【Asepriteでアニメーション】これは便利!「リンクセル(Link Cels)」を使ってみよう

Aseprite

Asepriteのタイムラインには、「リンクセル(Link Cels)」という独特の機能があります。

通常はセル部分(レイヤーの横のマス)に●が入っていますが

リンクセル(Link Cels)

 

これをつなげて、長い●にしたものを「リンクセル(Link Cels)」といいます。

リンクセル(Link Cels)とは

アニメーションを作るときに非常に便利な機能です。

というわけで今回は、Asepriteの「リンクセル(Link Cels)」の使い方についてお届けします。

 

「これからアニメーションを作る」という方は、こちらの記事からどうぞ!

【Aseprite】ドット絵を動かしてみよう。アニメーションの作りかた
「Aseprite」はドット絵を描くだけでなく、ドット絵をアニメーションにして動かすこともできます。 ただ、操作が独特で「使い方がいまいち分からない」という方もいるかと思います。 とい...

リンクセル(Link Cels)とは

Asepriteの「リンクセル(Link Cels)」は、アニメーションを作るときに便利な機能です。

アニメーションを作っていると、「同じ絵のフレーム」が続くことがあります。

 

たとえばこの画像では、3~5フレーム目が同じ絵になっています。

Aseprite リンクセル(Link Cels)とは

もし、3フレーム目の絵を修正したくなった時は、4フレーム目と5フレーム目も同じように修正しなくてはなりません。

・・・が、1つ1つ修正するのは、けっこうな手間がかかります。

 

そこで便利なのが「リンクセル(Link Cels)」です。

Aseprite リンクセル(Link Cels)のしくみ

1つを修正すれば、つながっているものすべてが修正されます。

一律で修正ができるため、手間が省けるだけでなく、修正のし忘れも防げるわけですね。

これが「リンクセル(Link Cels)」のしくみです。

リンクセルの作りかた

リンクセルを作るときは、位置も含めて、全く同じ絵のセルを選択します。

絵の違うセルが含まれている時は、すべてが先頭のものと同じ絵になります。

 

1.リンクセルにしたいセルを選択します。

セルを選択

複数のセルの選択は、「ドラッグ」または「Shiftキーを押しながらクリック」で選択できます。

 

2.セルが選択できたら右クリックをします。

セルを選択後、右クリック

 

3.するとメニューが表示されますので「Link Cels」をクリックします。

Link Celsをクリック

 

4.これでセルがつながり、リンクセルになりました。

リンクセルになりました

リンクセルの解除方法

いったんリンクセルにしたものでも、好きなタイミングで解除することができます。

リンクセルを解除すると、また個別で編集・修正ができるようになります。

リンクセルを部分的に解除する

1.リンクセル解除したいセルを選択し、右クリックします。

リンクセルを部分的に解除する

 

2.するとメニューが表示されますので、「Unlink」をクリックします。

Unlinkをクリック

 

3.指定したセルのリンクセルが解除されました。

リンクセルが解除されました

リンクセルをまとめて解除する

リンクセルはまとめて解除することもできます。

 

1.リンクセルを解除したいセルを選択します。

リンクセルを解除したいセルを選択

複数のセルの選択は、「ドラッグ」または「Shiftキーを押しながらクリック」で選択できます。

 

2.メニューが出ますので、「Unlink」をクリックします。

Unlinkをクリック

 

3.選択したセルのリンクセルが解除されました。

リンクセルが解除されました

スポンサーリンク

新しく作るセルをリンクセルにする

新しく作るセルをリンクセルにすることもできます。

オーソドックスな方法

1.レイヤーの赤で囲んだ部分をクリックします。

新しくつくるセルをリンクセルにする

 

すると、このように表示が「横棒」になります。

リンクセルが有効になりました

 

2.任意のセルを選択し、右クリックします。

任意のセルを選択し、右クリック

 

3.するとメニューが出ますので「Duplicate Linked Cel(s)」をクリックします。

「Duplicate Linked Cel(s)」をクリック

 

4.新しくできたセルがリンクセルになりました。

リンクセルになりました

 

また、任意のフレームを選択し、「Altキーを押しながら枠をドラッグ」でもリンクセルを作ることができます。

Aseprite リンクセルの作りかた

複数のレイヤーでリンクセルにする

レイヤーが複数ある場合、まとめてリンクセルを作ることもできます。

 

1.赤で囲んだ部分をクリックします。

赤で囲んだ部分をクリック

 

すると、すべてのレイヤーのアイコンが「横棒」になります。

すべてのレイヤーでリンクセルが有効になりました

 

2.任意のフレーム番号を右クリックします。

任意のフレーム番号を選択し、右クリック

 

3.すると、メニューが出ますので「New Frame」をクリックします。

New Frameをクリック

 

4.どちらのレイヤーも、新しくできたセルがリンクセルになりました。

リンクセルができました

 

また、任意のフレーム番号を選択し、「Altキーを押しながら枠をドラッグ」でも同じようにできます。

Aseprite リンクセルの作りかた

おしまいに

今回はAsepriteの「リンクセル(Link Cels)」の使い方についてでした。

この機能を使うと、1つのセルを修正するだけで、ほかのセルも一気に修正できます。セルが連動・リンクしているので「リンクセル」というわけですね。

よかったら参考にしてみてくださいね。