ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

【Affinity Photo】オブジェクトの一部を枠からはみ出させる方法

Affinity Photo

今回はAffinity Photoで、オブジェクトの一部を枠(コマ)からはみ出させる方法をお届けします。

この方法を使うと、キャラクターがコマから飛び出ているようにみえてたのしいですよ。

というわけで、さっそくやってみましょう。

Affinity Photoの記事一覧

オブジェクトを枠からはみ出させてみよう

今回は例として次の2つのオブジェクトを使ってみます。オブジェクトを枠からはみ出させてみよう

五角形の枠から、左のキャラクターがはみ出してみえるようにしてみます。

完成イメージはこちら。

完成イメージ

体は枠の中に入っていますが、頭は枠からはみ出ています。オブジェクトのサイズやはみ出す部分は任意で調整できます。

では、さっそくやってみましょう。

手順

1.任意の枠(図形)と、そこにはめこみたいオブジェクトを用意します。

作例

レイヤー構成は次の通りです。

レイヤー構成

「五角形」が枠、「キャラクター」が人物のレイヤーです。

 

2.キャラクターのレイヤーを選択状態にします。

レイヤーを選択状態

 

その状態で、ツールバーの「移動ツール」をクリックします。

「移動ツール」

 

3.キャラクターのレイヤーを移動して、枠に重なるようにします。

レイヤーを移動

今回は、頭が枠からはみ出るようにしてみます。頭がちょうどいい位置ではみ出るように、位置調整をします。

この際に、ほかの部分も枠からはみ出す場合がありますが、あとから処理できますので気にしなくてOKです。

 

4.レイヤーパネルで「キャラクター」のレイヤーを「枠」のレイヤーのすぐ下にドラッグします。

レイヤーパネル

 

すると、枠のレイヤーの中にキャラクターのレイヤーが入ります。

レイヤー構成 クリッピング

 

キャンバス上で次のような状態になっていればOKです。

クリッピングマスク

枠の中にキャラクターが入っている状態です。これで枠内におさまる部分ができました。つづいて、枠からはみ出す部分をつくっていきます。

 

5.レイヤーパネルで、キャラクターのレイヤーを右クリックします。

レイヤーを右クリック

 

するとメニューが開きますので「複製」を選択します。

「複製」を選択

 

キャラクターのレイヤーが複製されました。

レイヤーが複製されました

つづいて、この複製したキャラクターのレイヤーを枠の外に出します

 

6.複製したキャラクターのレイヤーを枠のレイヤーの上にドラッグします。

レイヤーの上にドラッグ

 

複製したキャラクターのレイヤーが、枠のレイヤーの上になればOKです。

レイヤー構成

 

キャンバス上で次のような表示になっていればOKです。

キャンバス上の表示

キャラクターの余分な部分まで枠からはみ出してしまっていますが、ここから修正していきますので、気にしなくてもOKです。

 

7.ツールバーから「消去ブラシツール」を選択します。

「消去ブラシツール」

 

8.その状態で枠からはみ出している余分な部分をこすります。

消去ブラシツールで消す

すると、その部分が消えていきます。ブラシの動きは枠にきっちりあわせなくてもアバウトでOKです(枠内の部分をこすってしまっても問題ありません)。

 

9.はみ出ている部分を消せたら完成です。

完成

スポンサーリンク

なぜアバウトに消しても大丈夫なの?

先ほどの仕上げの部分で「なぜアバウトに消しても大丈夫なの?」と疑問に思う方もいるかと思います。

その答えはレイヤー構成にあります。

Affinity Photoでは、レイヤーが上にあるほど前面に表示される性質があります。今回の仕上げ段階のレイヤー構成をみると、次のようになっています。

レイヤーのしくみ

キャラクターレイヤーが2つある状態で、それぞれ

  • いちばん上のキャラクターレイヤー:前面に表示。枠からはみ出ている
  • 五角形の下のキャラクターレイヤー:後ろに表示。枠にきっちりはまっている

という状態になっています。

今回「消去ブラシツール」で消したのは、一番上のキャラクターレイヤーです。

つまり、下にキャラクターレイヤーがあるので、枠内の部分を消したとしても、下のキャラクターレイヤーがみえるので、消えていないようにみえるのですね。

逆に、下のキャラクターレイヤーは枠にきっちりはまっているので、上のキャラクターレイヤーの枠外の部分を消せば、そこは何もないようにみえるというわけです。

今回の記事で使ったツール

今回の記事で使用したツールは次の通りです。

【Affinity Photo】

Affinity Photo – 本格的な画像編集ソフトウェア
Mac、Windows、iOSのすべてで使える唯一のフル機能写真エディタであるAffinity Photoは、世界中の何千万人というプロフェッショナルが真っ先に選ぶソフトウェアとなっています。

【Affinity Designer(イラストの制作に使用)】

Affinity Designer – プロフェッショナル向けのグラフィックデザインソフトウェア
Windows、Mac、iPadで使えるAffinity Designerは、デザインの世界に新たな業界標準を打ち立てた、受賞歴のあるベクターグラフィックスソフトウェアです。

今回の記事で使ったキャラクターは、海外アニメ「The Loud House」のお気に入りキャラ「Leni」をオマージュしてみました。

今回はAffinity Photoで、オブジェクトの一部を枠からはみ出させる方法をお届けしました。よかったら参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました