1万円弱っていくらのこと?1万円より多いのか、少ないのか

ライフスタイル

金額をあらわすのに、1万円弱、1万円強といった言葉を使うことがあります。

この言葉、人によってイメージする金額が違っていて、たとえば「1万円弱」なら、「1万円より少ない」と考える人と「1万円より多い」と考える人がいます。

これ、どっちが正しいんだろうと思い、調べてみましたよ!

 

1万円弱と1万円強とは

弱は「~よりちょっと少ない」、強は「~よりちょっと多い」と考えるとわかりやすくなります。

1万円弱と強の違い

1万円弱→ 1万円よりちょっと少ない。1万円をこえない
1万円強→ 1万円よりちょっと多い。1万円をこえる

といった形になります。

つまり、1万円弱は、9,800円や9,500円など、1万円よりちょっと少ない額

対して、1万円強は、10,200円や10,500円など、1万円よりちょっと多い額

ということですね。

 

画像名

「弱はマイナス」「強はプラス」と考えるとわかりやすいですよ

~弱、~強の範囲

さて、この「弱」と「強」が、どのぐらいの範囲を指すかですが、辞書には次のように書かれています。

まずは「弱」をみてみましょう。

端数を切り上げたとき、数を表す語の下に付けて用いる。「五〇〇人弱の聴衆」「二〇万円弱の給料」⇔強。  デジタル大辞泉より引用

 

つづいて「強」です。

数量を表す語に付いて、実際はその数よりも少し多いことを表す。数の端数を切り捨てたときに用いる。「五キロ強」「九割強」⇔弱。   デジタル大辞泉より引用

 

このように、定義としては「切り上げ、切捨てができる範囲で考える」となっています。

・・・が、実際は人それぞれの感覚まかせな部分があります(笑)。

 

画像名

使う人の感覚によって変わりますが、だいたい5~10%あたりの範囲と考える人が多いようですよ。

1時間弱、1時間強とは

そのほか「~弱」「~強」を使った言葉に、「1時間弱、1時間強」といったものがあります。

この場合も、先ほどと同じように考えます。

1時間弱と強の違い

1時間弱→ 1時間よりちょっと短い。1時間をこえない
1時間強→ 1時間よりちょっと長い。1時間をこえる

つまり・・・

1時間弱という場合は、57分や59分など、1時間よりちょっと短い時間を指します。

対して、1時間強は、1時間2分や1時間5分など、1時間よりちょっと長い時間を指します。

ちなみに「1時間弱」を1時間5分ぐらいと思っていたワタシです・・・。

まとめ

「弱」と「強」、どちらを使ったらいいかわかりにくい時は、「約」を使うとわかりやすくなります。「約1万円」といえば、「弱」と「強」両方の意味で使えますね。

ビュッフェとブッフェの違い。正しいのはどっち?
先日、ずっと「ビュッフェ」だと思っていたお店の看板に「ブッフェ」と書いてあることに気づきました。 「これは恥ずかしい・・・」と思いつつ調べてみると、どうやら世の中には「ビュッフェ」と「ブッフェ」...
カップヌードルの容器の「ド」が小さい理由
先日、何気なくカップヌードルのロゴをみていたら「ド」の字が小さいことに気づきました。 カップヌードルといえば、お馴染みのこのデザインですよね。 このロゴ部分だけ拡大してみてみると・・・ ...
ライフスタイル
スポンサーリンク
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。