ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

【Affinity Photo】これはたのしい!フォントに汚しを入れてみよう

Affinity Photo

今回はAffinity Photoでフォントに汚しを入れる方法をお届けします。

この方法を使うと、フォントに泥がはねたり、ひっかいたりしたような汚れや

Affinity Photo フォントに汚しを入れてみよう

水しぶきがかかったような汚れをかんたんに入れることができます。

Affinity Photo フォントに汚しを入れる サンプル

もちろん汚れの模様や色はあとから自由に調整できます。

フォントをかっこよくみせたり、ホラーっぽい雰囲気を出したりしたいときに最適なテクニックです。

というわけで今回はAffinity Photoでフォントに汚しを入れる方法をお届けします。

Affinity Photoの記事一覧

フォントに汚しを入れてみよう

今回は例としてこのフォントに汚しを入れてみます。

汚しを入れたいフォント

フォントはどんなものでもOKですが、太めのものにしておくと「汚し」の効果がわかりやすくなります。

では、さっそくやり方をみていきましょう。

まずは準備から

1.まずはキャンバスに文字を書いてみましょう。画面左のツールバーから「アーティスティックテキストツール」を選択します。

「アーティスティックテキストツール」を選択

 

そして、好きなフォントで任意の文字を書きます。

任意の文字

 

現在のレイヤー構成は次の通りです。

レイヤー構成

「スプラッシュ」とあるのが、今書いた文字のレイヤーです。

 

2.レイヤーパネルの下部にある「ピクセルレイヤーを追加」ボタンをクリックします。

「ピクセルレイヤーを追加」

 

すると、文字を書いたレイヤーの上に「ピクセル」という名前のレイヤーがつくられます。

「ピクセルレイヤー」

 

3.「ピクセル」レイヤーを選択し、文字レイヤーのすぐ下にドラッグします。

ピクセルレイヤーをドラッグ

 

すると、「ピクセル」レイヤーが文字レイヤーの中に収納されます。

グループ化

 

4.「ピクセル」レイヤーが選択状態になっていることを確認します。

「ピクセル」レイヤーが選択状態

 

その状態のまま、画面左のツールバーから「ペイントブラシツール」を選択します。

「ペイントブラシツール」を選択

 

カラーパネルで「汚し」に使う色を選択します。

カラーパネル

色はあとから自由に変更できますので、色はアバウトに選んでOKです。

選ぶ色は、フォントの色と違うものであれば、どんなカラーを選んでもOKです。

フォントと同じ色にすると、「汚し」の色がフォントと同一化してみえなくなってしまいます。

これで準備は完了です。

さっそく汚しをいれてみましょう。

スポンサーリンク

汚しを入れてみよう1

まずは、泥がはねたような汚れ&ひっかいたような汚れを入れてみましょう。

1.「ピクセル」レイヤーが選択状態になっていることを確認します。

「ピクセル」レイヤーが選択状態

 

2.スタジオのパネルで「ブラシ」タブをクリックし、その下のフレームで「エッチング」を選びます。

「エッチング」

ブラシのタイプは自由ですが、今回は例として「エッチング」の一番上にある「粗いレーキ ―制約-」を使ってみます。

 

3.その状態で、フォントの上でマウスで好きな方向にドラッグしてみましょう。

フォントに汚しが入りました

すると、フォントに泥がはねたような模様や、ひっかいたような模様が入ります。

汚しを入れてみよう2

上の例では、「ブラシ」を「エッチング」にしてみましたが、それ以外のブラシを使っても面白い効果が出せます。

たとえば「スプレーと飛沫」の「インドインクドロップ」。

「スプレーと飛沫」の「インドインクドロップ」

 

「インドインクドロップ」を使うと、フォントに水しぶきがかかったような効果が出せます。

「インドインクドロップ」の例

そのほか、「スプレーと飛沫」の中では「水彩ドロップ」もユニークな効果を出せます。

「水彩ドロップ」を使うと、しぶきに濃淡がつき、汚れ具合に強弱を出すことができます。

スポンサーリンク

汚れの色を変えてみよう

汚れの色はあとから自由に変えることができます。

1.レイヤーパネルで「ピクセル」レイヤーを選択します。

「ピクセル」レイヤーを選択

 

2.その状態のまま、レイヤーパネル下部にある「レイヤーエフェクト」ボタンをクリックします。

「レイヤーエフェクト」

 

3.レイヤーエフェクトパネルが開きます。

レイヤーエフェクトパネル

左側のメニューで「カラーオーバーレイ」を選択すると、右側のパネルで任意の色を設定することができます。

 

4.お好みの色合いになればOKです。

お好みの色合いになればOK

記事で使用したツール

今回の記事で使用したツールは次の通りです。

【Affinity Photo】

Affinity Photo – 本格的な画像編集ソフトウェア
Mac、Windows、iOSのすべてで使える唯一のフル機能写真エディタであるAffinity Photoは、世界中の何千万人というプロフェッショナルが真っ先に選ぶソフトウェアとなっています。

今回はAffinity Photoでフォントに汚しを入れる方法をお届けしました。よかったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク
Affinity Photo
ゆずゆろぐ。の本が出ました!
ゆずゆろぐ。の本が出ました! 完全書きおろし、Amazonで販売中です。興味のある方はぜひどうぞ!
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。
タイトルとURLをコピーしました