Firefoxで「警告:応答のないスクリプト」が出る時の対処法

Firefoxで「警告:応答のないスクリプト」が出る時の対処法

Firefoxを使っていると、時々、動作が異様に重くなって「警告:応答のないスクリプト」という表示(エラー)が出ることがあります。

私の環境では、タブを多く開いたときによく発生し、その前後はハングアップに近い状態になり、とても不便に思っていました。

画像名

ところが先日、Firefoxのヘルプをみていたところ、解決する方法がみつかりました!

環境によって違いはあるかと思いますが、私の場合は、次の方法で「警告:応答のないスクリプト」が出なくなりました

というわけで、さっそく対処法を紹介していきます。

スポンサーリンク

スクリプトの実行時間を変更する

Firefoxのデフォルトでは、スクリプトの実行時間が10秒に設定されています。10秒に達すると、例の「警告:応答のないスクリプト」がでます。

これから紹介する方法は、スクリプトの実行時間を長くすることで、処理にかける時間を増やし、エラーを出にくくするというものです。

画像名

Firefox公式では「スクリプトをより長い時間実行させる」と呼ばれている方法です。さっそく手順をみていきましょう。

「スクリプトをより長い時間実行させる」手順

手順1

Firefoxのアドレスバーに about:config と入力し、Enterを押します。

Firefox「警告:応答のないスクリプト」の対処法

手順2

「動作保証対象外になります!」という警告がでます。

Firefox スクリプトの実行時間をより長くする

これからやるのは、リセットも可能な作業ですので、このまますすんでいきます。(が、必要なところ以外は絶対にいじらないようにしましょう)

危険を承知の上で使用する」をクリックします。

手順3

するとこのような画面になります。

Firefox「警告:応答のないスクリプト」コンフィグ画面

検索窓に「 dom.max_script_run_time 」と入力します。

Firefox「dom.max_script_run_time」を検索 

「dom.max_script_run_time」が出てきたらダブルクリックをしてみましょう。

手順4

時間を設定できるダイアログがでてきます。ここで任意の時間を設定することができます。

Firefox スクリプトの処理時間を変更

デフォルトでは、10が入っています。10秒ということですね。

これより長く設定することで、今までよりもスクリプトの実行時間を長くすることができます。

私の場合は30秒で設定してみましたが、環境に応じてかえてみてください。

設定した時間をリセットする方法

一度、時間を設定したあとも、リセットをして、デフォルトの時間(10秒)に戻すこともできます。

dom.max_script_run_time 」を右クリックすると、各種項目がでます。

Firefox スクリプトの処理時間の設定をリセット

「リセット」を選択すると、デフォルトの10秒に戻すことができます。

画像名

作業はここまでです。私の場合は、30秒に設定したら動作が改善しましたよ!

まとめ

環境にもよりますが、私の場合は、この設定で「応答がないスクリプト警告」に悩まされることがなくなりました。

これで効果のない時は、Firefoxの不要なアドオンを無効にすると改善する場合があります。よかったら参考にしてみてくださいね。

Firefox、こんな記事もありますよ!
Firefoxは、サイトに新しいファビコン(favicon)を設定しても、ブックマークのファビコンが反映されない場合があります。 私もそ...
Firefoxを使っていると、時々、動作が異様に重くなって「警告:応答のないスクリプト」という表示(エラー)が出ることがあります。 私...
Firefoxを使いはじめてしばらくたちました。 私は気になるページがあるとブックマークをする癖があるので、ブックマークサイドバーには...
スポンサーリンク