ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

【Affinity Photo】図形ツールを使ってフォントの色をグラデーションにする方法

Affinity Photo

Affinity Photoでは、フォントの色をグラデーションにすることができます。

今回は図形ツールを使ってフォントの色をグラデーションにするというユニークな方法をお届けします。

【Affinity Photo】図形ツールを使ってフォントの色をグラデーションにする

この方法の大きなメリットは、「グラデーションの設定がかんたん」「フォントの色をいつでも元に戻すことができる」という点です。

前回の記事で紹介した方法よりもほんの少し手間がかかりますが、今回の方法はフォントを直接加工せずにグラデーションをかけられるのが大きなポイントです。汎用性が高い方法だと思います。

【Affinity Photo】フォントの色をグラデーション状にする方法【グラデーションツール使用】
Affinity Photoでは、フォントの色をグラデーションにすることができます。 やり方はいろいろありますが、今回はグラデーションツールを使った方法をお届けします。 この方法を使うと、フォ...

もちろんグラデーションはあとから自由に修正・編集ができます。

というわけで、さっそくやり方をみていきましょう。

Affinity Photoの記事一覧

手順

まずは下準備をしよう

1.Affinity Photoのキャンバスを開き、まずは任意の文字を書いてみましょう。画面左のツールバーから「アーティスティックテキストツール」を選択します。

アーティスティックテキストツール

 

2.キャンバスに任意の文字を書きます。

キャンバスに任意の文字

今回は例として「2」という文字を書いてみました。今回の例では1文字だけですが、文字数はいくつでもOKです。フォントの色もお好きなものでOKです。

 

3.画面左のツールバーから「図形ツール」の「長方形ツール」を選択します。

「図形ツール」の「長方形ツール」を選択

 

4.そのままの状態で、フォントの上に長方形を描きます。

フォントの上に長方形を描きます

長方形の大きさは、フォントが完全に隠れればどんなサイズでもOKです。また、長方形の色はこの段階ではどんなものでもOKです。

この段階でのレイヤー構成は次の通りです。

レイヤー構成

「文字を書いたレイヤー」の上に「長方形を描いたレイヤー」がある状態です。

 

5.レイヤーパネルで「長方形を描いたレイヤー」が選択状態になっていることを確認します。

レイヤーパネル

 

画面左にあるツールバーから「グラデーションツール」を選択します。

「グラデーションツール」を選択

 

6.長方形を横切るように、マウスでドラッグします。

「グラデーションツール」を使用

すると、長方形にグラデーションが入ります。

グラデーションの色・度合い・角度はのちほど調整しますので、この段階では特に気にしなくてもOKです。

これで下準備は完了です。

では、フォントにグラデーションを適用させてみましょう。

スポンサーリンク

フォントにグラデーションを適用させよう

1.レイヤーパネルで「長方形を描いたレイヤー」を「文字を書いたレイヤー」のすぐ下にドラッグします。

「長方形を描いたレイヤー」を「文字を書いたレイヤー」のすぐ下にドラッグ

 

2.すると、「文字を書いたレイヤー」の中に「長方形を描いたレイヤー」が格納されます。

クリッピング

 

キャンバスをみてみましょう。フォントにグラデーションが適用されています。

フォントにグラデーションが適用

 

3.では、グラデーションの色を設定していきましょう。

グラデーションの色を設定

グラデーションの色は、グラデーションバーの両端にある「〇」で設定します。

上の画像の場合でしたら、上の「〇」をクリックすると上の色を、下の「〇」をクリックすると下の色を設定できます。

 

7.ここでは次のようなグラデーションを設定してみました。

グラデーションの色を設定した例

ちなみに、〇をドラッグすると、グラデーションバーの長さや角度を変えることができます。

それにより、グラデーションの度合いや角度が変わります。お好みの雰囲気になるように調整してみてください。

 

8.お好みの雰囲気になったら完成です。

お好みの雰囲気になったら完成

スポンサーリンク

あとからでも自由に編集できます

グラデーションツールを使う大きなメリットは、いったんグラデーションを入れたあとも、自由に編集・修正ができるという点です。

編集・修正は次の手順で行います。

1.レイヤーパネルで「長方形を描いたレイヤー」をクリックし、選択状態にします。

「長方形を描いたレイヤー」を選択状態に

 

2.その状態のまま、画面左にあるツールバーから「グラデーションツール」を選択します。

「グラデーションツール」を選択

 

3.すると、グラデーションバーが表示されます。

グラデーションバーが表示

 

4.グラデーションバーの操作は、先ほどと同じです。

グラデーションバーの操作

このように、あとからでもグラデーションを自由に編集することができます。

フォントの色をもとに戻すには

今回の方法は、フォントの色をいつでももとに戻せるのも大きなポイントです。

フォントの色をもとに戻すときは、レイヤーパネルの「長方形を描いたレイヤー」の右にある□のチェックをはずします。

フォントの色をもとに戻す グラデーションを非表示に

 

これだけの操作でフォントの色をもとに戻すことができます。

フォントの色がもとにもどりました

今回の方法はフォントを直接加工しないので、いつでももどせるわけですね。

グラデーションツールだけでフォントの色をグラデーションにする方法

【Affinity Photo】フォントの色をグラデーション状にする方法【グラデーションツール使用】
Affinity Photoでは、フォントの色をグラデーションにすることができます。 やり方はいろいろありますが、今回はグラデーションツールを使った方法をお届けします。 この方法を使うと、フォ...

記事で使用したツール

今回の記事で使用したツールは次の通りです。

【Affinity Photo】

Affinity Photo – 本格的な画像編集ソフトウェア
Mac、Windows、iOSのすべてで使える唯一のフル機能写真エディタであるAffinity Photoは、世界中の何千万人というプロフェッショナルが真っ先に選ぶソフトウェアとなっています。

今回はAffinity Photoで、図形ツールを使ってフォントにグラデーションに入れる方法をお届けしました。よかったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク
Affinity Photo
ゆずゆろぐ。の本が出ました!
ゆずゆろぐ。の本が出ました! 完全書きおろし、Amazonで販売中です。興味のある方はぜひどうぞ!
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。
タイトルとURLをコピーしました