ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

【Affinity Photo】「外側の光彩」のカラーをグラデーションにする

Affinity Photo

今回はAffinity Photoのレイヤーエフェクト「外側の光彩」のカラーをグラデーションにする方法をお届けします。

レイヤーエフェクト「外側の光彩」は、オブジェクトのまわりに光彩の効果を出すものです。

【Affinity Photo】「外側の光彩」

色や範囲、ぼかし具合は自由に設定ができ、オブジェクトのまわりがぼんやりと光っているような印象を与えることができます。

……が、この「外側の光彩」、ふつうにやるとカラーを単色でしか設定できないのですね。

というわけで今回は、「外側の光彩」をグラデーションにする方法をお届けします。

Affinity Photoの記事一覧

外側の光彩をグラデーションにする

今回の方法を使うと、「外側の光彩」のカラーをグラデーションにすることができます。

たとえば、こんな感じ。

【Affinity Photo】「外側の光彩」のカラーをグラデーションにする

もちろんグラデーションの色や度合いも自由に設定できますよ。

というわけでさっそくやり方をみていきましょう。

まずは「外側の光彩」を入れてみよう

1.Affinity Photoのキャンバスに「外側の光彩」を適用したいオブジェクトを用意します。今回は例として、アーティスティックテキストツールで書いた次の文字に適用してみます。

「外側の光彩」を適用したいオブジェクト

 

レイヤー構成は次の通りです。

レイヤー構成

「ハーモニー」とあるのが、文字を書いたレイヤーです。

 

2.オブジェクトのあるレイヤーを右クリックします。

オブジェクトのあるレイヤーを右クリック

 

メニューが開きますので、「複製」を選択します。

「複製」を選択

 

すると、元のレイヤーの上に、中身が同じレイヤーが複製されます。

レイヤーが複製されました

 

3.上のレイヤー(複製したレイヤー)の右の□をクリックしてチェックをはずします

レイヤーを非表示に

これで、上のレイヤーが非表示になり、下のレイヤーだけが表示された状態になります。

 

キャンバス上の表示は変わりませんが、下のレイヤーだけが表示された状態になっています。

下のレイヤーだけが表示

 

4.レイヤーパネルで下のレイヤーを選択し、パネル下部の「レイヤーエフェクト」アイコンをクリックします。

「レイヤーエフェクト」

 

5.「レイヤーエフェクト」パネルが開きますので、左側のメニューの「外側の光彩」の□にチェックを入れ、外側に入れる光彩の範囲や度合いを調整します。

「外側の光彩」の□にチェック

カラーは、あとから別で設定しますので、この段階ではどんな色でもOKです。

この段階では、「半径」や「強度」を調整して、光彩のおおよその範囲とぼかし具合を決めていきます。

どちらもあとから自由に調整できますので、この段階では「だいたいの感じ」の設定でOKです。

 

今回はこんな感じで入れてみました。

「外側の光彩」

では、さっそくグラデーションをかけてみましょう。

スポンサーリンク

グラデーションをかけてみよう

1.レイヤーパネルで下のレイヤーを右クリックします。

レイヤーパネル

 

2.メニューが開きますので「グループ化」を選択します。

「グループ化」を選択

 

すると、下のレイヤーが「グループ」というフォルダに格納されます。

「グループ」

 

3.「グループ」レイヤーを選択した状態で、パネル下部にある「レイヤーエフェクト」アイコンをクリックします。

「レイヤーエフェクト」

 

「レイヤーエフェクト」パネルが開きます。左側のメニューの「グラデーションオーバーレイ」の□にチェックを入れて、「外側の光彩」に適用したいグラデーションの設定をします。

「グラデーションオーバーレイ」

 

すると、オブジェクトと「外側の光彩」の両方にグラデーションがかかります。

オブジェクトと「外側の光彩」の両方にグラデーション

ここまできたら、あとはかんたんです。

さっそく仕上げに入りましょう。

仕上げてみよう

1.レイヤーパネルで、上のレイヤーの右の□にチェックを入れます

レイヤーを表示

 

すると、上のレイヤーが表示され、「外側の光彩」にだけグラデーションがかかった状態になります。

「外側の光彩」にだけグラデーション

 

2.今回の例のようにオブジェクトが文字であれば、上のレイヤーの文字のカラーを変えてみると、より雰囲気が出ます。

任意のカラーに調整

光彩やグラデーションの度合いを調整したいときは

今回の方法は、レイヤーエフェクトをかけることで各効果を出しています。

そのため、あとから何度でも「レイヤーエフェクト」パネルを開いて、効果の編集・調整をすることができます。

レイヤーエフェクト

光彩の範囲やぼかし具合を調整したいときは、いちばん下のレイヤーの「fx」アイコンをクリックすると、「レイヤーエフェクト」パネルが開きます。

グラデーションの色や度合いを調整したいときは、「グループ」フォルダの「fx」アイコンをクリックすると、「レイヤーエフェクト」パネルが開きます。

どちらも自由に編集できますので、お好みの仕上がりになるようにいろいろと調整してみてください。

記事で使用したツール

今回の記事で使用したツールは次の通りです。

【Affinity Photo】

Affinity Photo – 本格的な画像編集ソフトウェア
Mac、Windows、iOSのすべてで使える唯一のフル機能写真エディタであるAffinity Photoは、世界中の何千万人というプロフェッショナルが真っ先に選ぶソフトウェアとなっています。

今回はAffinity Photoのレイヤーエフェクト「外側の光彩」のカラーをグラデーションにする方法をお届けしました。よかったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク
Affinity Photo
ゆずゆろぐ。の本が出ました!
ゆずゆろぐ。の本が出ました! 完全書きおろし、Amazonで販売中です。興味のある方はぜひどうぞ!
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。
タイトルとURLをコピーしました