ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

【Affinity Photo】フォントの中に図形を組み込んでみよう

Affinity Photo

今回はAffinity Photoでフォントの中に図形を組み込む方法をお届けします。

この方法を使うと、フォントの見た目がとてもユニークな雰囲気になります。

たとえばフォントの中に円と長方形を組み込んでみたり

【Affinity Photo】フォントの中に図形を組み込んでみよう

 

フォントの中に二重の円を組み込んでみたり

フォントに図形を組み込む

 

フォントの中に二重の星型を組み込んでみたり

フォントに図形を組み込んだ例

 

……などなど、かんたん操作でフォントがたのしい雰囲気になっちゃいます。

もちろん組み込んだ図形は、あとからでも色や大きさ、角度を自由に調整できます。

というわけで今回はAffinity Photoでフォントの中に図形を組み込む方法をお届けします。

Affinity Photoの記事一覧

フォントに図形を組み込んでみよう

今回は例としてこのフォントに図形を組み込んでみます。

任意のフォント

フォントはどんなものでもOKですが、太めのものにしておくと図形を組み込んだ効果がわかりやすくなります。

では、さっそくやり方をみていきましょう。

まずは準備から

1.まずはキャンバスに文字を書いてみましょう。画面左のツールバーから「アーティスティックテキストツール」を選択します。

「アーティスティックテキストツール」を選択

 

そして、好きなフォントで任意の文字を書きます。

任意の文字

 

現在のレイヤー構成は次の通りです。

レイヤー構成

「ラムネ―ド」とあるのが、今書いた文字のレイヤーです。

 

2.画面左のツールバーの「図形ツール」から、フォントに組み込みたい図形を選択します。

「図形ツール」

今回は例として「楕円ツール」を使っていきます。

図形の色は、フォントの色と違うものであればどんな色を選んでもOKです。

 

3.フォントの上でマウスをドラッグして、図形を描きます。

「図形ツール」

図形のサイズや位置はあとから自由に変えられますので、この段階ではアバウトなサイズや位置でOKです。

 

4.ここでレイヤーパネルをみてみましょう。次のような構成になっています。

レイヤーパネル

「楕円」とあるのが、今描いた図形のレイヤーです(レイヤー名は、図形ツールで使用した図形の名前になります)。

 

図形のレイヤーを選択し、「文字」レイヤーのすぐ下にドラッグします。

「文字」レイヤーのすぐ下にドラッグ

 

すると、「文字」レイヤーの中に「図形」レイヤーが収納されます。

レイヤーが収納

 

5.キャンバスをみてみましょう。文字の中に図形が組み込まれています。

文字の中に図形が組み込まれた

……が、図形の位置も大きさもアバウトなので、このままだと、なんだかいまいちな印象ですね。というわけで調整していきましょう。

スポンサーリンク

図形の位置や大きさを調整してみよう

1.レイヤーパネルで「図形」レイヤーを選択します。

「図形」レイヤーを選択

 

2.その状態のまま、画面左のツールバーから「移動ツール」を選択します。

「移動ツール」を選択

 

3.すると、図形を移動・変形できるボックスが表示されます。

ボックスが表示

マウスでドラッグして、任意の位置や大きさに変更してみましょう。

 

4.お好みの位置や大きさになればOKです。

お好みの位置や大きさになればOK

さて、これで図形の組み込みができました。

……が、1つではさびしいですね。というわけで増やしていきましょう。

図形の数を増やしてみよう

1.レイヤーパネルで「図形」レイヤーを選択します。

「図形」レイヤーを選択

 

2.その状態のまま、画面左のツールバーから「移動ツール」を選択します。

「移動ツール」を選択

 

3.すると、図形を移動・変形できるボックスが表示されます。

ボックスが表示

 

4.図形をキーボードのAltキーを押しながら、任意の方向にドラッグします。

図形を複製

 

すると、図形が複製されますので、そのまま任意の場所に配置してみましょう。

任意の場所に配置

これで2つめの図形の組み込みが完了しました。

 

5.あとは入れたい図形の数だけ同じ手順を繰り返していきます。図形を選んで、キーボードのAltキーを押しながらドラッグですね。

図形を複製

 

お好みの位置になるように配置していきます。

任意の場所に配置

 

6.お好みの雰囲気に仕上がれば完成です!

お好みの雰囲気になれば完成

スポンサーリンク

今回の方法のしくみ

今回の方法は、画像編集ソフトでいうところの「クリッピング(クリッピングマスク)」という方法を使っています。

クリッピングをすると「画面上には、その範囲しか表示されなくなる」という機能ですね。

Affinity Photoでは、収納をするとクリッピングができるようになります。

クリッピング

今回の方法では「ラムネ―ド」という文字のレイヤーの中に、楕円を収納しています。

 

そのため、楕円が「ラムネ―ド」の部分にだけ表示されたわけですね。

クリッピング

 

ちなみに、クリッピングは楕円自体を加工するわけではないので、収納を解除すると、もとの楕円が表示されます。

クリッピングを解除

記事で使用したツール

今回の記事で使用したツールは次の通りです。

【Affinity Photo】

Affinity Photo – 本格的な画像編集ソフトウェア
Mac、Windows、iOSのすべてで使える唯一のフル機能写真エディタであるAffinity Photoは、世界中の何千万人というプロフェッショナルが真っ先に選ぶソフトウェアとなっています。

今回はAffinity Photoでフォントの中に図形を組み込む方法をお届けしました。よかったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク
Affinity Photo
ゆずゆろぐ。の本が出ました!
ゆずゆろぐ。の本が出ました! 完全書きおろし、Amazonで販売中です。興味のある方はぜひどうぞ!
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。
タイトルとURLをコピーしました