ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

【Affinity Photo】塗りつぶしレイヤーを使って明暗をつける方法

Affinity Photo

今回はAffinity Photoで塗りつぶしレイヤーを使って明暗をつける方法をお届けします。

この方法を使うと、画像やオブジェクトにかんたんに明暗をつけることができます。

【Affinity Photo】塗りつぶしレイヤーを使って明暗をつける方法

カゲの色やカゲが入る角度・度合いは自由に調整できます。

もちろん何度でもやり直し・修正が可能ですので、気楽に取り組めるのも便利なところです。

【Affinity Photo】塗りつぶしレイヤーを使って明暗をつける 作業中の画像

というわけで、さっそくやり方をみていきましょう。

Affinity Photoの記事一覧

方法

今回は例として次のイラストを使ってやり方をみていきます。

任意の画像

もちろんイラスト以外のもの、写真などの画像やオブジェクトの場合でも、同じ方法でできます。

グラデーションレイヤーをつくってみよう

1.Affinity Photoで任意の画像を開きます。

任意の画像を開きます

 

レイヤー構成は次の通りです。「背景」とあるのが今回の画像のレイヤーです。

レイヤー構成

 

レイヤーの右にカギマークがあるときは、そのマークをクリックします。

カギマーク

 

カギマークが消えればOKです。

カギマークが非表示

 

2.画面上部のメニューバーの「レイヤー」から「新規塗りつぶしレイヤー」を選択します。

レイヤー

「新規塗りつぶしレイヤー」

 

3.すると、何らかの色(現在カラーパネルで設定されている色)でキャンバスが塗りつぶされます。

キャンバスを塗りつぶし

この際の色はどんな色でもOKです。

 

4.画面左のツールバーから「グラデーションツール」を選択します。

「グラデーションツール」

 

5.明暗をつけたい方向にマウスでドラッグします。

塗りつぶしの例

グラデーションの角度や度合いはあとから自由に変更できますので、この時点ではグラデーションはアバウトな感じでOKです。

 

グラデーションの色を変えたいときは、画面上部の「塗りつぶし」のところにあるタイルをクリックすると、色を変えることができます。

グラデーションの色を変える

 

7.だいたいの雰囲気でいいので、明暗がついたグラデーションになればOKです。

キャンバス上の表示

これでもとになるグラデーションレイヤーができました。

つづいて、このグラデーションをもとの画像に合成していきます。

スポンサーリンク

画像に合成してみよう

1.ここでレイヤーパネルをみてみましょう。

レイヤーパネル

いちばん上にある「塗りつぶし」というのが、先ほどつくったグラデーションのレイヤーです。

 

この「塗りつぶしレイヤ」ーを「背景レイヤー」のすぐ下にドラッグします。

レイヤーをクリッピング

 

2.すると、「背景レイヤー」の中に「塗りつぶしレイヤー」が収納されます。

「塗りつぶしレイヤー」が収納

 

キャンバスをみてみましょう。もとの画像レイヤーのところだけにグラデーションが表示されるようになりました。

キャンバス上の表示

……が、この状態、「もとの画像」がグラデーションで塗りつぶされただけで、「もとの画像」自体はみえていません。

というわけで、レイヤーの合成モードを調整します。

 

3.レイヤーパネルで「塗りつぶしレイヤー」をクリックし、選択状態にします。

「塗りつぶしレイヤー」

 

その状態でレイヤーの合成モードを変更します。

レイヤーの合成モード

「ハードライト」、あるいは「ソフトライト」「オーバーレイ」あたりにすると効果がわかりやすいかと思います。今回は「ハードライト」にしてみます。

 

すると、レイヤーが合成されて、もとの画像にグラデーションレイヤーの明暗が反映されます。

「ハードライト」

合成モードを変えると、キャンバス上の表示にリアルタイムで反映されます。今回は例として「ハードライト」を使ってみましたが、画像の雰囲気に合わせてお好みのモードにしてみましょう。

明暗を調整してみよう

ここまでの作業工程

さて、ここまでの作業で「もとの画像」にグラデーションレイヤーの明暗を反映させることができました。

……が、このグラデーションの明暗は、もともとアバウトに設定したものです。

そのため、「もとの画像」とうまく合っていなかったり、明暗の度合いや色を調整を加えたくなったりすることがあります。

というわけで、さっそくその調整方法をみていきましょう。

スポンサーリンク

何度でもやり直し・修正ができます

1.明暗の調整や修正をするときは、まずレイヤーパネルで「塗りつぶしレイヤー」を選択します。

レイヤーパネル

 

2.画面左のツールバーから「グラデーションツール」を選択します。

「グラデーションツール」を選択

 

3.すると、グラデーションの編集ができるようになります。

グラデーションの編集が可能に

 

バーの角度や長さを変えると、グラデーションの入る角度や度合いを変更することができます。

グラデーションの調整

 

グラデーションの色を変えたいときは、画面上部の「塗りつぶし」のパネルをクリックすると、お好みの色を設定することができます。

「塗りつぶし」のパネル

 

ここでは暗いほうの色を「黒」から「青緑系の色」にしてみました。

明暗の設定例

このように、明暗に関して様々な調整ができるのが今回の方法です。

何度でも修正・やり直しできるのが便利なところです。

明暗の片方にだけ色を入れる

今回の記事では、明暗の両方に色を入れる方法をお届けしましたが、明暗の片方だけに色を入れることもできます。

こちらの記事では、その方法をくわしく解説しています。

【Affinity Photo】塗りつぶしレイヤーで明暗の片方だけに色を入れる方法
Affinity Photoでは、塗りつぶしレイヤーを使って画像やオブジェクトに明暗をつけることができます。 その方法をこちらの記事でお届けしました。 今回はその応用編です。 Affinit...

記事で使用したツール

今回の記事で使用したツールは次の通りです。

【Affinity Photo】

Affinity Photo – 本格的な画像編集ソフトウェア
Mac、Windows、iOSのすべてで使える唯一のフル機能写真エディタであるAffinity Photoは、世界中の何千万人というプロフェッショナルが真っ先に選ぶソフトウェアとなっています。

 

【コミPO!】

コミPo! [ダウンロード]
ウェブテクノロジ・コム

 

【服装を増やすなら】

コミPO!本体で「服の数が物足りないなあ」と感じたときは、服装のデータが販売されています。

今回は、Affinity Photoで塗りつぶしレイヤーを使って明暗をつける方法をお届けしました。よかったら参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました