【Aseprite】同じパターンを並べるときは、パターンブラシを使ってみよう

Aseprite

今回は、Asepriteのパターンブラシの使い方をお届けします。

この機能を使うと、ドット絵の「タイル」や「地面」など同じパターンを繰り返したい時に便利です。

 

たとえば、このようなタイルを並べたいときは、1つ1つ並べなくても

Aseprite パターンブラシ

 

パターンブラシを使えば、ドラッグするだけで並べられます。

Aseprite パターンブラシ使用例

 

また、範囲を決めて一気に塗りつぶすこともできます。

Aseprite パターンブラシで塗りつぶし

作業の時間短縮にもつながり、とても便利です。

というわけで今回は、Asepriteのパターンブラシの使い方をお届けします。

パターンブラシの使い方

ここでは、このタイルをブラシに登録して使ってみます。

パターンブラシの登録方法

並んだタイルを描く

1.ツールバーから「選択ツール」を選択します。

選択ツール

 

2.タイルを選択して、キーボードのCtrl+Bを押します。

Ctrl+B

 

3.そして、任意の場所をクリックして

任意の場所をクリックして

 

そのまま横にドラッグしていきます。

そのままドラッグ

 

4.これだけで並んだタイルを描くことができます。

Aseprite パターンブラシ

 

手順を動画にするとこんな感じです。

Aseprite パターンブラシ 動画

ランダムに描く

タイルはまっすぐだけでなく、ランダムに描くこともできます。

タイルをランダムに描く

 

任意の位置でクリックして、そのまま円を描くようにドラッグすると

任意の場所をクリック

 

このように、ドラッグした形にタイルを描くことができます。

ドラッグした形にパターンが描けます

スポンサーリンク

パターンブラシの種類

パターンブラシは3種類あります。画面上部のバーから種類を選ぶことができます。

 

Aseprite パターンブラシの種類

 

デフォルトでは、いちばん上の「Pattern aligned to source」になっています。

そのほか、「Pattern aligned to destination」「Paint brush」とあり、それぞれ次のような特長があります。

Pattern aligned to source

Pattern aligned to source

いちばん上にある「Pattern aligned to source」は、登録したパターンの位置を基準に、新しいパターンを並べるためのブラシです。

 

ここでは、このタイルを登録したとします。

パターンに登録します

 

この状態で適当な位置から描きはじめると、タイルが途中からはじまることがあります。

Pattern aligned to source

 

・・・が、これは塗りつぶしたときに、どこから描いてもタイルがキレイに並ぶようになっているためです。

Pattern aligned to source パターンがキレイに並びます

このように、最初のタイルの位置を基準にして、ほかのタイルが並ぶのがこのモードです。

 

また、長方形や正方形にタイルを並べたいときは、ツールバーの「Filed Rectangle Tool」を使うと便利です。

Filed Rectangle Tool

 

ドラッグで四角形の範囲を決めて塗りつぶすことができます。

Aseprite パターンブラシ 範囲をパターンで塗りつぶす

Pattern aligned to destination

Pattern aligned to destination

「Pattern aligned to destination」は、パターンをどこから描きはじめても、登録した形からはじまります。

 

ここでは、このタイルを登録したとします。

ブラシに登録します

 

このモードでは、どこから書きはじめても登録したタイルの形からはじまります

Pattern aligned to destination

 

・・・が、基準になるのが、ドラッグしはじめた位置になります。

Pattern aligned to destination ドラッグし始めたところが基準の位置

そのため、既存のタイルの上に重なると、上書きした状態になります。

Paint brush

Paint brush

「Paint brush」は、少しユニークなつくりになっています。

 

ここでは、このタイルをパターンに登録したとします。

パターンを登録

 

ドラッグすると、このような感じで使うことができます。

Paint brush

パターンブラシの解除方法

パターンブラシを解除するときは、画面上部の「Back」をクリックすると解除できます。

Aseprite パターンブラシの解除方法

おしまいに

今回はAsepriteの「パターンブラシ」の使い方についてでした。同じパターンを繰り返す時にとても便利な機能です。

よかったら参考にしてみてくださいね。