ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

【Affinity Photo】画像に「ぼかし」や「すりガラス」効果を加えてみよう

Affinity Photo

今回はAffinity Photoで「ぼかし」や「すりガラス」効果を加えたウインドウや帯をつくる方法をお届けします。

この方法を使うと、画像に次のようなウインドウや帯をかんたんに入れることができます。

 

【ウインドウの中だけをぼかしたもの】

ウインドウの中だけをぼかしたもの

 

【ウインドウの中だけが「すりガラス」状になっているもの】

ウインドウの中だけが「すりガラス」状

 

【同じ方法で「帯」もできます】

「帯」

今回はイラストを例にやり方をお届けしますが、写真の場合も同じ方法できます。

というわけでさっそくやり方をみていきましょう。

Affinity Photoの記事一覧

「ぼかし」「すりガラス」効果を使ってみよう

「ぼかし」や「すりガラス」効果

今回は例として、上の画像に「ぼかし」や「すりガラス」効果を加えたウインドウや帯を入れてみます。

まずはウインドウの入れ方からみていきましょう。

ウインドウの位置や大きさを決めよう

1.Affinity Photoでウインドウを入れたい画像を開きます。

ウインドウを入れたい画像

 

レイヤー構成は次の通りです。

レイヤー構成

 

2.つづいて、ウインドウを入れる位置を決めていきます。画面左のツールバーから「図形ツール」を選択します。

「図形ツール」を選択

 

「長方形ツール」「角丸長方形ツール」を使って、好きな位置や大きさの図形を描きます。

図形を描きます

色はなんでもOKです。これがウインドウになります。

 

3.つづいて、ウインドウの下地がわかりやすいようにウインドウを枠だけ(境界線だけ)にします。

ウインドウを枠だけ(境界線だけ)

やり方はかんたんです。

レイヤーパネルで図形のレイヤーを選択状態にします。

レイヤーパネル

 

その状態で画面左のツールバーから「図形ツール」を選択します。

「図形ツール」

 

すると画面上部に、図形の設定パネルが表示されます。

図形の設定パネル

ここで「塗りつぶし」をなしにして、「境界線」の色と太さを決めます。

 

これで枠だけ(境界線だけ)の図形ができます。

枠だけ(境界線だけ)の図形

ウインドウの準備はこれで完了です。

つづいて、このウインドウの中だけをぼかしてみたり、すりガラス状の効果をかけたりしていきます。

スポンサーリンク

ウインドウの中に効果をかけよう

ここまでの作業で、画像の上に「枠だけのウインドウ」がある状態ができました。

「枠だけのウインドウ」

 

この段階でのレイヤー構成は次のようになっています。

レイヤー構成

「背景(ピクセル)」とあるのが画像のレイヤーで、「角丸長方形」とあるのがウインドウのレイヤーです。

では、さっそく作業をしていきましょう。

 

1.画像のレイヤーを選択した状態で、キーボードのCtrlCキーを押し、その後にCtrlVキーを押します。

画像のレイヤーを選択

 

すると、画像のレイヤーが複製されます。

画像のレイヤーが複製

ここではレイヤーの複製ができればOKなので、ほかの方法で複製しても問題ありません。

たとえば、右クリックで表示されるメニューから「複製」を選択して、レイヤーを複製してもOKです。

 

2.つづいて、複製した画像レイヤーを「ウインドウのレイヤー(図形のレイヤー)」の下に重なるようにドラッグします。

クリッピング

 

すると、「複製した画像のレイヤー」がウインドウのレイヤーの中に収納されます。

クリッピングができた状態

 

ちなみに、この段階ではキャンバス上の表示にはまだ変化はありません。

キャンバス上の表示

 

3.レイヤーパネルで「ウインドウのレイヤー」の中に収納した「複製した画像のレイヤー」を選択状態にします。

レイヤーパネル

 

4.画面上部のメニューバーの「レイヤー」から「新規ライブフィルターレイヤー」→「ぼかし」→「ガウスぼかし」を選択します。

レイヤー

新規ライブフィルターレイヤー

ぼかし

ガウスぼかし

 

5.すると、「ライブガウスぼかし」パネルが表示されます。「半径」の数値を上げていきましょう。

「ライブガウスぼかし」パネル

 

