カップヌードルの容器の「ド」が小さい理由

食べ物

先日、何気なくカップヌードルのロゴをみていたら「ド」の字が小さいことに気づきました。 カップヌードルといえば、お馴染みのこのデザインですよね。

 

 

このロゴ部分だけ拡大してみてみると・・・

画像引用:Nissin カップヌードルヒストリー

たしかに「ド」の字が小さくなっています! 「これ、なんでだろう・・・」というわけで、さっそく調べてみましたよ!  

カップヌードルのドが小さい理由

ドが小さくなったのは、次の2つの理由からです。

【理由1】Noodleの発音に近づけるため

まず1つ目の理由は、「ヌードル」の表記を、できるだけ「Noodle」の発音に近くするためというものです。

Noodleと発音するとドの音が小さくなるから、というわけですね。 では、実際にNoodleの発音を聞いてみましょう(笑)。

  Google翻訳で「Noodle」の発音を聞いてみる  

 

Noodleの発音 ▲英語のタブが選択し、スピーカーマークをクリックすると、英語の発音が聞けます。  

たしかにドが小さいですね。でも「にゅーろー」とも聞こえる(笑)

【理由2】「ヌード」を連想させないように

カップヌードルは、1971年(昭和46年)に発売されました。

これが世界初のカップ麺だったわけですが、当時は「ヌードル」という言葉はまだ一般的ではありませんでした。

そのため、「ヌードル」という表記は「ヌードを連想させるのではないか」という懸念もあったんだそう。それを避けるために「ド」を小さくしたデザインにしたとのことです。  

たしかにヌードにはみえにくい・・・かも?

  ちなみにこの説については、TV番組で日清食品広報部が否定したという話もありますが、Nissinの公式ページには、この説もデザインの由来として記載されています。

【おまけ】ヌードな商品も

カップヌードルは様々な商品展開をしていますが、2016年には「カップヌードウ」という限定版も発売されました。

https://www.nissin.com/jp/news/5582

画像引用:Nissin カップヌードウ 限定パッケージ

北海道限定パッケージということで「カップヌー道」という名前がついています。こうしたデザインでも「ド」の字が小さくなっています。

が、発音的には、極めて「ヌード」に近いというのも面白いところですね。

まとめ

カップヌードルの「ド」が小さいのには、こんな意味があったんですね。ちなみに、ロゴの上下に入っている線のようなマークは「キャタピラ」と言われているそうですよ!

ビュッフェとブッフェの違い。正しいのはどっち?
先日、ずっと「ビュッフェ」だと思っていたお店の看板に「ブッフェ」と書いてあることに気づきました。 「これは恥ずかしい・・・」と思いつつ調べてみると、どうやら世の中には「ビュッフェ」と「ブッフェ」があ...
スポンサーリンク
食べ物
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。