ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

【Affinity Photo】イラストをドット絵風に変換する方法

Affinity Photo

今回はAffinity Photoでイラストをドット絵風に仕上げる方法をお届けします。

この方法を使うと、イラストをかんたんにドットで描いたようにすることができます。

【Affinity Photo】イラストをドット絵風に変換する方法

ドットの粗さは任意で調整できます。あくまでドット絵「風」ではありますが、手軽にできてたのしいですよ。

というわけでさっそくやってみましょう。

Affinity Photoの記事一覧

イラストをドット絵風に変換してみよう

今回は例として、次のイラストをドット絵風にしてみます。

使用画像

イラストは、透過PNG(背景が透明な画像)を使うときれいに仕上がります。では、さっそくやってみましょう。

手順

1.Affinity Photoで任意の画像を開きます。

任意の画像を開きます

 

2.画面上部のメニューバーの「編集」から「ドキュメントのサイズを変更」を選択します。

「編集」→「ドキュメントのサイズを変更」

 

3.「ドキュメントのサイズを変更」のパネルが開きます。ここでチェックするのは次の2か所です。

「ドキュメントのサイズを変更」パネル

「サイズ」は現在のドキュメントのサイズが表示されています。これを忘れないように、紙などにメモをしておきます

次に「リサンプル」を「ニアレストネイバー」にします。

 

4.ドキュメントのサイズを小さくします(元のサイズの1/3~1/10ぐらいがおすすめです)。

「ドキュメントのサイズを変更」のパネル 設定変更

 

すると、画像のドットが粗くなります。

ドット絵風に変換

 

顔部分はこんな感じ。

Affinity Photo ドット絵風に変換

サイズを小さくするほどドットが粗くなります。イラストの種類にあわせて調整してみましょう。

 

5.画面上部のメニューバーの「編集」から再び「ドキュメントのサイズを変更」を選択します。

「ドキュメントのサイズを変更」

 

「ドキュメントのサイズを変更」のパネルが開きますので、ドキュメントのサイズを元に戻します。

ドキュメントのサイズを元に戻す

この作業を行わないと、ドキュメントのサイズが小さいままになってしまいますので、忘れないようにしましょう。

 

6.第一段階はこれで完成です。

第一段階完成

 

さて、ここまでの作業で「線」は粗い雰囲気になりました。

ここまでの経過
が、イラストの種類によっては色合いがきれいすぎて、あまりドット絵らしくみえないことがあります。

その場合は次の処理をしてみましょう。

スポンサーリンク

ポスタライズで色合いを調整してみよう

1.画面上部のメニューバーの「レイヤー」から「新規調整レイヤー」とすすみ、「ポスタライズ」を選択します。

「レイヤー」

「新規調整レイヤー」

「新規調整レイヤー」

 

2.「ポスタライズ」のパネルが開きます。

「ポスタライズ」のパネル

まずは「描画モード」を「焼きこみ(リニア)」または「焼きこみカラー」あるいは「乗算」に変更します。選んだものによって、仕上がりの色合いが微妙に変わります。

ここでは例として「焼きこみ(リニア)」を選択してみます。

 

3.ポスタライズレベルの数値を上げていきます。

「ポスタライズ」のパネル 設定

すると、画像の色合いが単純化されていきます。

たとえば次のような感じになります。

【元画像】

元画像

 

【ポスタライズレベルを少し上げるとこんな感じ】

「ポスタライズ」変更1

 

【さらに上げるとこんな感じ】

「ポスタライズ」変更2

ポスタライズの数値を上げていくと、このように色合いがシンプルになっていきます。プレビューをみながら、その絵にあった雰囲気になるように調整してみましょう。

 

4.任意の色合いになったら完成です。

Affinity Photo ドット絵風に変換

今回の記事で使用したツール

今回の記事で使用したツールは次の通りです。

【Affinity Photo】

Affinity Photo – 本格的な画像編集ソフトウェア
Mac、Windows、iOSのすべてで使える唯一のフル機能写真エディタであるAffinity Photoは、世界中の何千万人というプロフェッショナルが真っ先に選ぶソフトウェアとなっています。

今回はAffinity Photoでイラストをドット絵風にする方法をお届けしました。よかったら参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました