HUIONの格安ペンタブレット「H610 PRO 筆圧レベル8192」レビュー

ペンタブレット

海外製のペンタブレットが気になり、HUIONのペンタブレット「H610 PRO 筆圧レベル8192」を買ってみました。

ざっと使ってみましたが、いいですね、これ。

というわけで今回は、HUIONのペンタブレット「H610 PRO 筆圧レベル8192」のレビューをお届けします。

HUION「H610 PRO 筆圧レベル8192」とは

ペンタブレットといえばワコムが有名ですが、最近は海外メーカーのペンタブレットも増えてきました。

海外メーカーのものはコストパフォーマンスのよさが魅力。ワコムよりかなり安く買えるんですね。中でもHUION(フイオン)は評価が高く、前から気になっていました。

今回買った「H610 PRO」は、ワコムでいうところのMサイズで、筆圧レベルは8192。これが6,800円で買えるのですから、すごい時代になったものですね。

パッケージ

HUION ペンタブレット「H610 PRO 筆圧レベル8192」

HUIONのペンタブレット「H610 PRO」はこんな箱に入っています。白を貴重にしたすっきりとしたデザインです。

 

H610PRO 箱

裏はこんな感じ。箱の材質もしっかりしていて、なかなか高級感があります。

 

HUION ペンタブレット「H610 PRO 筆圧レベル8192」中身

ふたをあけると、こんな感じで入っています。「H610 PRO」は、タブレット全体の大きさが360mm×240mm。A4サイズよりひと回りちょっと大きめです。

だいたいワコムの「M」と同じぐらいの大きさですね。ちなみに厚さは1cmほどあります。

 

HUIONのメッセージカード

カードを開くと、メッセージが書かれています。HUIONはサポートもいいそうで、困ったときはメールやスカイプで問い合わせをすることができます。

ペンタブ本体

H610 PRO 作業領域

タブレットの作業領域は、10×6.25インチとなっています。だいたいB5ノート(よくあるノートサイズ)と同じぐらいのサイズです。

 

ショートカットキーのカスタマイズ

作業領域の横には、ショートカットキーがついています。キー内容は設定画面からカスタマイズすることができます。

セット内容

H610 PRO セット内容

タブレット以外の内容物はこんな感じ。いろいろ入っています。

  • ペンスタンド(替え芯入り)
  • USBケーブル
  • 充電式ペン
  • ペン用充電ケーブル
  • ドライバCDとマニュアル
  • ポーチ
  • 作業用グローブ

作業用グローブがつくのはユニークですね。

ペン

H610 PRO 充電式ペン

HUION「H610 PRO」のペンはこんな感じ。キャップがついています。

 

H610PRO ペン

キャップをはずした状態です。ちなみにH610 PROには 2種類のタイプがあります。

筆圧レベルが2048のものと8192のものがあります。購入時には注意が必要ですね。

 

ペンの大きさ

ボールペン(ジェットストリーム)と並べてみました。ボールペンよりもほんの少し大きめ。軸も太めな感じです。

H610 PRO ペンのようす

ペンの持ち手部分は、ゴムでコーティングされています。ボタンも2つついています。

 

充電式ペン

ペンのうしろはこんな感じ。ここに充電用ケーブルをさして充電します。ワコムのペンタブのように消しゴムはついていません。

ちなみに開封した時はすでに充電済みで、すぐに使うことができました。

ペンスタンド

ペンスタンド

ペンスタンドをあけると、替え芯が入っています。商品ページでは「4本」と書かれていましたが、8本入っていました(笑)。

スポンサーリンク

H610 PROを使った感想

さて、H610 PROを使った感想ですが、少々癖があるものの、価格を考えたら上々だと思います。

ペンのしずみこみ

HUION ペンタブレット「H610 PRO 筆圧レベル8192」レビュー

HUION H610 PROのペンは、描く時にペン先がわずかにしずみます。めちゃくちゃしずむってわけではないのですが、描いていると少しふわふわした感じがします。

私を含めてですが、今までワコムのペンタブを使っていた方は慣れが必要かも。

しずみ具合で筆圧を感知しているようなので、慣れるまでは強弱の感覚がちょっと難しいかも。

筆圧調整

筆圧は、設定画面から調整することができます。

いろいろ試した感じでは、ここでの調整は+1か-1ぐらいにしておいて、ソフト側(CLIP STUDIOなど)で筆圧調整したほうが、いい感じになりそう。

HUION ペンタブレット「H610 PRO 筆圧レベル8192」筆圧

自身の筆圧にもよりますが、筆圧レベル8192はかなり繊細。少し力加減を変えるだけでも、線の強さや太さが変わります。

私の場合は、強弱がつきすぎないほうが好きなので、もう少し硬めに調整する予定。

タブレット本体

タブレット本体は、とても使いやすいです。

作業領域も広く、ショートカットキーも便利。ケーブルも邪魔になりません。

私はノートパソコンの15.6型モニタを使っているのですが、ちょうどいい感じ。

H610 PRO モニタ調整

ちなみに、設定画面から反映される範囲を調整することができます。

本体の難点と感じたのは、指紋や汚れがつきやすいかも・・・というところ。本体が黒ということもあり、かなり目立ちます。

ドライバは公式からダウンロードがおすすめ

ドライバは、インストール用のCDがありますが、公式サイトからダウンロードしたほうが確実です。

ちょくちょくドライバの更新があるようで、公式サイトからなら最新のドライバをダウンロードすることができます。

まとめ

今回は、HUIONのペンタブレット「H610 PRO 筆圧レベル8192」のレビューでした。

「ペンや筆圧に慣れが必要かな」というところはありますが、機能も設定も必要なものはすべて揃っていると思います。

HUIONは中国のメーカーですが、勢いがあるのも納得という商品でした。それにしても、これが6,800円で買えるとは・・・かなりコストパフォーマンスのいい商品だと思います。