】https://ir-jp.amazon-adsystem.com

 

タイプ3

「http://ecx~」からはじまるものです。こちらは頭の部分がまるっと変わります。

【旧】http://ecx.images-amazon.com
【新】https://images-fe.ssl-images-amazon.com

 

こうした作業をするときは、最初に1~2ページほどやってみて、正しく表示されるかチェックしてからやるようにしましょう。

全部やってからミスに気づくと大変ですからね・・・。

まとめ

今回は「Search Regex」の紹介でした。

私の場合は、「独自ドメインに変更した時」「サイトをSSL化した時」に非常に活躍してくれたプラグインです。

数千ほどのリンクでもあっという間に置換してくれました。URLの置き換えで困っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

WEB関連では、こんな記事もありますよ!
【さくらインターネット】SSL化でWordPressのレイアウトが崩れた時の対処法
さくらインターネットでは、WordPressをSSL化(https化)するとトップページ以外のレイアウトが崩れてしまうことがあります。 これは、さくらインターネットの仕様によるもので、トップページ以...
さくらのサブドメインから独自ドメインに変更する手順
「さくらのサブドメイン」を使っていたWordPressのサイトを、独自ドメインにしました。 途中、いくつか難しい点がありましたので、変更の手順とあわせて紹介します。 同じことで困っている方の参考に...
サーチコンソールの「アドレス変更」で先に進めないときの対策方法
先日、サブサイトのアドレス(URL)を、さくらのサブドメインから独自ドメインに変更しました。 dairy.rusk.to → photor3.com とガラッと変えたのですが、Googleサーチコ...