「半径」の数値を上げるほど、ウインドウの中のボケ具合が大きくなっていきます。

「半径」の数値を上げる

お好みの雰囲気になるように調整していきましょう。

 

6.お好みのぼかし具合になったら完成です。

完成

ぼかしの度合いを修正する

ぼかしの度合いは後から何度でも修正できます。

ぼかしの度合い

修正するときは、「ガウスぼかし」レイヤーの左にあるアイコンをダブルクリックします。

 

すると再び「ライブガウスぼかし」パネルが表示され、ぼかしの度合いを修正できるようになります。

ぼかしの度合いを修正

スポンサーリンク

すりガラスの効果を入れてみよう

つづいて、ウインドウに「すりガラス」の効果を入れてみましょう。やり方はとてもかんたんです。

手順

1.レイヤーパネルで「ウインドウのレイヤー」の中に収納した「画像のレイヤー」を選択します。

レイヤーパネル

 

2.画面上部のメニューバーの「レイヤー」から「新規ライブフィルターレイヤー」→「ノイズ」→「拡散」を選択します。

レイヤー

新規ライブフィルターレイヤー

ノイズ

拡散

 

3.すると「ライブ拡散」パネルが表示されます。

「ライブ拡散」パネル

「強度」の数値を上げていきましょう。

 

数値を上げるにつれて、ウインドウの中が「すりガラス」のようなボケ具合になっていきます。

ウインドウの中が「すりガラス」のようなボケ具合に

お好みの雰囲気になるように調整してみましょう。

 

4.お好みの雰囲気になったら完成です。

お好みの雰囲気になったら完成

「すりガラス」状の効果を修正をする

「すりガラス」状にする度合いは後から何度でも修正できます。

「すりガラス」状の効果を修正

修正するときは、「拡散」レイヤーの左にあるアイコンをダブルクリックします。

 

すると再び「ライブ拡散」パネルが表示され、ぼかしの度合いを修正できるようになります。

「ライブ拡散」パネルが表示

帯を入れてみよう

今回の方法を使うと、ウインドウだけでなく帯にも「ぼかし」や「すりガラス」状の効果を与えることもできます。

帯をつくるときは、最初の「図形ツール」の使い方がポイントです。

「長方形ツール」または「角丸長方形ツール」を使って、図形を画像からはみ出るように配置します。

図形を画像からはみ出るように配置

 

そして図形を枠だけにします。あとはウインドの時と同じやり方でできます。

図形を枠だけにします

 

ぼかしてみたり

ぼかし

 

すりガラス状にしてみたりと、いろいろと試してみましょう。

すりガラス状に

今回の効果のしくみ

今回の方法は「クリッピング」という機能を使っています。

この記事で使ったのは

  1. 「複製した画像」を図形レイヤーの中に収納する
  2. すると、「複製した画像」はその図形の範囲だけが表示されるようになる

という方法です。

このため、ウインドウの中だけに効果がかかっているようにみえるわけですね。

【Affinity photo】クリッピングマスクを使う方法
このところ、PhotoshopやIllustratorの代替ソフトとして「Affinity photo」や「Affinity Designer」を使っています。 どちらのソフトにも、写真や画像を好き...

記事で使用したツール

今回の記事で使用したツールは次の通りです。

【Affinity Photo】

Affinity Photo – 本格的な画像編集ソフトウェア
Mac、Windows、iOSのすべてで使える唯一のフル機能写真エディタであるAffinity Photoは、世界中の何千万人というプロフェッショナルが真っ先に選ぶソフトウェアとなっています。

 

【コミPO!】

コミPo! [ダウンロード]
ウェブテクノロジ・コム

 

【服装を増やすなら】

コミPO!本体で「服の数が物足りないなあ」と感じたときは、服装のデータが販売されています。

今回は、Affinity Photoで「ぼかし」や「すりガラス」効果を加えたウインドウや帯をつくる方法を届けしました。よかったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク
Affinity Photo
ゆずゆろぐ。の本が出ました!
ゆずゆろぐ。の本が出ました! 完全書きおろし、Amazonで販売中です。興味のある方はぜひどうぞ!
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。
タイトルとURLをコピーしました