ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

【Affinity photo】クリッピングマスクを使う方法

Affinity Photo

このところ、PhotoshopやIllustratorの代替ソフトとして「Affinity photo」や「Affinity Designer」を使っています。

どちらのソフトにも、写真や画像を好きな形で表示するクリッピングマスク機能がついています。

「Affinity photo」や「Affinity Designer」 クリッピングマスク

クリッピングマスクは「切り抜き」と似ているようにみえますが、あとから自由に加工ができるのがポイント。表示部分の変更や拡大縮小、枠線の編集なども自由にできます。

また、元の写真や画像を損なうことなくできるのもポイントです。

というわけで今回は、「Affinity photo」や「Affinity Designer」でクリッピングマスクを使う方法をお届けします。

解説ではAffinity photoを使っていますが、Affinity Designerも同じ操作でできます。

Affinity Photoの記事一覧

クリッピングマスクを使ってみよう

まずはクリッピングマスクを使いたい写真や画像を開きます。

【Affinity photo】クリッピングマスクを使う方法

今回は例としてこのイラストを使ってみます。クリッピングマスクはどんな形でもできますが、ここでは使う機会の多そうな「円形」で表示してみます。

【Affinity photo】円形でクリッピングマスク【Affinity Designer】

クリッピングマスクを使う準備をしよう

1.任意の写真や画像を開きます。

クリッピングマスクに使う画像

 

2.左サイドにあるツールパネルから「楕円ツール」を選択します。

ツールパネル

「楕円ツール」を選択

 

3.大きさはアバウトでいいので、円を描きます。

図形を描きます

円の色や輪郭線は後から変更できますので、この段階では色や輪郭は気にしなくてOKです。

 

3.左サイドにあるツールパネルの「移動ツール」を選択します。

「移動ツール」を選択

 

4.これで先ほど描いた円を移動できるようになります。円を写真や画像の好きな場所に移動させます。

円を移動

クリッピングマスクで表示する箇所はあとから自由に変更できますので、この段階では円の位置はアバウトでOKです。

つづいて、クリッピングマスクが使えるようにレイヤー操作をしてみましょう。

レイヤー操作をしてみよう

さて、ここでレイヤーパネルをみてみましょう。

レイヤーパネル

写真や画像レイヤー(ここでは「にんげん」という名前にしています)の上に、楕円レイヤーが表示されています。

 

この楕円レイヤーを、写真や画像レイヤーの下にドラッグします。

写真や画像レイヤーの下にドラッグ

 

すると、写真や画像レイヤーの下に楕円レイヤーが移動しました。

楕円レイヤーが移動しました

 

楕円レイヤーが下になると、キャンバスの表示も変わります。

楕円レイヤーが下になった状態

レイヤー操作をする前は、写真や画像の上に「円」が表示されていましたが、操作後は「円」が下になりましたね。

このようにAffinity photoやAffinity Designerでは、クリッピングマスクに使う図形を下に置きます

これでクリッピングマスクの準備は完了です。さっそくクリッピングマスクを使ってみましょう。

スポンサーリンク

クリッピングマスクをかけてみよう

1.レイヤーパネルで、写真や画像レイヤーをクリックします(写真や画像レイヤーが選択状態になります。

写真や画像レイヤーをクリック

 

2.Affiniy Photoの場合はヘッダーメニューの「配置」から「内側に移動」を選択します。

ヘッダーメニューの「配置」

「内側に移動」を選択

 

Affinity Designerの場合は、「レイヤ」→「配置」→「内側に移動」を選択します。

 

3.クリッピングマスクが適用され、画像が円の形で表示されました!

クリッピングマスクが適用されました

さらにかんたんなクリッピングマスクの方法

クリッピングマスクの操作に慣れてきたら、さらにかんたんな方法があります。

1.図形を重ねた状態にします。

図形を重ねた状態

 

2.レイヤーパネルをみると、次のような構成になっています。

レイヤーパネル

 

3.「写真や画像のレイヤー」を「円レイヤー」に重なるようにドラッグします。

「円レイヤー」に重なるようにドラッグ

 

すると、このように「円レイヤー」の中に「写真や画像のレイヤー」が入った状態になります。

「楕円レイヤー」の中に「写真や画像のレイヤー」

 

