ポイントが貯まる!Amazonでお得に買い物をしてみよう

昔のサイトが見たい!Internet Archiveの「Wayback Machine」を使ってみよう

WEBサービス

先日、Yahoo!ジオシティーズの終了がアナウンスされました。

Yahoo!ジオシティーズ 終了のおしらせ

Yahoo!ジオシティーズ 終了のおしらせ

 

2019年3月31日を持ってサービスを終了すると案内がされています。

ページ内のアイコンをクリックすると、初期のインターネットを髣髴とさせる画面での告知も。

カウンターの数字が「さよならジオシティーズ」に

 

ジオシティーズといえば、インターネット初期から続いてきた無料のホームページスペースです。

今となっては考えられないぐらいに熱量のあるサイトも多く、資料的価値のあるサイトも多々あります。

そうしたページもサービスの終了とともに消えてしまうのがインターネットの世界。

が、世界中のウェブページを、図書館のように「貴重な資料」として残していこうというサイトがあります。

それがInternet Archiveの「Wayback Machine」です。

過去のサイトや消えてしまったサイトを閲覧できるサービスです。

Internet Archive 「Wayback Machine」とは

Internet Archive「Wayback Machine」

Internet Archive「Wayback Machine」

Internet Archiveの「Wayback Machine」は、かんたんにいえば「電子資料の図書館」のようなものです。

サイトのURLがわかっていれば、過去にさかのぼってその当時のサイトを閲覧することができます。

過去のサイトをみる

サイトを閲覧するときは、画面上部にある検索窓を使います。

Internet Archive「Wayback Machine」 URLを入力

今回は、例として伝説の「愛生会病院」のサイトをみてみます。その昔、すさまじいデザインが話題になったサイトです。

 

1.検索窓にURLを入れて、その横にあるボタン「BROWSE HISTORY」を押します。

Internet Archive「Wayback Machine」 みたいサイトのURLを入れる

 

2.すると、画面がこのように切り替わります。

Internet Archive「Wayback Machine」 グラフが表示

グラフに表示されているところが、「Wayback Machine」にサイトが保存された日付や回数です。

 

3.グラフをクリックすると、保存された日付が表示されます。

Internet Archive「Wayback Machine」 データが保存された日付が表示

 

4.日付をクリックすると、その当時のサイトをみることができます。

Internet Archive「Wayback Machine」 日付をクリックで当時のサイトがみられます

 

すると、伝説の「愛生会病院」のサイトが表示されました。

伝説の愛生会病院のサイト

今ではリニューアルされて、すっかり今風になってしまった「愛生会病院」のサイトですが、「Wayback Machine」を使うと、このように当時のサイトを閲覧することができます。

サイトを登録する

Internet Archiveの「Wayback Machine」で見られるのは、ロボットが巡回してデータの保存されているサイトのみとなっています。

また、巡回の頻度も様々で、データの保存が不完全なサイトや、データ自体が残っていないサイトもあります。

その場合は、手動でサイトを登録することができます。

 

サイトの登録は、「Save Page Now」にURLを入力するだけなのでとても簡単です。

おしまいに

今回はウェブデータを「貴重な資料」として保存しているサイト、Internet Archiveの「Wayback Machine」を紹介しました。

見られるものは「Wayback Machine」にデータが残っているものに限られていますが、それでも相当数のサイトがみられることに驚きます。

このようにウェブ上のデータが「資料」として残っていくのは本当に大きいと思います。自分のサイトの歴史をたどる、なんてこともできますね。

よかったら参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
WEBサービス
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。