ポイントが貯まる!Amazonでお得に買い物をしてみよう

YouTubeなどの埋め込み動画をレスポンシブ対応にする方法

WordPress

YouTubeなどの動画をWordPressに埋め込むと、スマホでみたときに「あれ?」と思うことがあります。

パソコンでは普通にみえていたはずの動画が、やたら縦長になっていたりします。

スマホだと動画の比率がおかしなことに・・・

これは、スマホなどの「画面の幅が狭い端末」で起こる現象で、ちょっとした工夫をすることで対策できます。

というわけで今回は、YouTubeなどの埋め込み動画をレスポンシブ対応にする方法をお届けします。

埋め込み動画をレスポンシブ対応にする方法

やり方はとってもかんたんですよ!

今回の方法では、画面の幅が変わっても「動画の比率を変わらないようにする」ことで対応します。

いわゆる「レスポンシブ対応」のことで、CSSを使って行います。

CSSにコードを貼ってみよう

まずは次のコードをスタイルシートに貼ります。

/*---------------------------------
埋め込み動画をレスポンシブにする
--------------------------------*/
.douga{
  position:relative;
  width:100%;
  padding-top:75%; /* 画面の比率によって変えます */
}
.douga iframe{
  position:absolute;
  top:0;
  right:0;
  width:100%;
  height:100%;
}

コード内の「画面の比率によって変えます」のところは、動画の画面比率によって次のように変更します。

  • 16:9の動画:56.25%
  • 4:3の動画:75%
  • 16:10の動画:62.5%

ちなみに、上のコード例では、75%(画面比率4:3の場合)になっています。YouTubeの場合は、56.25%(16:9)だとちょうどよくなります。

コードをスタイルシートに貼りつけたら、さっそくWordPressの記事に動画を埋め込んでみましょう。

記事に動画を埋め込んでみよう

WordPressに動画を貼るときは、YouTubeなどで取得した「埋め込み用のコード」をそのまま貼るのではなく、次のようにします。

YouTubeなどの埋め込み動画をレスポンシブ対応にする方法

<div class=”douga”>動画の埋め込み用のコード</div> とするわけですね。

 

たとえば、今回の動画でしたらこれが埋め込み用のコードです。

動画の埋め込み用コード

 

これをWordPressに貼るときは、次のようにします。

YouTubeなどの埋め込み動画をレスポンシブ対応にする方法 コード例

<div>タグの間に「動画の埋め込み用のコード」を入れるだけですね。

 

これを動画を埋め込みたいところに貼りつければOKです。ビジュアルではなく、テキストエディタのほうに貼りつけます。

テキストエディタに貼り付けます

 

するとこのように、スマホなどの画面の幅が狭い端末でも、同じ比率でみることができます。

スマホでも同じ比率で表示されるようになりました

まとめ

今回は、YouTubeなどの埋め込み動画をレスポンシブ対応にする方法をお届けしました。

紹介したコードはこちらの記事を参考に組ませていただきました。

レスポンシブ表示は、パソコンでみているとなかなか気づきにくい部分かと思います。よかったら参考にしてみてくださいね。

\ こちらの記事もおすすめ /

YouTubeを使わずにWordPressに動画を埋め込む方法
YouTubeにアップした動画は、WordPressにかんたんに埋め込むことができます。 が、「YouTubeを経由させるのはちょっと・・・」という方もいるかと思います。 そこで今回は、YouTu...

 

また、記事内で紹介した動画は「ゆっくりMoviemaker」を使って作っています。

\ 動画の作り方 /

ゆっくり実況をつくってみよう

よかったら参考にしてみてくださいね。