ポイントが貯まる!Amazonでお得に買い物をしてみよう

書きやすくて使いやすい油性ボールペン「ジェットストリーム」を紹介します

文房具

私がVコーンと同じぐらい使っているボールペンに三菱鉛筆の「ジェットストリーム」があります。

ペン先のすべりがよく、力を入れなくてもなめらかに書けるのでとても気に入っています。

ジェットストリームはいろいろなバージョンがありますが、私のお気に入りはスタンダードです。

三菱鉛筆「ジェットストリーム(JETSTREAM)」油性ボールペン

150円ほどで買えるボールペンとは思えないぐらいに、なめらかに書けます。

というわけで今回は、三菱鉛筆の油性ボールペン「ジェットストリーム スタンダード」を紹介します。

「ジェットストリーム スタンダード」とは

「ジェットストリーム(JETSTREAM)」は、ノック式の油性ボールペンです。

三菱「ジェットストリーム(JETSTREAM)」油性ボールペン

ジェットストリームにはいくつかのバージョンがありますが、どこでも手に入りやすいのが「ジェットストリーム スタンダード」です。

定価は150円+税ですが、安いところでは100円前後で買えることもあります。

ちなみに、お店では「スタンダード」をつけずに、単に「ジェットストリーム(JETSTREAM)」という名前で売られていることがほとんどです。

 

ジェットストリーム ボールペン ペン先

インクは黒・赤・青、太さは0.38mm、0.5mm、0.7mm、1.0mmのものがあります。

実際に書いてみると、同じ太さでもゲルインキのボールペンよりも細めに線が出ます。

 

三菱鉛筆「ジェットストリーム(JETSTREAM)」油性ボールペン 0.7mm

こちらは「0.7mmのジェットストリーム」で、5mm方眼に書いたところ。

0.7mmは普段使いにもいい太さで、普通のノート(A罫やB罫)にもちょうど書きやすい太さかと思います。

 

ジェットストリームのカラーバリエーション

ボディカラーは、黒・ピンク・緑・水色があります。画像は上が「水色」、下が「黒(インクは赤)」です。

なめらかで書きやすいインク

ジェットストリームは、低摩擦で書くことのできる「ジェットストリームインク」というインクを採用しています。

三菱鉛筆「ジェットストリーム」なめらかに書けるインク 

実際に使ってみると、普通の油性ボールペンよりも書き心地がとても軽く、すべるようにペンがすすみます。

力を入れて書かなくてもしっかりと色がでます。もちろん力を入れて書くこともできます。

 

ジェットストリーム 使用例

書くときは、ペン先が軽く紙に触れる程度の力でOK。力を入れて書かなくても、非常になめらかに書けます。

ちなみにインクの乾きは早め。油性インクのボールペンとしては、かなりの早さだと思います。

スポンサーリンク

芯の交換もかんたん

ジェットストリームのインクがなくなったら、替芯を使うことができます。

ノック式ボールペンは、芯の交換時にバネの位置がずれると「ノックの感触」が変わって使いづらくなることがありますが、ジェットストリームはその点もよくできています。

先端のパーツとバネが一体になっているので、バネがずれる心配がありません。

そのため、どなたでもかんたんに芯の交換ができるようになっています。

気になる点を挙げるとすれば

ジェットストリームはとても使いやすいボールペンですが、気になる点を挙げるとすれば「時々、インクがダマになることがある」ところです。

これは油性ボールペンの宿命ですね・・・。

また、ダマになったところは、紙質によっては微妙に裏抜けして見えることがあります。

そして、もう1つが「替芯」の探しにくさ

バージョンによって使える芯が違うので、よく見て買わないと間違えてしまうことがあります。

それ以外の点は、とても使いやすく気に入っています。

おしまいに

今回は三菱の油性ボールペン「ジェットストリーム(JETSTREAM)」を紹介しました。

スタンダードは本体が軽いのもいいところです。持ち歩きにも便利ですよ。興味のある方はぜひ使ってみてください。いいボールペンですよ。

 

文房具好きな方はこちらの記事もおすすめです。

書き心地のいいボールペン「PILOT Vコーン」を紹介します
今回は私が愛用しているボールペンの1つ、PILOT「Vコーン」を紹介します。 私はメモやノート、手帳によくボールペンを使うのですが、中でもこの「Vコーン」はどの紙にでもなめらかに書けるので、とても気...