キャンバスをみてみましょう。クリッピングマスクが適用されています。

クリッピングマスクが適用されました

レイヤーを重ねる操作にすこし癖がありますが、慣れてきたらこの方法のほうがスムーズかと思います。

つづいて、表示位置や図形を編集してみましょう。

表示位置や図形を編集してみよう

クリッピングマスクを適用することができたら、レイヤーパネルをみてみましょう。

クリッピングマスク適用後のレイヤー

クリッピングマスクの適用前は「写真や画像のレイヤー」と「楕円レイヤー」がありましたが、適用後はこのようにレイヤー表示が変わっています。

 

左のアイコンをクリックしてみましょう。

左のアイコンをクリック

 

すると、「楕円レイヤー」の中に「写真や画像のレイヤー」が入っています。

「楕円レイヤー」の中に「写真や画像のレイヤー」

ここでそれぞれのレイヤーを操作できます。

まずは表示位置を調整してみましょう。

写真や画像レイヤーの編集

1.写真や画像のレイヤーをクリックして、選択状態にします。

写真や画像のレイヤーをクリック

 

2.左サイドにあるツールパネルの「移動ツール」を選択します。

移動ツール」を選択

 

3.これで円の位置はそのままに、画像や写真レイヤーの移動・拡大縮小・角度の変更などができるようになります。

画像や写真レイヤーの移動・拡大縮小・角度の変更ができるようになりました

任意の位置になればOKです。

図形の編集をしてみよう

楕円レイヤーを選ぶと、図形のみを編集できるようになります。

1.楕円レイヤーをクリックして、選択状態にします。

楕円レイヤーをクリック

 

2.左サイドにあるツールパネルの「移動ツール」を選択します。

「移動ツール」を選択

 

3.するとメニューバーの下に、円の色や境界線(輪郭線)を設定できるウインドウが表示されます。

円の色や境界線(輪郭線)の設定

 

4.任意の仕上がりになればOKです。

任意の仕上がりになればOK

 

ちなみに、今回の作例では「背景が透過(透明)処理された画像」を使っています。その場合は、図形の「塗りつぶし」の色を変えると、背景の色も変わります。

背景が透過(透明)処理された画像

背景が透過処理されたものの場合は、こうした遊び方もできます。

クリッピングマスクの解除方法

クリッピングマスクはかんたんに解除できます。

クリッピングマスクの解除方法

クリッピングマスクをかけた時のレイヤーパネルをみてみましょう。

クリッピングマスクをかけた時のレイヤーパネル

「楕円レイヤー」の中に、「写真や画像のレイヤー」が入っています。

 

クリッピングマスクを開場するときは、「写真や画像のレイヤー」をドラッグして「楕円レイヤー」の外に出します

「写真や画像のレイヤー」をドラッグ

「楕円レイヤー」の外に移動できればいいので、ドラッグするのは上でも下でもOKです。操作的には、上にドラッグするほうがわかりやすいかと思います。

 

このように、「写真や画像のレイヤー」が「楕円レイヤー」の外に出ればOKです。

「写真や画像のレイヤー」が「楕円レイヤー」の外に出ればOK

 

クリッピングマスクが解除されました。

クリッピングマスクが解除されました

記事で使用したアイテム

今回の記事で使用したアイテムは次の通りです。

【Affinity photo】

Affinity Photo – 本格的な画像編集ソフトウェア
Mac、Windows、iOSのすべてで使える唯一のフル機能写真エディタであるAffinity Photoは、世界中の何千万人というプロフェッショナルが真っ先に選ぶソフトウェアとなっています。

Photoshopの代替ソフトとして使用しているソフトです。写真の補正・加工はもちろんのこと、イラストにも使えます。今回の記事ではクリッピングマスクの作例制作に使用しました。

 

【CLIP STUDIO PAINT PRO】

作例のイラストを描くのに使用したソフトです。非常に使いやすくおすすめです。

 

【XP-PEN Artist 12】

2万円前後で買える液晶タブレットです。液タブとしては安価な部類に入りますが、大きな不満もなく使っています。レビューもしています。

2万円前後で買える液タブ「XP-Pen Artist12」レビュー
XP-Penの液晶タブレットを買ってみました。購入したのはArtist12。 なんと2万円前後で買える液晶タブレットです。さっそく使ってみましたが、これ、すごくいいですね。 低価格なので「描きづら...

まとめ

今回は、「Affinity photo」や「Affinity Designer」でクリッピングマスクを使う方法をお届けしました。今回は円形で切り抜きましたが、どんな形でも使うことができます。

私は、Adobe Illustratorでクリッピングマスクをよく使っていたのですが、Affinityだとメニューに「クリッピングマスク」がないんですね。

最初は戸惑いましたが、この方法であればAffinity Photo、Designerともにクリッピングマスクが使えます。よかったら参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました