【ドット絵ソフト】EDGEで背景を透過して保存する方法

EDGE

今回は、EDGEで背景を透明にして保存する方法をお届けします。

高機能ドット絵エディタ「EDGE」

EDGEは保存方法が複雑で、背景を透過して保存するにはどうしたらいいのか困っている方もいるかと思います。

というわけで、EDGEの背景を透明にする方法(透過保存)についてまとめてみました。よかったら参考にしてみてください。

 

「EDGEをこれから使う」という方は、こちらの記事からどうぞ!

【無料で使えるドット絵ソフト】EDGEを使ってみよう
今回は無料で使えるドット絵作成ツール「EDGE」の使い方を紹介します。 EDGEはリリースから10年以上経つフリーソフトですが、今も変わらぬ人気を誇るドット絵エディタです。 無料ながら非常に使...

背景の透過とは

ドット絵は「背景を透明にして保存」する方法がよく使われます。

背景を透明にしないと、このようにドット絵のまわりに背景がついてしまいます。  

EDGE ドット絵の背景を透過していない状態

このような枠がついたままでは、使える場面が限られてしまいますね。

 

それを防ぐのが、背景を透明にして保存する方法です。

EDGE ドット絵の背景を透過

 

この方法を使うと、ドット絵のみを保存でき、様々な背景に組み込むことができます。

こうした処理を「透過」または「背景の透過」といいます。

EDGEでは次のような方法で、背景を透過させることができます。

EDGEで背景を透過保存する方法

いちばん簡単な方法

EDGEで背景を透過保存する時は、メニューバーの「ファイル」→「エクスポート」とすすみ、「PNG形式で保存」を選択します。

EDGE 背景を透過する方法

 

ここでは、このドット絵の背景を透過して保存してみます。

EDGE ドット絵の背景の透過 サンプル

 

1.メニューバーの「ファイル」→「エクスポート」とすすみ、「PNG形式で保存」を選択します。

PNG形式で保存

 

2.「透過色設定」で「編集レイヤ(0.0)の色を透過させる」にチェックを入れて、「保存」をクリックします。

「編集レイヤ(0.0)の色を透過させる」にチェック

 

3.ファイルの種類が「PNG形式」になっていることを確認し、任意の場所に保存します。

PNG形式で保存

 

4.すると、このように背景が透明になったドット絵を保存することができます。

ドット絵の背景が透過されました

この方法のしくみ

今回の保存で使った「編集レイヤ(0.0)の色を透過させる」は、次のようなしくみがあります。

この方法で保存すると、キャンバスの「いちばん左上の色」と同じ色が透明になります。

「編集レイヤ(0.0)の色を透過させる」のしくみ

 

つまり、この画像の場合は「いちばん左上の色」とまわりの色が同じなので

いちばん左上の色と同じ色が透過されます

 

保存すると、まわりが全部透明になるというわけですね。

同じ色が透過されました

 

では、「いちばん左上の色」と「真ん中の色」を同じにしたらどうなるでしょう。

「編集レイヤ(0.0)の色を透過させる」 応用例

 

そう、「いちばん左上」と「真ん中の色」が透明になります。

同じ色が透過されました

 

つまり、「編集レイヤ(0.0)の色を透過させる」は、もともとは「キャンバスのいちばん左上の色と同じ色を透明にする」機能なんですね。

 

ですので、背景を透明にしたい時は、背景色を「いちばん左上の色と同じ」にします。

「編集レイヤ(0.0)の色を透過させる」で背景を透過させる

 

背景が透過されました

 

また、背景に色をつけずに、キャンバスにそのままドット絵を描いた時も同じで、いちばん左上の状態が基準になります。

「編集レイヤ(0.0)の色を透過させる」 キャンバスの色

ドット絵の背景が透過されました

EDGEで背景を透過するのは、この方法がいちばん簡単かと思います。

スポンサーリンク

もう1つの方法

また、「透過色設定」の「背景色を透過させる」でも背景を透明にして保存することができます。

EDGE 「透過色設定」の「背景色を透過させる」

この方法は、自分で背景の色を設定し、その色を透明にするというしくみになっています。

 

たとえば、このドット絵のブルーを背景色に設定して、透明にしてみます。

背景色の設定

 

1.カラーパレットから、ドット絵に使っているブルーを右クリックします。

背景色にしたい色を右クリック

 

すると、矢印の部分にこのブルーが表示されます。ここが「背景色」として扱われます。

背景色に設定されました

 

3.「ファイル」→「エクスポート」とすすみ、「PNG形式で保存」を選択します。

PNG形式で保存

 

4.「透過色設定」の「背景色を透過させる」にチェックを入れて、「保存」をクリックします。

「背景色を透過させる」にチェック

 

5.ファイルの種類が「PNG形式」であることを確認して、任意の場所に保存します。

PNG形式で保存

 

6.すると、このように「背景色に設定したブルー」が透明になったドット絵が保存されます。

背景色に設定した色が透過されました

この方法のしくみ

この方法では、カラーパレットの右下にある色が「背景色」として処理されます。

透過色設定「背景色を透過させる」のしくみ

カラーパレットで背景色にしたい色を右クリックするとここに設定されます。選ぶときは、必ず「そのドット絵に使われている色」を選ぶようにします。

 

ちなみに、この方法を使うと「背景っぽくないところ」でも透過させることができます。

ここでは例として、黄色い部分を透過させてみます。

透過色設定「背景色を透過させる」 応用

 

1.カラーパレットで、ドット絵に使っている黄色を右クリックします。

背景色にしたい色を右クリック

 

すると、カラーパレットの右下に黄色が表示されます。これでこの黄色が「背景色」という扱いになりました。

背景色に設定されました

 

2.「ファイル」→「エクスポート」→「PNG形式で保存」とすすみ、透過色設定の「背景色を透過する」にチェックを入れて保存します。

透過色設定「背景色を透過させる」

 

3.すると、黄色い部分が透明になったドット絵を保存することができます。

背景色に設定した色が透明になりました

このように、「背景色」を任意で設定できるのがこの方法の特長です。

おしまいに

今回は、EDGEでドット絵の背景を透過保存する方法でした。

どちらもとても便利なしくみになっています。よかったら参考にしてみてくださいね。